アーカイブ

‘ライトジギング’ カテゴリーのアーカイブ

魚探出力が魚群に与える影響?の考察

2012 年 6 月 11 日 Comments off

「魚探のスイッチがONのままだと、魚の群れが警戒する」
そんな噂を聞いたことはないだろうか?
実際はONのままでもマダイは釣れるし、現在のマダイジギングでは魚探は欠かせないアイテムなのだから、普段は気にすることが無いし、個人的にもこの噂の真偽は怪しいと思っていた。

ところが、カヤックフィッシングを始めて以来、この噂がひょっとしたら本当なのでは?と思わせる出来事が続いている。
以下はあくまで個人の経験に基づく推測・考察に過ぎず、断定できるものではないことをあらかじめ了承していただきたい。

カヤックフィッシングのステルス性の高さについてはカヤックのブログで解説している通り。
マダイの群れの上に停艇しても、マダイはレンジを変えることもなく、また活性が低下してしまうこともない。結果的に活性の高い群れが艇の下に居続けることで、連続ヒットに結びつきやすい。

こんな状況でも、近くにモーターボートが近づくと、一気に状況が変わる。群れは沈み、食いも急激に渋くなる。この現象は、ここ数回のマダイジギングで毎回のように経験済みだ。
考えられるのはエンジン音の影響で、マダイは「エンジン音=危険信号」と捉えて学習してゆくのだろう。ちなみにそんな状況で低活性に陥ったマダイの活性が元に戻るまでには、かなり長い時間が必要だし、時には戻らないままという場合もある。

そして本題の魚探について。

カヤックで使用している魚探は小型のポータブルタイプ。このタイプの魚探は、超音波の出力がわずかに100Wしかない。データ上は300mまで測深できるようになっているが、実際は100mでも厳しいだろう。つまり「非力」である。
対して、プレジャーボート等が搭載する大型の魚探は、より深い深度まで正確に鮮明に測定できるように最低でも1kw、高級魚探にいたっては5kw以上という高い出力で音波を発している。その出力差は10~50倍ということになる。

この大出力が魚群に影響を与えることはないのだろうか?

ポータブル魚探では群れの活性もレンジも変化させずに釣りができる。つまり、非力故にステルス性の高い魚探ということが言えるだろう。
ミニボートが総じて好釣果な理由もまた、この手の低出力魚探によるものなのかもしれない。

好調に釣れ続いていても、付近を流している大型船の音波が影響しはじめると、マダイの活性とレンジにあきらかな変化が起こり始める。
同じような現象を何度も経験しているので、自分の中でこの現象は低活性を招く確定要素。モーターボートからできるだけ離れることが良い釣りをするための条件である。

出力の大きい魚探は、海底で反射・屈折してからの音波も強い。広範囲を探る指向性の広い低周波なら尚更のこと。それらが四方八方に広がることで、周辺の群れにまで影響してしまうのかもしれないと考えられないだろうか?
より多く釣るために備えた設備が裏目に出るとすれば、なんとも皮肉な話だが、例えば水深100mを超えるような釣り場では大出力が物をいう。だから、どちらが良いというわけではないのだが、少なくとも水深60m程度までのマダイに関して言えば、低出力が優位かもしれない。

浮いているマダイは捕食の意志があるからこそ浮いている。
エンジン音や音波の影響が無ければ、きっともっと簡単に釣れるような気がしてならない。

カテゴリー: ライトジギング

低活性の克服手段

2012 年 5 月 30 日 Comments off

シーバスジギングの基本は、泳層をデッドに近いスローで通すことである。高速リトリーブやジャークでは食わないという分けではないが、ステディリトリーブのほうが圧倒的に良く釣れる。
そういう意味で、シーバスとマダイの有効メソッドはかなり似通っている。
いずれもある程度のスピードで舟が流れていることが絶対条件だが、シーバスジギングの経験者であれば、マダイジギングにはすぐに馴染めるはずだ。

シーバスジギングでは、メタルジグの他にバイブレーションもよく使う。

これもまたリトリーブ方法は同じで、沈めてゆっくり、ゆっくりと引いてくるだけ。

メタルジグに反応が無い時の有効な手段だが、その差はそれぞれのルアーが発する波動の違いと言われている。

では、食い渋ったマダイにもバイブレーションは有効なのか?

魚探にはマダイの反応が山ほど出ているが、メタルジグではバイトさえ無いという状況で、koume70を沈めてみる・・・と意外な展開に・・・。

ウエイトや形状など、バイブレーションによって結果はまちまちだと思うが、試してみて損はないと思う。

ベイト対策

2012 年 5 月 24 日 Comments off

大歓迎のベイトなので、「対策」という表現もおかしいと思うのだが、ベイトがあまりにも多い時は逆に邪魔になるものである。

魚探の画面を真っ赤に染める反応。釣り人のテンションも高まるが、単に真っ赤に染まっているだけではベイトの群れの中でマダイがヒットすることは少ない。魚探反応が時折割れているようならば、何か大きな魚に追われた後なので、そのレンジを探ればヒットに導けるが、そうでない場合の攻め方はちょっと違ってくる。

それがベイト対策なのだが、攻め方を間違うと延々とヒットが無いままで終了してしまうかもしれない。

また、ベイトが多くなると、釣り場が絞られてくる。海域にもよるが、追われたベイトが最終的に逃げ込む場所を知らないと満足な釣果は得られない。
とても基本的なことなのだが、全てはキャプテンの腕と知識次第というところ。

カテゴリー: ライトジギング, 考察

マダイのダブル

2012 年 5 月 24 日 Comments off

この時期にありがちなのがメタルジグ1個に2枚のマダイが食い付いてしまうケース。

すごく重いけど、それほど派手なファイトではなく
なかなか浮いてこないけど、独特な突っ込みも無い

そんな場合はテールとフロントの2本のフックに1枚ずつヒットしている場合がある。

メタルジグならではのヒットの仕方だが、1枚の大きさが60cmクラスだと、大変な重さになる(笑)。

2枚が自由な方向に向けて逃げようとするために、動きが相殺され、特有のファイトは無い。

多くの場合、1枚がヒットし、そのエサ(メタルジグ)を横取りしようとした別の1枚もヒットしてしまうパターンなので、ヒットした魚が急に大きくなったような感覚が手元に伝わる。

1枚目がヒットしたら、暫くそのままのレンジに放置しておけば・・・

ダブルの手応えが楽しめるかも(笑)。

カテゴリー: ライトジギング

インフレータブルボートが良く釣れる理由

2012 年 5 月 23 日 Comments off

近年、目に見えて増加し続けるミニボートの釣り。青森県内でのターゲットは主にマダイやヒラメ、シロギスなどだが、マダイ狙いに関して言えば、その釣果たるや脅威的。中でもインフレータブルボートの釣果はとりわけ突出している。

プレジャーボート1艘分と同じ釣果、時にはそれ以上の釣果を1~2人で釣り上げたりするのだから適わない。今期序盤のように、群れが小さい場合は、尚更勝てる相手ではないのだ。

プレジャーボートや大型船が苦戦する中でも確実に釣果をあげられる理由。それは、第一に機動力の高さにある。

マダイの群れを発見してから、シーアンカーを投入し、艇が落ち着くまでの時間は、大型船と比較にならないくらい早い。群れが小さいほどその違いは明かで、素早く確実に小さな反応をものにできる。
その逆もしかりで、シーアンカーの回収から移動までの時間も早い。短い時合を確実に釣るためには、この「小回り」が利くかどうかが勝負の分かれ目になる。
また、釣れなければすぐに移動して好きなポイントを探れる「手前船頭」は、リスクもあるが大当たりもあり、たとえ外しても全て自分の責任なのでストレスは無い。

二つめは搭乗人数。

インフレータブルでは多くても3人、通常は1~2人での釣りとなる。同じ大きさの群れを大勢で攻めるのと、一人で攻めるのとでは当然だが一人あたりの枚数に違いが出る。しかも、静かに攻められるので、群れが散りにくいという利点もある。

三つめは自分の釣りができること。

自分が試したいリグ、使いたいリグを自由に使い、オマツリを気にすることなく360°攻められる。当たり前のことのようだが、リグの制限があったり、釣り方そのものを指示・強要されるなど、自由な釣りができないケースも少なくなく、ベテランほどストレスを溜めやすい。釣れなくてもいいから、自分の釣りを楽しみたいのが釣り人なのである。

車載やカートップならば、出舟場所に制限が無いことなど、他にもたくさんの利点があり、インフレータブルボートの愛用者は今後もどんどん増えてゆくというのが釣り・ボート業界の見解。
小型でもマイボートオーナー。少ない予算で、釣りの楽しさは何倍にも膨れあがる。

だが、安全面では劣るので無理は禁物。天候をしっかりと把握し、少しでも不安材料が残る場合は、出港を取りやめる勇気も必要。また、釣り舟銀座と化すハイシーズンは、安全のために必ずセーフティフラッグを掲げよう。

天気が良ければ、浮いてるだけでも楽しい(笑)。

カテゴリー: ライトジギング

ライトジギングも開拓が肝心

2012 年 5 月 22 日 Comments off

石崎沖に通うようになって、もう7年くらいになるだろうか?
シーズン中はほぼ毎週2回。その他にヒラメ狙いで出港したり、青物狙いで出港したり・・・と、数えてみれば年間30回以上も通い詰めている。

昨年からはいつもお世話になっている船長から船を借り上げて、平日でも仲間と一緒に出港するケースが多くなったため、ますますその回数が増えた。

長い間通っていると、組合の漁師さんたちとも顔見知りになって仲良くなる。だから、何かトラブルがあった場合でも心強い味方であり、実際に何度か助けてもらったことがある。
そんな漁師さんたちの中にも釣りが大好きな人達が居る。漁場を知り尽くした漁師さんからの情報は確かだが、我々も惜しまず情報を提供することで、いつでも楽しい釣りができる。

土日祝日には100艘を越える釣り船が沖でひしめく今日、新しいポイントの開拓は必須。我々は遊漁船ではなく遊魚船なので、釣果は二の次にしてもポイントを開拓するように心がけている。今日の爆釣を捨てても経験値を積むことで、後に爆釣できる回数が格段に増えるからだ。
だから、他の船が爆釣していても、我々の船はボウズということもあるが、そんなことは気にも留めない。全ては次のための準備だからだ。

そんな時に参考になるのが漁師さんたちからの情報。それはちょっとした小さな情報の場合もあるが、可能性が少しでもあるならば調査してみることで、ポイントはどんどん増えてゆく。

そんな感じで開拓を続けた結果、大きく船団から離れつつも安定した釣果で毎回楽しい釣りができるようになった。ショア同様にオフショアもまた、既存のポイントは捨てて開拓に励むことが肝心なのだ。

ところで、石崎漁港の土日は、駐車車両の数が半端ではない。置いて良い場所とダメな場所があるので、必ず地元で確認してから駐車するようにしたい。
以前開放されていた公民館の駐車場は、ゴミ捨てなどのマナーの悪さのために現在は閉鎖中(理事長の判断)。

特に、トレーラブルや車載ボートで出港する皆さんは、地元住人や漁師さんに一声掛けることが大切。

ちなみに我々は事前に地元住民にお願いすることで駐車スペースを確保している。

カテゴリー: ライトジギング

本領発揮

2012 年 5 月 10 日 Comments off

昨年7月の釣果も異常だったが、今期の平舘はマダイライトジギングの開拓を始めた頃を彷彿とさせる好釣果が続いている。

魚探に反応があってもなかなか食わない群れが、午後になって急にスイッチが入るパターンは例年通り。さぼと長くはない好時合を効率的に釣るためには、やはりジギングが有利だ。

今日は、一人二桁なんて情報も飛び交い、いよいよ平舘もハイシーズンに突入の気配。

p5094394

ジギングに関して言えば、ここしばらくはヒットカラーに偏りがある。そして定番のSBフックは、今年もボウズ知らずの良い仕事をしている。

この先2週間が楽しみな平舘沖。

カテゴリー: ライトジギング

やはりメタルジグ

2012 年 5 月 3 日 Comments off

GW前半は好天続きで結構楽しむことができた。

後半は・・・連日の雨模様で出港は無理かな?

さて、カブラとインチク、そしてメタルジグ。どれがいいの?という質問はいまだに多い。でも、最終的には自分で好きなものを使えば良い話なので、敢えて「これがいいよ」とは言わない。

自分の場合は、まだまだメタルジグを使いこなせてないので、インチクもカブラも手を出さないだけ。あと10年くらいメタルジグを使い続けて、気持ちに余裕が出てきたら、他のリグを使う時が来るのかもしれない。

ただ、今のところメタルジグだけで充分だし、マダイに関して言えばSBフックをプラスすることで他のリグに負けるということも無い。何よりも、どんな活性状態でも操作次第でスイッチを入れられるメタルジグの釣りが一番楽しいし、数も釣れる。だから、もっぱらメタルジグなのだ。

予想通り、平舘のマダイは80cmオーバーの良型が5割以上と大型揃い。

ただ、この傾向は例年長くは続かないので、GW明けには60cm以下も増えてくるかな?

中旬以降、我々は船団を大きく離れて大型狙い。

カテゴリー: ライトジギング

リトリーブスピード

2012 年 4 月 25 日 Comments off

平舘のマダイもぼちぼちというところ。

今期は予想に反してマダイの動きが早いので、GWには大型が連発するかも?

この時季のマダイは比較的簡単に食い付いてくるのでリトリーブスピードに関しては「潮の抵抗を感じる程度」が良いし、最も当たり外れが少ない。

だが、7月頃になると、リトリーブスピードによってマダイの反応が大きく変わってくる。

では、どのくらいのスピードがいいのか?

答えは超ファストリトリーブor超デッドスローリトリーブのいずれか。今更の話だが、マダイはそんな両極端な動きでスイッチが入る傾向が強い。

ただし、必ずラインが斜めに海に入ってること・・・つまり、それなりの潮が動き、船が流れていることが絶対条件。つまり、超デッドスローでも、メタルジグが横方向にスライドすることでマダイにアピールできる。

「船が流れていれば置き竿でも釣れる」という話は、もう何年も前に書いたが、ほんのわずか上向きの動きを与えることで効果が倍増する。

超ファストリトリーブの場合、10m以上のレンジ移動はマダイが追えないのでNG・・・という話も何年も前から説明しているが、忘れている人も多いのが現実。

さて、いよいよ今年もマダイシーズンの始まり。

SBフックを使う

2010 年 7 月 5 日 Comments off

SBフックはマダイジギングのために考案したブレード付きのシングルフック。シーバスのように吸い込み型の捕食であればトリプルフック+ブレードでも構わないが、マダイが対象だといろいろと不具合が出るために、あえてシングルフックを採用している。

ブレードのサイズは小さくても大きくても使いにくく、ヒット率が下がるので、形状と併せて重要なファクターだ。

マダイジギングの基本は「ジャークしない事」である。ジャークでも釣れることはあるが、多くの場合は逆効果になる。よって、攻めの多くはストレートリトリーブとフォールだ。

誤解されがちだが、SBフックは元来マダイ用に作られたものである。よって、ジャークアクションではブレードの効果を発揮できず、フックとブレードが絡んでしまう。もともとジャーク&フォールを繰り返す釣りには適さないということだ。

釣り道具は正しい使い方をして初めてその効果を100%発揮できるものなのだ。

今期もSBフックは大活躍。特に7月は新しい釣り場の開拓で1年分遊ばせてもらった。

有ると無しでは釣果に大きな差が出る。それがSBフック。正しく使うことが絶対条件だが。