Intel G31とVineLinux4.2

G31チップ搭載のマザーでVine4.2をインストールしようとすると、インストールは正常に終了するが、再起動でX windowのエラーが出てて起動できなくなってしまう。原因はVine4.2がG31チップをG33と読み間違うことにある。つまりこのままではGUI環境は使えない。

テキストモードでログインし、viエディタで

vi  /etc/X11/xorg.conf

と入力しxorg.confに修正を加える。

Section “Device”
Identifier “Intel Corporation  G33  Express Inte”
Driver “INTEL”
BoardName “Unknown”
EndSection

Section “Device”
Identifier “Linux Frame Buffer”
Driver “fbdev”
BoardName “Unknown”

EndSection

この部分を
Section “Device”
Identifier “Intel Corporation G31 Express Inte”
Driver “vesa”
BoardName “Unknown”
EndSection

Section “Device”
Identifier “Linux Frame Buffer”
Driver “vesa”
BoardName “Unknown”

EndSection

と書き換えて:wqで保存。ログアウトして再起動。

Driver部分をvesaに変更することで、とりあえずGUI環境は使えるし、G33を正規のG31に変更する事で完全にG31と認識してくれる場合もある。筆者の環境では全て正常に稼働(MSI G31M3-F V2)。

うまく起動しても、解像度が低かったりして使いにくい場合もあるようだが、サーバーとして使用するならば特別に問題は無いと思われる。尚、先日リリースされた5.0系ではG31チップは問題なく使えるが、まだ情報が少なくトラブルに対処できないので5.1か5.2になるまで様子を見た方がいいだろう。

カテゴリー: Linux, サーバー, 覚え書き — admin 4:22 AM

複数のツールバーは不具合の原因

殆どの方が使用しているブラウザがWindows標準のIEでしょう。そして、ブラウザの上のほうにはYahoo!とか、gooとか、googleとかMSNとか・・・・のツールバーが複数表示されている場合も多いでしょう。

このツールバー、複数インストールされているとブラウザだけでなく、システム全体の不具合の原因になります。本当に必要なものだけに絞って、ツールバーは1つにしましょう。

カテゴリー: WindowsXP, 不具合 — admin 10:22 PM

WindowsXP をUSBメモリからインストールする

FDDが無いPCは珍しくないけど、最近のOSプリインストールモデルはDVDやCDの光学ドライブまで省略されたものも少なくない。

OSの再インストール、またはOSの変更の時は、外付けの光学ドライブが必要になるわけだが、そのためだけに外付けドライブを購入するというのも考え物だ。

これだけUSBメモリが安価になったのだから、USBなり、CFカードなりからインストールする方法はないものか?と調べてみたら・・・ありました。やはり同じようなことを考える人が居るもので、それ用のソフトまでありました(笑)。

ちょっと違った視点で考えるサイト さんに、その方法がアップされてます。

ただし、当然ですがこの方法はバイオスレベルでUSBブートが可能なマザボでなくては使えません。

カテゴリー: WindowsXP, 使えるサイト, 役立つフリーソフト — admin 12:26 PM

postfix OCN でのメール転送設定

OP25B対策により、プロバイダがOCNの場合には(postfixの改良型を使用)、メール転送の設定が困難。

main.cf のリレーホストの項目で

relayhost=[smtp.vc****.ocn.ne.jp]やrelayhost=[smtp.vc ****.ocn.ne.jp]:587ではAUTHの関係で弾かれてしまう。

そこで、

relayhost=[****.ocn.ne.jp]

と、smtp及びvcを省略した形式(メルアドの@以降)で記述し、ポート25に転送する形式にする。

他には、パッチを当てる方法かメールリレーサービスを使う方法がある。

カテゴリー: Linux, サーバー, 覚え書き — admin 2:18 AM

IE8 不安定なり

マイクロソフトから、IE8がリリースされてます。β版の頃にいろいろと不具合が発生したブラウザですが、正式リリースされたものにもかなり多くのバグがあり不具合が出ているようです。
ググッてみると、一番多く発生しているのは、ログインが必要なサイトに入れないという不具合のようです。

私もテスト的にインストールしてみましたが、ブログやSNSで書き込みし、文章が長くなると、右側のスクロールバーを動かしても必ず文章の先頭にカーソルが戻ってしまうという不具合が出ました。互換表示設定でもそれは変わらず、結局IE7に戻しました。

削除はコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」からIE8を消せば、IE7に戻ります。

先日、ある知り合いの方からYahoo!にログインできなくなったとの連絡を受けましたが、ひょっとしたらIE8が原因だったのではないか?と思ってます。

自動更新にしているとIE8がインストールされてしまう場合がありますので注意してください。

カテゴリー: WindowsXP, 不具合 — admin 4:50 AM