バックアップ2

■IDとパスワードの保存

サイトへのログインIDやパスワードなどのバックアップを忘れると、あとあと大変なことになります。パスワード関係のバックアップは、専用のフリーソフトなどを使って普段から管理しておくことをおすすめします。

例えば、ID Manager などはおすすめです。

テキストファイルでPCに保存しておいても良いのですが、その場合は他人が勝手に観られないように注意してください。サイトや銀行のインターネットバンキングなどのパスワードは忘れないものですが、ソフトを購入した時の登録IDや、ネットショッピングのログインパスワードなどは意外と忘れやすいのでチェックを忘れずに。

■辞書とフォントの保存

長年使ってきたPCは、自然に自分が使いやすいように辞書が鍛えられてます。特に、特殊な言葉を使う機会が多い場合は、辞書を失うと入力の効率が極端に悪くなります。一般的にはMS IMEを使用していると思いますので、以下のサイトを参考に辞書をバックアップしてください。

http://support.microsoft.com/kb/880987/ja

また、ポップ制作や名刺制作などで特殊なフォントを使用している場合は、フォントのバックアップも忘れずに。

フォントは C:\WINDOWS\Fonts に収納されてますので、標準フォント以外で後からインストールしたものをコピーしてバックアップしておきます。

■ドライバのバックアップ

新たにWindowsをインストールする場合にうっかり忘れるのがドライバのバックアップ。これが無いと、ネットに接続できなかったり、画面の解像度が低かったり・・・と、いろんな不具合が出てきます。

メーカー製PCの場合には、Cドライブのルート以下に「Driver」というフォルダが作られている場合が多いようです。大抵はこのフォルダにその機種に必要な全てのドライバが格納されているので、丸ごとコピーしておきます。

その他のPCの場合には、Windowsディレクトリ以下の「info」フォルダにドライバ設定用のファイルが格納されてます。名前を見ただけでは分かり難いので、この場合もフォルダごとコピーしておきます。

これで新たにWindowsをインストールしても、短時間で元の環境に戻せます。

カテゴリー: WindowsXP, バックアップ — admin 6:30 PM