WindowsXP をUSBメモリからインストールする

FDDが無いPCは珍しくないけど、最近のOSプリインストールモデルはDVDやCDの光学ドライブまで省略されたものも少なくない。

OSの再インストール、またはOSの変更の時は、外付けの光学ドライブが必要になるわけだが、そのためだけに外付けドライブを購入するというのも考え物だ。

これだけUSBメモリが安価になったのだから、USBなり、CFカードなりからインストールする方法はないものか?と調べてみたら・・・ありました。やはり同じようなことを考える人が居るもので、それ用のソフトまでありました(笑)。

ちょっと違った視点で考えるサイト さんに、その方法がアップされてます。

ただし、当然ですがこの方法はバイオスレベルでUSBブートが可能なマザボでなくては使えません。

カテゴリー: WindowsXP, 使えるサイト, 役立つフリーソフト — admin 12:26 PM

HTMLチェック

WEBページの実体はHTMLと呼ばれる構文で書かれた文字群である。それは例えれば映画の台本のようなもので、文字群だけを見たのでは、最終的にそれがどんな仕上がりになるのかを想像できるものではない。
近年はホームページビルダーに代表されるウエブ制作のソフトが進化したおかげで、誰でも簡単に自分のWEBページを公開できるようになった。しかし、自分のWEBページの構文の記述ミスに気づかない人が多い。そして「アクセシビリティ」に対する配慮についてを把握している管理者が果たしてどの程度存在するのだろうか?それは個人のみならず、企業のWEBページとて同じことだ。

自分のWEBページがどの程度の仕上がりなのかをチェックしてくれるサイトがある。ここのテストはかなり厳しく、マイナス得点でなければ良い方。中には「マイナス何百点」という最悪の結果が出る場合もある。総合的な検診であり、デザイン的にどうしても譲れない部分などでは減点も仕方ないことだし、JAVA言語を使っただけで減点の対象となるので、100点満点は難しい。だが、不特定多数の人達に公開する以上、せめて50点以上は目標にしたい。

試しに HTML-lint gateway にアクセスして、自分のWEBページのチェックをしてみよう。さあ、貴方のWEBページの評価は何点?

カテゴリー: 使えるサイト — admin 2:41 PM

Skype スカイプ

インターネット回線を利用しての音声相互通話、つまり「電話」を利用できるサービスは最近では珍しくなくなった。そのひとつがSkype。必要なのはマイクとヘッドフォンが一体となったヘッドセットのみで、他は全て無料。1対1はもちろん、チャットのように5人まで同時通話可能なのが嬉しい。気になる音質は、携帯電話よりもはるかに良好だ。

 仲間で翌日の釣りの相談をしたり、パソコンの不具合を解消すべく相談に乗ったりと、最近はスカイプの出番が非常に多い。ネット環境さえ整っていれば何時間話そうと通話料はタダ。初期費用はヘッドセット代のみである(680~1500円)。このサービスを利用するようになってから、私の携帯通話料金は確実に減った。
 ウエブカメラをセットすれば、いわゆる「TV電話」としても使える。スカイプは様々な設定が可能で、「コンタクト」と呼ばれる通話相手を自分のPCに登録しておくのが普通だ。登録した相手からしか電話は掛かってこないので、間違い電話や迷惑電話も無い。しかし、設定方法を知らずに、「Skype Me」というevery body okの状態にしておくと、深夜にいきなり外国からの呼び出しがあったりするので注意が必要だ。

しかし、このSkypeにも問題が無いわけではない。起きやすいトラブルのひとつにオーディオコーデックの問題がある。かつて標準で使われていたAC’97は大丈夫だが、HD Audioでは音声が小さくなってしまい、設定が難しい。また、PCの構成によっては、Skypeが起動しているだけでCPUの使用率が100%になってしまう・・・というトラブルも過去に発生している。

カテゴリー: WindowsXP, 使えるサイト — admin 2:06 PM