Intel G31とVineLinux4.2

G31チップ搭載のマザーでVine4.2をインストールしようとすると、インストールは正常に終了するが、再起動でX windowのエラーが出てて起動できなくなってしまう。原因はVine4.2がG31チップをG33と読み間違うことにある。つまりこのままではGUI環境は使えない。

テキストモードでログインし、viエディタで

vi  /etc/X11/xorg.conf

と入力しxorg.confに修正を加える。

Section “Device”
Identifier “Intel Corporation  G33  Express Inte”
Driver “INTEL”
BoardName “Unknown”
EndSection

Section “Device”
Identifier “Linux Frame Buffer”
Driver “fbdev”
BoardName “Unknown”

EndSection

この部分を
Section “Device”
Identifier “Intel Corporation G31 Express Inte”
Driver “vesa”
BoardName “Unknown”
EndSection

Section “Device”
Identifier “Linux Frame Buffer”
Driver “vesa”
BoardName “Unknown”

EndSection

と書き換えて:wqで保存。ログアウトして再起動。

Driver部分をvesaに変更することで、とりあえずGUI環境は使えるし、G33を正規のG31に変更する事で完全にG31と認識してくれる場合もある。筆者の環境では全て正常に稼働(MSI G31M3-F V2)。

うまく起動しても、解像度が低かったりして使いにくい場合もあるようだが、サーバーとして使用するならば特別に問題は無いと思われる。尚、先日リリースされた5.0系ではG31チップは問題なく使えるが、まだ情報が少なくトラブルに対処できないので5.1か5.2になるまで様子を見た方がいいだろう。

カテゴリー: Linux, サーバー, 覚え書き — admin 4:22 AM

postfix OCN でのメール転送設定

OP25B対策により、プロバイダがOCNの場合には(postfixの改良型を使用)、メール転送の設定が困難。

main.cf のリレーホストの項目で

relayhost=[smtp.vc****.ocn.ne.jp]やrelayhost=[smtp.vc ****.ocn.ne.jp]:587ではAUTHの関係で弾かれてしまう。

そこで、

relayhost=[****.ocn.ne.jp]

と、smtp及びvcを省略した形式(メルアドの@以降)で記述し、ポート25に転送する形式にする。

他には、パッチを当てる方法かメールリレーサービスを使う方法がある。

カテゴリー: Linux, サーバー, 覚え書き — admin 2:18 AM