バックアップ2

■IDとパスワードの保存

サイトへのログインIDやパスワードなどのバックアップを忘れると、あとあと大変なことになります。パスワード関係のバックアップは、専用のフリーソフトなどを使って普段から管理しておくことをおすすめします。

例えば、ID Manager などはおすすめです。

テキストファイルでPCに保存しておいても良いのですが、その場合は他人が勝手に観られないように注意してください。サイトや銀行のインターネットバンキングなどのパスワードは忘れないものですが、ソフトを購入した時の登録IDや、ネットショッピングのログインパスワードなどは意外と忘れやすいのでチェックを忘れずに。

■辞書とフォントの保存

長年使ってきたPCは、自然に自分が使いやすいように辞書が鍛えられてます。特に、特殊な言葉を使う機会が多い場合は、辞書を失うと入力の効率が極端に悪くなります。一般的にはMS IMEを使用していると思いますので、以下のサイトを参考に辞書をバックアップしてください。

http://support.microsoft.com/kb/880987/ja

また、ポップ制作や名刺制作などで特殊なフォントを使用している場合は、フォントのバックアップも忘れずに。

フォントは C:\WINDOWS\Fonts に収納されてますので、標準フォント以外で後からインストールしたものをコピーしてバックアップしておきます。

■ドライバのバックアップ

新たにWindowsをインストールする場合にうっかり忘れるのがドライバのバックアップ。これが無いと、ネットに接続できなかったり、画面の解像度が低かったり・・・と、いろんな不具合が出てきます。

メーカー製PCの場合には、Cドライブのルート以下に「Driver」というフォルダが作られている場合が多いようです。大抵はこのフォルダにその機種に必要な全てのドライバが格納されているので、丸ごとコピーしておきます。

その他のPCの場合には、Windowsディレクトリ以下の「info」フォルダにドライバ設定用のファイルが格納されてます。名前を見ただけでは分かり難いので、この場合もフォルダごとコピーしておきます。

これで新たにWindowsをインストールしても、短時間で元の環境に戻せます。

カテゴリー: WindowsXP, バックアップ — admin 6:30 PM

バックアップ1

HDDはいつ故障するか分かりません。実は、HDDの寿命というのは意外に短く、早いものだと1年でダメになります。使用頻度にもよりますが、2~3年が標準で、5~6年使えれば「アタリ」と言って良いでしょう。

でも、壊れるまで使うのは問題あり。データのバックアップが可能なうちに、新しいHDDに交換するのが賢明です。

HDDの異常は、急にアクセスが遅くなったり、フリーズしやすくなったり(頻繁にブルーバックが出るようになったりする)、異音がしたりなど様々です。これらの中で、特に異音に関しては、ヘッド部分の故障が原因なので急を要します。異音が連続してるようならば、次にちゃんと起動できる保証は無いので、その時点でバックアップをしましょう。

さて、バックアップとは?何を保存しておけば良いのか?デジカメ写真や動画などのファイルをバックアップするのはわかるが、他に何が必要?という質問をよく受ける。バックアップしておくと後々楽なのは

1、インターネットエクスプローラ関係

2、Out Look Express関係

3、パスワード関係

4、辞書、フォント関係

5、ドライバ関係

など。1と2は忘れることが少ないようですが、3~5はうっかり忘れて後で困ったりします。

■IE関係

IEを起動し、「ファイル」→「インポート及びエクスポート」で、ウイザード画面に移動します。「次へ」をクリックして、「お気に入りのエクスポート」を選択し、任意の名前を付けてファイルを保存します。同様にCokie、フィード(IE7)もエクスポートします。

■Outlook Express関係

メール関係のバックアップです。尚、Outlook ExpressとOutlookは全く別物ですのでご注意下さい。通常の起動画面から「ファイル」→「エクスポート」で保存できるのはOutlook用のファイルのみなので、Outlook Express用のファイルは別な方法でエクスポートする必要があります。何故そうなってるのか不思議でなりません。また、Vistaで使われているWindows mailのエクスポートデータはOutlook Expressにはインポートできません。

まずはアドレス帳のバックアップですが、アドレス帳を開いて 「ファイル」→「エクスポート」→「アドレス帳」で保存します。必ずアドレス帳から作業を行ってください。

次はメール本体のバックアップです。これは自動ではできませんので手動で行います。Outlook Expressのメイン画面の左側、「受信トレイ」や「送信トレイ」と表示された階層部分で、「受信トレイ」をマウスで選択してください。次に右クリックで「プロパティ」を開きます。すると「このフォルダは次のファイルに保存されています」という文章の下にメール本体の保存場所が表示されてます。

デフォルト状態では

C:\Documents and Settings\****\Local Settings\Application Data\Identities\{************}\Microsoft\Outlook Express\受信トレイ.dbx

となっているはずです。つまり、このフォルダの中に全てのメールが収納されているということです。エクスプローラーで確認してみましょう・・・・あれ?探せませんね?

そうなんです。通常の表示方法では、Local Settings以下のフォルダは見えないようになってます。そこで表示の設定を変更します。エクスプローラーから、「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」画面を開きます。「ファイルとフォルダの表示」の項目で、「全てのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れて適用をクリックします。これでLocal Settings以下のフォルダが見えるようになります。

フォルダを辿り、最後のOutlook Expressまで辿り着いたら、そのフォルダの中に全ての送受信メールが格納されてます。面倒なので、Outlook Expressのフォルダごとコピーします。これで、その時点までの送受信メールのバックアップは完了です。

アドレスとメールを保存したので、これでOKと思ったら大間違い。アカウント設定も保存しておきます。アカウントとは、接続の設定のことで、プロバイダのメールサーバーへ接続するためのユーザーIDやパスワードのことです。これを忘れると、新しくWindowsをインストールした時に、プロバイダから送られてきた接続設定の用紙が必要になります。すぐに見つかればいいのですが・・・殆どの場合はあちこちを探し回ることになり、最悪の場合はプロバイダに問い合わせなんてことになりかねません。

Outlook Expressのメイン画面から、「ツール」→「アカウント」の画面に移動し、自分が使ってるプロバイダのアカウントを選択して「エクスポート」をクリックします。このファイルを保存しておけば、新たにOutlook Expressの設定をする場合に同じ画面からインポートするだけで設定が完了します。

カテゴリー: WindowsXP, バックアップ — admin 5:41 PM