ホーム > トラウト・サーモン, 釣ってみる > 十和田湖のヒメマス

十和田湖のヒメマス

2021 年 4 月 15 日

大雪なのに、やけに雪解けが早かった今春。
春先最初のカヤックフィッシングは、毎年恒例の十和田湖ヒメマスゲーム。

国道102号の冬季閉鎖終了を待ってでかけたのは4月2日早朝。暖冬だった去年よりも、山の雪は少なめ。
それほど今春の雪解けは早かったのだろう。

ここ数年不漁続き(とはいえ、カヤックフィッシングは概ね好調)のヒメマス。今年はどうだろう?
薄氷に覆われた湖面に午前5時漕ぎ出し、魚探の反応を見る。

今年も群れは小さく、開始1時間は苦戦。ただ、アベレージサイズは良い。
小さな群れを散らさず釣れるカヤックと、バラシが少ないニューバージョン仕掛けのおかけで、2時間後にはリミット達成。
同行の仲間たちも好調に釣果を稼いでいる。

良いとは言えないが、それでもまずまずの釣果。今年もこんな感じかな?と思ったものの、翌日からは超激シブ状態が続き、リミット達成の確率は大きく低下。

コンディションの良い魚体が釣れるのは、せいぜいGWまで。今年も結果的に「パッとしない」状況で終了の気配。

コメントは受け付けていません。