ホーム > いろいろ, おかっぱり, 根魚, 釣ってみる > マンツーマンレクチャー

マンツーマンレクチャー

2018 年 2 月 14 日

青森の冬季メバリングは特殊な釣りです。
ビデオを観て、雑誌を読みあさって、ネットで情報収集しても、青森の厳寒メバルを攻略するのは難しいと思われます。

「12月までは普通に釣れてたんですけど」

多くの釣り人がこう言います。
確かに、一般的なタックルで、一般的な釣り方でも、12月中旬頃までならそこそこ楽しめるはずです。

問題はその先。
メバルの様子は明らかに変わってきます。
そして、釣り方によっては50:1なんて大差が当たり前になります。

カヤック仲間の依頼で、マンツーマンレクチャーに出かけたのは、先週の大雪前。
余程釣れていないのか、有名な釣り場なのに貸し切り状態。
気温は氷点下5度。

今までの釣り方は封印。
全く異なる釣り方に戸惑いながらも、2投目でバイトを捉え、3時間後には基礎をほぼマスターしてくれました。
何匹かバラシたあとのファーストフィッシュ。
嬉しそうです。

img_0118

あとはタックルの見直しかな?
自分なりに応用すれば、どんどん引き出しを増やせることでしょう。

「こんな釣りもあるんですね」

あるんです。

コメントは受け付けていません。