ホーム > いろいろ > 手根管症候群

手根管症候群

2016 年 6 月 29 日

昨年7月から左手の親指と人差指に痺れがあり、一度近くの病院で診察を受けたものの、全く改善の傾向が無かったので通院を止め、そのまま放置していました。
痛みはなく、ただ指先の感覚が麻痺しているだけなので、それほど普段の生活に支障は無いのですが、最近になって右手にも同じ症状が・・。いよいよヤバイなと思い、カヤック仲間の医師の紹介で国立病院に行ってきました。

思った通り手根管症候群という症状で、要するに手の使いすぎが原因。子供の頃から細かい作業が大好きで、指先を酷使しつづけたことと、釣りのし過ぎが要因なことは明かです。
自分の場合、手首の関節と骨が異常に変形しているそうで、先生曰く

「どれだけ釣りしたらこうなるんですか?」

釣りを始めてから49年。確かに、釣りし過ぎですよね・・(泣)。

両手にステロイド注射。そしてビタミン剤の処方。
注射は・・かなり痛かったです(泣)。

img_3688img_3691

それでも症状としては軽めという事で一安心。

img_3693img_3695img_3694

手首を酷使するので、仲間達の釣果報告を指を咥えて眺めていたシーバスですが、無理しない程度に出かけられそうです。

コメントは受け付けていません。