ホーム > いろいろ, マダイ, 釣果報告 > 久しぶりにボートマダイ

久しぶりにボートマダイ

2016 年 5 月 27 日

先日のカサゴは刺身と唐揚げと煮付けで頂きました。メバルが根魚では一番旨いと思っていましたが、カサゴはその上。特に「カサゴと言えば唐揚げ」と言われるように、低温でジックリと揚げた唐揚げは最高に美味でした。
分かったのは、1匹丸ごと唐揚げにするなら20cm以下がいいという事。今回持ち帰ったサイズだと、背開きにしてから揚げないと、うまく揚げられません。この失敗を踏まえて、次回は更に美味しい唐揚げを食べたいと思います。

さて、木曜日は知り合いのお誘いでボートからマダイを狙ってきました。カヤックも車載していたのですが、現地に到着してみると上空の雲がかなり早く流れています。これではカヤックは危険・・と判断し、大人しく知り合いのボートで出港。

案の定、沖は強風・・いや、ほぼ爆風。
シーアンカーを入れても、ボートはどんどん流されます。
前評判通り魚探にはたくさんの反応が出ていますが、その多くはワラサ。
マダイ狙いならばボトムから10m以内が勝負です。
ボトム付近をデッドでトレースできるタイラバが有利と聞いていましたが、それでもバイトのみでフッキングしないマダイが多いとのこと。
ならば・・と用意したのがジカリグ+タコベイトの「ジカタコ」。
今期はこっそりと良い思いをさせていただいている超低コストリグで、タイラバもインチクも買えないビンボーな私には最適なリグです。
日本が誇る最高傑作のタコベイトですから、マダイはもちろん、ヒラメもマゴチも根魚も・・・全てのFEに対応しちゃいます。
タイラバと違って、マダイのバイトがあればその直後にフッキングという点もタコベイトならではの利点です。
タコベイトは様々なカラーがありますが、やはり昔から鉄板のヤマシタ製U5とU6が最高です。

img_3533

釣りが出来たのは正味2時間でしたが、そんなボンビーリグを使ってマダイオンリーの竿頭にて終了。
でも、マダイは小型が多いですね・・。

さて、次は今期大漁のヒラメ狙いかな?

コメントは受け付けていません。