ホーム > いろいろ, マダイ, 釣ってみる, 釣果報告, 青物 > 渋さに変わりはありませんが

渋さに変わりはありませんが

2016 年 5 月 20 日

GW中の風がウソのように凪の日が続いてます。
このチャンスを逃さず、有給休暇を取っても浮きましょう(笑)。

というわけで、一昨日、昨日と2連チャンで仲間達と遊んできました。

メーンターゲットはマダイですが、まぁ、何でも釣れればOKです。それにしてもワラサは相変わらずで、釣ろうと思えば際限なく釣れてしまいます。
贅沢な話かもしれませんが、マダイを釣るためにはワラサの猛攻をいかに交わすか?がキモになってきます。

ワラサはマダイよりも少しお寝坊さん。そして、ポイントによって異なりますが、回遊している水深がほぼ特定されます。
必ずしもマダイが下でワラサが上ではない・・・という考え方も大切。
この辺を読んで、ワラサの少ない時間帯、場所を選べば、マダイのヒット率が上がる・・・かもしれませんね。

img_3455

既に浅場に移動した・・・というよりも、浅場に大型が多い季節になりました。
場所によっては手の平サイズが釣れたりしますが、カヤックでの釣果は概ね50cm~70cmオーバーというところでしょうか。

img_3492img_3491

K-LINE 女子部が大活躍です。

img_3490

バイトがあっても乗らない状況では、やはりフロロカーボンが圧倒的に有利だし、食いが渋く掛かりが浅い状態では、PEラインだとバラシが頻発してしまいます。
今回は青物対策でPEラインを使ってましたが、4回しかヒットしなかったマダイを2回もバラシてしまいました・・・(;。;)。残り5m程度で、姿が見えてから・・ってのが最悪です。
ちなみに、ワラサは2匹のみ。ポイントと釣り方を選べば、ワラサを回避する事は可能のようです。

img_3459img_3471

朝方3時間ほど遊んで、昼前には帰宅しているというお手軽フィッシング。天候さえ許せば、毎日でも行きたいのですが、あとは体力の問題・・というところでしょうか。自分には3連チャンが限界です・・・。

img_3476

静かに近づいて狙い撃ちできるカヤックマダイ。概ね好調という感じです。

コメントは受け付けていません。