ちょっと筋肉痛

2016 年 5 月 10 日

GWは風が強く、出艇できる日が限られてしまいました。そして皮肉な事にGW明けの9日は快晴微風。
午後から仕事を控えていたのですが、この好条件を逃してはならないと朝一数時間の釣行を敢行しました。

現地入りは4時15分。本当はもっと早く到着するべきだったのですが、思っていた以上に夜明けが早くなっていました・・。
プレジャーポートやミニボート、遊漁船は既に沖で釣りを開始しているようです。

陽も昇り始めた頃、やっと出艇。前回の釣行で着目していたポイントに向かいます。
やがて魚探に良い反応が出始めました。
ワラサの反応が多いようですが、マダイの反応もあります。
最近は反応の出方を見て、ある程度は青物かマダイかの判断ができるようになりました。

この状態だと、一投目からヒットのはず・・と高をくくってましたが、何故か全くの無反応。擦りもしません・・・何故?
あのジグやこのジグに変えてみるものの、バイトさえ無いまま30分が経過してしまいました。

img_3400

そこで伝家の宝刀の出番。周年を通してマダイに有効なムラジグです。もし、ルアー縛りで1種類しか艇上にルアーを持ち込めないとしたら、自分は迷わずムラジグ40gを選択します。
セットしたのは仲間のマダイ釣り名手、S氏の一押しカラー。
実はこのカラー、今まで一度も使った事が無かったのですが、「春先は鉄板」と強く薦められて先日購入したものでした。

img_3418

マダイと思われる反応の水深まで沈めてリトリーブ開始。いきなりココン・・と来てフルソリッドロッドがジンワリと曲がってゆきます。なんと、いきなりのヒット。
本日一発目は65cmほどの中型マダイでした。 

その後もワラサ混じりながらまずまずのペースでマダイを追加。
このサイズのマダイだと自分のクーラーには3枚しか入らないので、サイズに関係なくそれ以上はリリースです。ワラサが入るスペースは勿論ありません。
いつもは6ポンドフロロを使用していますが、ワラサが異常に多いためにシステムの組み直しが必須。かと言って8ポンドだと巻き癖やライン抵抗など使い勝手が悪いので、この日は中間の7ポンドを使用。たった1ポンドの違いですが、フルソリッドロッドとの組み合わせなら遠慮なく強引にファイトできます。大きめのワラサでも楽に取り込み可能なこの組み合わせは、今のところ最強かもしれません。

img_3404

水深50mで、マダイの回遊レンジは水面下10~20m。経験上、この状況だと、マダイは既に30m前後の浅場に入り込んでいる可能性大です。しかも、浅場で釣れるマダイは大型のはずです。
時間の経過とともにワラサが多くなってきたのを機に、迷うことなく浅場に移動。
この読みが的中。周囲に他の船が全く居ない静かな環境で、70cmオーバーの連続ヒットを堪能できました。

タイムリミットの3時間が近くなり、最後に魚礁周りでアイナメ狙い。2投目で50cmの良型がヒットし、この日の釣りは終了。最初の30分を除いて、始終何かが釣れ続けた最高の一浮きでした。
途中、ムラジグのカラーを変えてみたのの、反応は今ひとつ。結局全てのヒットは最初のカラーだけでした。
たまたまかもしれませんが、「このルアーのこのカラーにしか反応しない」という事もあるんですね。
いずれにしてもムラジグ様々です。

キープは最初の3枚と最後のアイナメ。これでも多すぎるくらいです。

img_3402

仲間たちも2~3枚の釣果という感じの一日でした。

img_3405img_3406

豊饒の海に感謝。

DATA

・tailwalk  NORTH SPIN 68ML
・06セルテート 2500R
・GT-R クリスタルフロロ7LB
・ムラジグ40g

ムラジグについてのお問い合わせを数件頂きましたので追記しておきます。
ムラジグはダイワのテスターであり、ライター仲間の盟友、村越正海氏がインチクをベースに考案したメタルジグです。
青森県でマダイ用として使われるようになってから10年経過の鉄板超ロングセラー。
30、40、60、90gがあり、このうち主にマダイで使用されるのは40と60gですが、40gの使用頻度が圧倒的に高いです。
青森市周辺では祖父江釣具さん、弘前地区では上州屋弘前店、板柳地区は竹浪釣具さんで扱っております(他にもあるかもしれません)。

コメントは受け付けていません。