PS-511CN-E

2016 年 4 月 26 日

PS-501CNの新型、511CNが販売開始。
で、早速取り寄せました。

img_3318

と言っても自分用ではなく、昔からお世話になっている遊漁船の船長からの依頼。
我々がカヤックで使っている魚探を見て、自分の磯舟に魚探を取り付けたいとのこと。

・GPS機能が欲しい。
・電池ではなくバッテリーを使いたい。
・充電器も欲しい。
・船上のどこでも魚探が見られるようにしたい。

そんなご要望で、予算はなんと5万円・・・お世話になった方なので断わることもできず引き受けました。

知ってる方なら既にお気づきでしょうが、魚探(税込4.1~4.3万)とバッテリー、充電器で既に予算いっぱいです・・。

他に必要なのはオプションの電源ケーブルと振動子の延長コード。この二つで税別12500円。
バッテリー用ケースや振動子取付部材で数千円。
加えて現場まで2回往復(400km)分の燃料代も含めると、約2万円の自腹確定(泣)。

こりゃたまらん・・というわけで、電源ケーブルと振動子延長ケーブルは自作することにしました。
電源ケーブルは簡単ですが、問題は振動子ケーブル。
2芯だとばかり思って購入した切り売りケーブル。しかし、いつのまにか3芯になっていて(以前と同じ型番でも、ケーブルが太くなってます)使えず・・結局買い直すハメに(泣)。

img_3320

もともと3mのケーブルに7m足して、計10mに・・という予定でしたが、コードが長くなった分、ノイズが多くなってしまいます。似たような仕様のケーブルなのですが、純正ではないので仕方ありません。
最終的に追加分5mの計8mでノイズを拾わなくなりました。
取付部材やケース類、燃料代を含めて、何とか自腹1万円(泣)。

取付はわずか10分程度。
その後はテストとばかりに沖へGO(笑)。
2時間ほど実釣して、しっかり機能していることを確認してきました。

511CNは地図を西と東のどちらか選べるようになったもの。つまり、今まで不要だったデータを削除して、その分の容量を使って地図を詳しくしたという感じ。501CNは、GPSの無い500Cの余ったメモリ容量に無理矢理GPSをプチ込んだものなので、地図自体は全く期待できないもの(HONDEXの方がそう説明してくれました)でしたが、511CNになって、それなりに使えるようになりました(東西ではなく、東北バージョンや県別バージョンにして、もっと詳しい地図になればいいですね)。

img_3319

と言ってもこの程度なので、今現在501CNを使っている人は、敢えて511CNにする必要はありません。
実質、あと7~8000円足せば、格段に機能が上のPS601GP2が買えるし、1.5万円足せばKFでは最強のHE-601GP2が買えるのですから、どうしても電池で使いたい、どうしても予算が足りない・・・という以外は600シリーズをおすすめします。

コメントは受け付けていません。