ホーム > いろいろ, 装備 > ドライスーツの修理

ドライスーツの修理

2015 年 5 月 2 日

3シーズン目を迎えたマイ・ドライスーツ(モンベル製フルドライ)。
脱ごうとして首部分のゴムに指を掛けたら・・・半円状に千切れてしまいました(泣)。

img_1766

このままでも着られない事もないのですが、もし落水したら首筋から浸水しそうです。
かと言って、高価なものなので、簡単に新品を買うわけにも行きません。

でも大丈夫。

こんな時のために、「修理可能」な事を確認してから買ったドライスーツだからです。

早速電話で問い合わせてみました。

修理代4000円でOKだそうです。

モンベルにして良かった。

ウエア類の修理に対応してくれるところは、それほど多くはありません。モンベルはそんな数少ないメーカーのひとつです。私が知っている限り、釣り用品メーカーではRBB(双進)くらいでしょう。

ダメになったらすぐに新しいものに買い換えられる恵まれた環境にある方は別として、高価なウエアを購入する時は、そのあたりのサービス内容を確認しておく事をおすすめします。

今年は妙に暑く、次回からはセパレートにしようと思っていたので、修理に出すタイミングもベストでした。

コメントは受け付けていません。