ホーム > いろいろ, 進水式 > 進水式とアサリング

進水式とアサリング

2015 年 4 月 12 日

今期からKFにチャレンジする方々の進水式が続いております。
カヤックに慣れるためには多少風と波がある条件のほうがベストかもしれません。しかし、初めて海に浮く人にとっては、やはり凪ぎが理想。という分けで、今回もべた凪の条件を選んでの進水式です。

img_1670

2月の講習会でカヤックを経験済みだけに、初めて海に浮いたとは思えないほど軽快なパドリングを披露したTさん。最終的には出艇場所から2㎞以上も離れた岬の向う側まで漕いで、初めてのツーリングを楽しんでいました。帰りは4~5mの向かい風。しかし、Angler410なら初心者でも巡航5~6㎞のスピードが確保でき、2次安定性にも優れてますから、全く不安なく無事帰着。途中、アサリングも楽しんで、最高の進水式で終える事ができました。

今が旬で最盛期のアサリですが、常にたくさんの人が訪れるポイントは、既に数も型も期待できない状態です。
大粒のアサリを㎏単位で採りたいなら、やはりカヤックアサリング。
そこは他のポイントは別世界。熊手ひと搔きで大型アサリがザクザク出てきます。

img_1668

ついつい夢中になって2時間ほどアサリング。
今回も1.5㎏オーバーの収穫でした。

img_1671

マダイも釣れ始めたし、これが今期最後のアサリングかな?

このアサリ、は正式には「鬼アサリ」と言う出荷量の少ない希少な種類です。今時期になると産卵が終わって死んでしまった6~7cmの巨大な貝殻が多数落ちているので、大型狙いならば2月がベストでしょう。
来期は2月からカヤックアサリングにチャレンジしてみます。

コメントは受け付けていません。