ホーム > シーバス, 釣ってみる > 午後から浮く

午後から浮く

2012 年 8 月 25 日

この時期、午前中は漁師さんの邪魔になることと、漁船が頻繁に行き交う状況ではシーバスの警戒心が高まり、ルアーへの反応が著しく低下することから、出艇は午後になることが多い。

午後も14時過ぎれば釣り場は静かになり、シーバスも安心して水面で捕食するようになる。

昨日は昼過ぎにのんびりと出発し、14時頃からポイントへ向けて僚艇とともに漕ぎ出した。折しも、丁度ソコリの時合なので、本命ポイントに到着する前にトローリング中のロッドがしなり、ドラグが鳴る。

imgp0430

動力を持たないカヤックは、内水面、外水面を問わずトローリングが許可されている。だから、移動時はラインを30~40mほど出した状態でパドリングしながらシーバスの居場所を探すことも可能だ。シーバスに有効なスピードは、流れの状態にもよるが概ね2~4ノットというところだろう。

1時間で二桁を突破。その後、他の仲間の到着を出迎えるために一時上陸。夕方にかけてスーパーボイルに遭遇できる予定だったが、ヤマセが次第に強まり、大型が出る本命ポイントへの移動を断念。
後半戦は近場を探りつつ、何とか二桁突破という釣果で17時30分には終了。

艇の下を大型のエイが通り、水中からは突然巨大なボラが襲ってくる。
この時期は、様々な危険が待ち受けているので要注意。

ベイトは相変わらず豊富で、イナッコ、サヨリの他カタクチイワシ、サバ、ハゼ、ヒラメの稚魚、ゴリ、エビ類、カニ類とシーバスにとっては超豪華なフルコース。
そんな状況だから、ルアーに対してはもの凄くシビア。
タイプ、サイズ、カラー、レンジ、スピード、トレースコースなど、複雑な組み合わせの中からヒットパターンを見つけなければ、すぐ隣で釣りをしていてもノーヒットなどということもある。

シーバスは難しい。

そこがまた楽しい。

コメントは受け付けていません。