一段落

2014 年 12 月 3 日

缶詰状態で作業を続けていたムックの入稿も何とか終わり一段落…と思ったら、青森は完全に冬になってしまいました。
昨日、今日とずっと雪。
車載したままのカヤックも完全に雪を被り、タイダウンベルが凍って解けません(笑)。
これで今シーズンのカヤックも終わりかな?という感じですが、まだまだ終わるわけには行かないのです。

というのも、青森港で整備中の浜町緑地。主目的は冬季の雪捨て場なのですが、それ以外のシーズンに有効活用するために、我々K-Lineのメンバーが一肌脱ぐことになりました。
具体的には青森港に生息する(釣れる)魚の調査です。
カヤックを使って12月中に数回調査し、その後は春から継続的に1年間調査を続ける予定です。

どんな有効活用が予定されているか?釣り人の皆さんは期待していただいて宜しいかと思います。
そして、そんな大きなプロジェクトに参加させていただけることを、とても嬉しく思います。

そんなこんなで国の許可と海上保安庁の許可も頂き、12月は3~4回、自虐的雪中KFの予定です。

ここ3週間近く原稿ばかりだったので、依頼分のリールオーバーホールが溜まってしまいました。
今日は原稿の校正の合間を見てオーバーホール作業。
性格的に気に入らなければやり直し…を繰り返して、やっと3台仕上げました。

その中の1台は懐かしいダイワのLB。30年ほど前にクロダイをやっていた頃はLBを集めてましたが、今は手元にさえ有りません。最近のLBの機構が全くわからず、正直なところ「オーバーホールできるのかな?」と不安でしたが、意外にあっさりと完了しました。

旧タイプのセルテートを終えて、

img_1370

次は14セルテートのオーバーホール。一度も分解していないリールだと思いますが、マグオイルはほとんど無くなってました。しかも、マグオイルがクラッチの内部に侵入(磁着していない?)。マグシールドシステムって信頼してよいものかどうか?…私にはよく分かりません。個人的には全てのリールが過去になっちゃうと困ります。個人でメンテできないリールなんて要りません。

確実に言えるのは、どんなリールもメンテフリーはあり得ないという事。皆さん、使用後は必ず水洗いしましょう。
でも、水に浸けてはダメですよ。

しかし、ダイワのリールはシャフト曲がりが滅多に無い点で優秀かも。

コメントは受け付けていません。