マダイとヒラメ

2014 年 9 月 24 日

火曜日。
本当は本命が釣れず終いだった日本海側に浮きたかったのですが、風が許してくれません。
西風を交わせる湾内西側しか選択肢が無い中、大鯛を狙って平舘へ。

平舘のマダイ釣り場として知られているのは平舘漁港周辺から石崎方面にかけてかもしれません。しかし、平舘沿岸は十数㎞もあり、カヤックならば出艇できるポイントはいくらでも存在しているのです。
釣りたいポイントに一番近いところから出艇できる・・・それがカヤックの大きな利点です。

今回の釣り場もそんなマイナーポイントのひとつ。
釣り場の周囲、ぐるりと見渡してみても、遊漁船もプレジャーボートも見えない貸し切りのポイントで静かにのんびりと糸を垂れます。

img_1042

陸からわずか300mほど沖に出たところで魚探に反応が出始め、高活性のマダイがメタルジグにアタックしてきます。
レンジと誘い方さえ間違えなければ、食わせるのはさほど難しくありません。
普段、釣り人に攻められていないマダイだけに、すこぶる高活性。
3~4㎏という大型揃いでそれ以上のサイズも混じります。

img_1039

取り込みに時間が掛かり、時にはフックアウトしたりで、それほど数は伸びませんでしたが、最終的に自分の釣果は計6枚。うち5枚がでっぷりと肥えた60~70cmの良型でした。

img_1040

10分も漕げばこんなマダイと遊べる平舘は、やはり最高の釣り場。そして、そんな素晴らしい環境で釣りが楽しめることに感謝です。

img_1041

さて、台風の影響で風向きが変わった今日は、ヒラメのリトライで日本海へ。
出艇場所はサーフィンができるほど波が高いけれど、そこを乗り切れば穏やかな海。
ウネリは残るものの、我が愛艇Angler410は時速7㎞以上でスイスイと進んでゆきます。

img5

先日マダイを爆釣したポイントに近づくと、今まで無かった梵天を発見。
ん?
その沖に目をやると、そこにも梵天が。

しっかりと網が入っていました。
でも、網が入れられた場所はポイントから離れているので無視して先に進みます。

進む先には一艘の船。
そこはまさに自分が目指すポイント。
推測するに、地元の漁師さんが夜から朝までマダイ釣の電気釣りをしていた模様。
さすが漁師さん。いいポイントに船を付けていたので、大漁間違いなしでしょう。

ポイントはたくさんあるし、漁の邪魔にもなるので他に向かいます。
水深は前回よりちょっと深めですが、いい感じでベイトの反応が出ていました。
メタルジグを投入するとほどなくヒットしたのは30cmほどの小型のマダイ。
今回の本命はあくまでヒラメなので速やかにリリース。

その後も似たようなサイズのマダイが数枚釣れ、今日もマダイで終わりかな?と思い始めた頃についに本命がヒット。

45cmちょいの小型ですが、狙って釣った本命はやはり嬉しいものです。

img_1044

後半は新しいポイントを探しながらマダイのプラッギング。結果は出せませんでしたが、カヤックならではのプラッギングによるマダイゲームの確立も、そう遠い未来ではないと思います。

ヒラメはこれからが本番。座布団サイズは要らないけれど、食べて美味しい50~60cmを狙って、これから日本海通いが続きます。

コメントは受け付けていません。