ホーム > いろいろ, マダイ, 装備, 釣ってみる > ライン巻き替え

ライン巻き替え

2014 年 4 月 22 日

シーズンインに合わせてラインの巻き替え。

序盤は主にマダイ。その後はヒラメ、マゴチ、シーバス・・・とKFのターゲットは次々にかわってゆきますが、釣り物が変わってもラインは変わらず、メーンはフロロカーボン6LBです。

ただ、同じフロロカーボンでもラインの色は変えます。マダイ狙いの場合はクリア系、シーバス狙いではカモフラ系。ラインの色の違いで反応が大きく異なる・・という状況を何度も経験しているので、個人的にはこの選択がベストと考えます。

当面はマダイ狙いになるので、主力はクリアカラーのフロロカーボン。PEラインはあまり使いませんが、ウルトラライトジギングと兼用するために0.8号を巻いたスプールを準備しておきます。
それらを巻くリールは06セルテートの2500R。ルアーもロッドもリールも、新しいものが必ずしも良いというわけではない・・と田澤は思うので、一番信頼できる2台の06セルテート2500Rが今年も主力。今のところ、こいつに勝るリールには出会っていません。できればもう一台欲しいくらいです。

imgp3270

昨年、70~86cmのマダイをトップ付近で数枚釣っただけでシャフトが曲がった最新型リールは、冬の間に別機種の「曲がりにくい」シャフトに交換しておいたので予備として使います。
フロロでもシャフトが曲がるのですから、安全策をとり伸度の高いナノダックス6LBを巻きました。これでもシャフトが曲がるようなら、このリールは根本的に道具として欠陥です。

とりあえず、これでマダイの準備は完了。
自分のマダイ釣りには欠かせないムラジグのキンクロも1個だけですが手に入ったので、これで準備万端です。

コメントは受け付けていません。