ホーム > マダイ, 乗ってみる, 釣ってみる > 2+1&ニモFピンク 初出陣

2+1&ニモFピンク 初出陣

2012 年 6 月 10 日

生憎のヤマセ(東風)に加えて雨。

とりあえず最初の予定通り現地に集合してはみたものの、遊漁船でさえ中止になるような海況。

ならば風裏しかあるまい・・と即刻移動した。

ちょっとした砂浜さえあれば、どこからでもピンスポットで出艇できるのがカヤックの有利な点。だから、基本的にカヤックフィッシングは「中止」が少ない。

今回は初実釣に臨む2+1のI氏と、昨日ニモFピンクが届いたT氏の進水式。生憎の天気だけど、とにかくカヤックに慣れてくれればいいなぁという思いで4艇での出撃となった。

kayak_02

4艇が海岸にズラリと並んだ光景は圧巻。なんか格好いい。
現場で振動子の取り付けやなんやかんやで、沖に向かったのは4時30分頃。

初めてのポイントなので、期待してなかったのだが、沖合1㎞ほどから魚探に反応が出始めて、2㎞までの区間はマダイの反応でいっぱい。

最初のヒットは2+1初出陣のI氏。2+1が引きずられているのが遠目にもよく分かった(笑)。

p6104521

カヤックでの初ゲットが、70cmオーバーのマダイなのだから、I氏も大満足。
おめでとうございます。
とりあえず一安心。

p6104525

その後は手が届くほどの位置から迫力満点のイルカショーを堪能し、8時頃までいい感じで釣れ続ける。

p6104527

ビデオと写真の撮影をしながらなので、バラシも多かったが、それでも一人平均4枚の釣果。しかも、この海域は他と比べてマダイのサイズが大きめで、やたらと体高が張っているので良く引く。

p6104530

必要な分だけキープして、9時には大満足で帰還。

全員が童心に還って楽しめた一日だった。

残念だったのはニモFピンクのT氏。仕事の都合で、6時半上がり。パドリングを楽しんだだけで終わってしまったが、それでも本人曰く
「漕いでるだけで十分に楽しいです」
と喜んでいただけた。
最初はぎこちなかったが、2時間のパドリングで一気に上達。
上陸時はスムーズなパドリングで危なげ無く、安心して見ていられるまでになっていた。
もう大丈夫。次回はきっと釣れますよ。

imgcaq89z1q

上陸後は今日のポイントについての談義。
「ヒラメも良さそうだ」
「アオリイカは最高だろう」
なんて、ますます夢が膨らんでゆくのである。

最高の初陣を果たした2+1と、本日の目的を無事にクリアーしたニモFピンク。
充実した今日という日に感謝。

p6104533

コメントは受け付けていません。