ホーム > 乗ってみる, 未分類, 釣ってみる > 初シーバスフィッシング

初シーバスフィッシング

2012 年 6 月 6 日

カヤックフィッシングにチャレンジしようと思った第一の理由は、攻略しきれなかったポイントでシーバスを釣ること。そのためだけにコツコツとカヤックの勉強をし、練習をして実釣できる段階までになった。
まさに「漕ぎ付けた」という言葉がふさわしい。

海上のマダイジギングでカヤック上からの釣りに慣れたところで、いよいよ大本命にチャレンジ。

ゲレンデは、兼ねてから攻めてみようと考えていた河口域。
GWには別の場所でシーバスを狙ってみたが、季節的にちょっと早かったのか、シーバスの反応は渋く、ポイントのロケーションが確認できた程度。
今回のポイントは例年であれば確実にシーバスが遡上しているはずだ。

気がかりなのはベイトが少ないこと。今期はメインベイトのアユの遡上が異常に少ないとのことなので、河川内のシーバスにも影響が出るはずだ。

今まではショアから届く範囲しか攻めたことがないポイントの「その向こう」を魚探で水深を確認しながら進む。
何本か視認できる流芯。
昨年まではこの流芯にルアーが届かず、やきもきさせられたが、今期はカヤックという最強アイテムを得ることで直撃可能。射程範囲が大幅に広がった。

開始から30分。
ほどなく60cm弱のフッコがヒット。

幸先の良いスタートに気をよくし、今日はたくさん釣れそうだなぁ・・とほくそ笑む。

しかし

もう少し大きいのが釣れたら写真を撮ろう・・・と思ったのが大間違い。約6時間、10㎞近い距離を移動し、釣れたのは後にも先にもこの1匹。

潮が悪いとか、水色がどうのとかの言い訳はしないが、辛くもカヤックフィッシングの初シーバスに出会えた・・という結果に満足することにして釣り場を後にした。

次のための調査は完璧。ポイントと思われる場所に沈む目に見えないストラクチャーや水深はしっかりと把握できた。
焦ることはない。
ハイシーズンはこれからなのだから。

パドリングにやっと体が馴染んできたのか、今日は筋肉痛無し。

コメントは受け付けていません。