ヒラメは裏切らず

2013 年 6 月 1 日

一昨日の雨で川水が流入したためか、沿岸海域はやや水温が下がり気味。濁りも多少入り、魚の活性も低下気味でした。

ワームへの反応はほとんどなく、メタルジグオンリーでの攻略に切り替えます。

穏やかならば15mラインでマダイでもと思ったのですが、ウネリ2~3mと高く、朝方は風も強めだったので今回も本命はヒラメ。

imgca635qga

シーアンカーを入れると流れは0.5ノット。深場ならばこのくらいの流れ方がベストですが、水深10m程度の浅場での流し釣りでは遅すぎます。

そこで流しっ放しで1ノットほどのスピードで広く攻めてみます。カヤックからヒラメをルアーで釣るためには、この流れのスピードがかなり重要です。

ショートバイトがあってもなかなか乗らず、やっと3枚のヒラメをヒットさせるものの、一番大きなサイズは水面でフックアウト。

皮一枚のフッキングで、ネットに手を掛けた直後のフックアウトでした。

水温低下で根魚は1匹も釣れませんでしたが、ヒラメは裏切りません。ベイトが多くなり、活性が高まれば、また数釣りが楽しめることでしょう。

乗っ込み期に大型が集まるポイントも確認できたので、時々マダイで遊びながら、もう少しヒラメを攻めてみようと思います。

img41

シーバスの調査もぼちぼち開始します。

コメントは受け付けていません。