ホーム > いろいろ, 乗ってみる, 納艇, 釣ってみる > 納艇、そして最高の進水式

納艇、そして最高の進水式

2013 年 5 月 22 日

昨日到着した2艇のニモ。1艇は黒石市のオーナー様のニモシングルSP。そしてもう1艇はデモ艇のニモシングル田澤スペシャル(単に特注ですが)。

黒石市への配達は夜だったので、先にデモ艇の艤装。

と言っても、ゴテゴテの艤装は嫌いなので至ってシンプル。今回はレイルブレイザ製のアジャスタブルエクステンダーを使って、こんな感じで魚探とロッドホルダーを設置してみました。

image-1

スターンラゲッジのバンジーコードは、通常はフックとアイレットが左右非対称に取り付けられますが、これだと何となく使い勝手が悪いので、対照に付けてもらいました。また、殆ど使わない左舷のパドルホルダーも最初から無しです。

必要なアイレットを数ヶ所取り付けたら、艤装はサクッと終了。

夜は黒石市まで配達。オーナー様のご自宅前で魚探振動子やトロリーの取り付けを行い無事納艇。車が車検なので、進水式は来週になりそうとのことでした。

実はニモシングルに関してはグリーン/イエローは初めての取り扱い。青森県内では唯一のカラーかもしれません。

image002

今週金曜はprofish。そして来週はまたまたニモが2艇と納艇が続きます。

 

デモ艇の進水式は本日早朝から2時間で終了しました。ターゲットはハイシーズンに突入したばかりのヒラメ。マダイ爆釣の情報も飛び交ってますが、マダイのシーズンはまだまだ継続しますので、今釣らなければならない魚が最優先です。

早朝4時の出艇で、カヤックでなければ攻めきれないであろう浅場を探り、ヒラメ3枚、クロソイ、メバル、アイナメと本命を含む根魚のオンパレード。賞味1時間半ほどでしたが、最高の進水式となりました。

「こんな所でこんなに釣れるの?」というのが正直な感想。カヤックのステルス性の高さを改めて実感しました。

img7

ニモの乗り心地は思っていた以上に快適です。他の艇では難しい、足を外に出した状態での安定したパドリングも可能です。スピードはprofishの2/3くらいが限界ですが、その手軽さが最大の魅力。

img21

今回のように、近場で朝一2時間程度・・・の釣りが手軽に楽しめるのはとても嬉しいことです。

波打ち際が遠くても、ニモシングルなら一人でちょちょいのちょい・・と出艇できます。車載しておけば、沿岸を移動中に鳥山を見つけたら直ぐに出艇・・なんて使い方も可能ですね。

あ~楽しかった。

コメントは受け付けていません。