初陣

2012 年 5 月 26 日

必要なものをコツコツと揃え、パドリングの練習を積んで挑んだ初陣は、平舘沖がゲレンデのマダイジギング。

同行はニモ フィッシャーマンの親友。今日が進水式で、同時にカヤックフィッシングの初陣でもある。
二人とも初めてのカヤックフィッシングだから、1枚でも釣れればいい・・それが本音。

けっこうな強風と波の中、不安を抱きながらのパドリング開始だったが、、風にも波にも強いバイキングカヤックだけあって、10分後には全ての不安が吹き飛んだ。風速5~6m、波1mウネリ2m。「このくらいならまだまだ余裕」それが正直な意見。

あっというまにポイントに到着。
ほどなく親友のロッドが曲がる。

008

その後は水面下10m以浅で、怒濤の連続ヒット。釣っては放し、放しては釣る・・のくり返しが続く。

006

最大は75cmオーバー、アベレージは50~60cmと、この海域のマダイは他と比べて一回り型が良い。

004

ふた流し目で二桁を突破、おおよそ4時間に亘り絶え間なく続いたヒットに大満足。出来過ぎの初陣を華々しく飾ることができた。

 

ところで、初めてのカヤックフィッシングで感じたことがいくつかある。

カヤックはエンジンが無いことが最大の欠点かもしれないが、それは同時に最大の利点でもあるということ。マダイはエンジン音や船舶の影、船底からの音で泳層を変える。具体的には大型ほど下層に沈みやすい傾向がある。
マダイに限らず、魚は大型ほど補食に有利な場所に定位する傾向が強いが、同時に警戒心も強い。よって、エンジン音や船底から響く音にはすこぶる敏感だ。ベイトが浮いていれば本来は上層ほど大型が多いはずなのだが、小型のマダイの下で大型がヒットするケースが多々あるのは、そんな理由からだ。

まるでステルスのように静かに群れの上に移動できるカヤックは、マダイに警戒心を与えない。だから、魚探に出た反応は、長時間真下に出続けるし、水面下6~8mなどという表層に近いレンジで大型が食ってくる。警戒心の無いマダイがメタルジグに示す反応が、いかに大胆なものかは、マダイジギングの経験があれば容易に想像できるだろう。そう、疑うことなく何度でもバイトしてくるのだ。

009

安全面の問題もあり、カヤックの近くにプレジャーボートや漁船は近づかない。それも幸いして群れを散らさずに静かな釣りが楽しめるのもカヤックの良いところかもしれない。
それでも近づいてくるプレジャーやミニボートもあるが、エンジン音が近づくとマダイは急激にレンジを変えて20~25m下まで潜ることも、魚探反応でしっかりと確認した。

忘れがちな釣りの基本、「静かに釣ること」の大切さを改めて実感できた1日。そして何よりもカヤックフィッシングがこれほど楽しいものなのだと実感できた今日と言う日はプライスレス。こんな楽しい釣りは何年ぶりだろう?と、久しぶりにワクワクさせていただいた。

パドリングとファイトを繰り返した5時間。気になる艇の水漏れだが・・・両艇とも一滴の水漏れも無し。これは凄いこと。

あちこち筋肉痛だが、それもまた心地よい。 

しかし、マダイはあくまで前哨戦であり、練習でしかない。

益々膨らむカヤックフィッシングの可能性。メインステージはこの先にある。

コメントは受け付けていません。