ホーム > いろいろ > 作っちゃうかも

作っちゃうかも

2013 年 3 月 26 日

カヤックフィッシング用のロッド。

もちろん、ターゲットによって最適な長さと調子は異なりますが、専用ロッドの市販品は少なく、しかもそれらが自分のスタイルに合うとも限りません。

今回の国際フィッシングショーでは、十三湖で使用するカヤック用のロッドを探し、時間が許す限り各社ブースを廻ってみました。

が、結論を言えば自分のスタイルに合ったロッドに巡り会えなかった・・というのが結論です。

レングスは7フィート3~4インチ、ライン3~8ポンド程度まで対応で、キャスティングウエイトは3~10g程度で良い。ティップが柔らかめでベリーからバットに掛けての粘りがあり、長くも短くもないグリップエンド。

これらの条件に合ったソルト用ロッドでは、メバリング用が近い位置にありますが、バット部分のパワーにやや不満が残ります。一番近いのはバスで使用するノーシンカーワーム用のスピニングロッドかもしれません。

いろいろ考えた末に辿り着いた極論は、ロッドをオーダーで作ること。幸い、その方面の業界に携わる知り合いも少なくなく、lotあたり50本程度で作れるとのこと。

好みの物ができるまで時間が掛かりそうだし、良い物を作るとなるとコスト面で厳しいですが、作っちゃうのが一番手っ取り早い方法なんじゃないかなぁ・・とちょっと乗り気です。

コメントは受け付けていません。