アーカイブ

2018 年 2 月 のアーカイブ

マンツーマンレクチャー

2018 年 2 月 14 日 Comments off

青森の冬季メバリングは特殊な釣りです。
ビデオを観て、雑誌を読みあさって、ネットで情報収集しても、青森の厳寒メバルを攻略するのは難しいと思われます。

「12月までは普通に釣れてたんですけど」

多くの釣り人がこう言います。
確かに、一般的なタックルで、一般的な釣り方でも、12月中旬頃までならそこそこ楽しめるはずです。

問題はその先。
メバルの様子は明らかに変わってきます。
そして、釣り方によっては50:1なんて大差が当たり前になります。

カヤック仲間の依頼で、マンツーマンレクチャーに出かけたのは、先週の大雪前。
余程釣れていないのか、有名な釣り場なのに貸し切り状態。
気温は氷点下5度。

今までの釣り方は封印。
全く異なる釣り方に戸惑いながらも、2投目でバイトを捉え、3時間後には基礎をほぼマスターしてくれました。
何匹かバラシたあとのファーストフィッシュ。
嬉しそうです。

img_0118

あとはタックルの見直しかな?
自分なりに応用すれば、どんどん引き出しを増やせることでしょう。

「こんな釣りもあるんですね」

あるんです。

激シブほど楽しい

2018 年 2 月 14 日 Comments off

連休からずっと雪が降り続けているので、今週は一度も釣りに行けてません。
釣りたい魚はいろいろあるのですが、メバルもやっと産卵終了の気配で、早めに産卵を終えた個体は、体力も回復してコンディション良好です。

3桁釣果なんて釣り場もあるようですが、誰も居ない激シブ釣り場が最高に楽しいです。
あの手この手を駆使して、始終集中する釣りでなくては、何一つそこから得られるものはありません。
何も考えなくても入れ食いの釣りなど、飽きるだけ。
そんな、自虐的な、追い込まれる釣りがしたいので、敢えて激シブ釣り場へ向かいます。
サイズも数も関係ありません。20~30匹も釣れてくれれば十分楽しいのです。

大人気のドリップでソークされたワーム。
確かに良く釣れるし、自分も何種類か持ってますが、誰もが使えば、さすがにメバルもスレます。
あの匂いがしただけで、メバルは「危険」を感じて警戒しているかもしれません。
メバルの学習能力の高さは、今更言わずもがなです。

そんな中で最近好調なのが、パドルテール。
メバル用のパドルテールはそれほど種類が多くないので、あまり使う人が居ないのでしょう。

img_0145

あと最近のヒットワームは、昔使っていたエコギアのシラス。
ピンテールの動きがメバルにとっては新しいのかな?

容易に反応しないメバルの口を使わせる釣りと、誰も使ってないワーム。
今はこの組み合わせが最高かも。

ぼちぼち

2018 年 2 月 6 日 Comments off

メバルもぼちぼち飽きてくる頃です。

他に冬の釣りものと言えば、カレイ。
この時期の陸奥湾は、どこでも良型のマコガレイとクロガシラガレイが狙えます。
超寒いけど。

今期もぼちぼち好調。
サイズは今のところ34~35cmが最大ですが、釣れれば30cm級で、身の厚いプリップリ。
抜きあげに躊躇する重さです。
食味も、春~初夏ほどではありませんが、煮付けや焼き物が最高です。
海辺に住んでいるなら、寒の浜干しなんか最高でしょうね。

image1

たかが投げ釣りと侮ることなかれ。
時間帯や仕掛け、エサ、誘いなど、釣るためにはいろいろとクリアーしなければならないことがあります。
実際、同じ釣り場でも去年と今年では傾向が違うため、仕掛けにはちょっと工夫が必要。
今期はカニさんとエビさんが少なめなので楽ですが、ハゼは相変わらず多いです。

昔は普通だったカレイ釣りも、最近はほとんど釣り人を見かけないので、大釣りの確率は高いです。

関西方面から、キジハタジギング用で受注が一気に増えたSBフック
いつもより少し早いですが、今期分の販売を開始いたしました。
マダイにも効果的ですが、キジハタ狙いには、もはや欠かせない存在です。

こちらもどうぞ

2018 年 2 月 3 日 Comments off

釣りやカヤックとは関係ありませんが・・

全自動洗濯機のセルフ修理&清掃のお話です

思っていた以上にすごい反響です(笑)。