アーカイブ

2016 年 7 月 のアーカイブ

みなさん好調です

2016 年 7 月 22 日 Comments off

個人的にやや食傷気味のマダイなので、ついつい他の魚に走りがちですが、皆さんの釣果写真を見せつけられると、やはり行きたくなっちゃいます(笑)。大型マダイのファイトは病み付きになりますからね~。青森の釣りはマダイに支えられていると言っても過言ではありません。

仲間たちはいいサイズばかり釣ってます。しかも多い人だと5枚以上(カヤックに積めません・・)。

img_37881img_3789

待ちに待った、超大型サイズの季節に突入したようだし、ヒメマスも終わったので、またマダイに本腰を入れることにしましょう。

img_3840img_3841

今年は新しいポイントも増えたので、その調査もあり・・いろいろやりたい事がありすぎです・・。

img_3842img_3843

基本的に流し釣りのカヤックは、この季節の湾内、ノシ周りでもメタルジグで普通にマダイが釣れます。というより、エサより釣れるマダイのサイズは明らかに大型です。
この時期の鉄板ルアーは、今期もまたムラジグとシーライドですね。
ノシ周りの80オーバーは、障害物を交わさないと捕れません。
時には強引なファイトも必要です。 

シーバスも大型連発してるしなぁ~。

さて、困った。

ちょいハマリ

2016 年 7 月 22 日 Comments off

やり始めると、ついつい熱中してしまう悪いクセは、今も昔も変わらないようです(笑)。
30年振りのライギョは、昔とタックルもルアーも大きく変わり、自分にとってはとても新鮮な釣りでした。
しかも1時間も時間があれば楽しめるし、カヤックで浮けない天候でも遊べるので、最近は車にタックルを常備。
時間を作ってはちょいちょい出かけて遊んでます。

とは言う物の、タックルは相変わらず専用ではなく代用品。リールもシーバス用です。一緒に始めた仲間も、多くが代用タックルで、ブランクにタコのマークが付いていたりします(笑)。
雷魚アングラーの方には叱られるかもしれませんが、ビギナーなので何とぞお許し下さい。

釣果のほどは?というと、雷魚のご機嫌次第ですが、調子が良ければ2時間で4~5匹ほど。下手っぴなので、バコッ・・と出る数の半分程度かそれ以下しか捕れてませんが・・。

img_3813img_3833img_3779

初心者なりに十分楽しめてます。
今のところ最大は75cmで、ほとんどが60cm台。それでも自分がキャストしたカエルに反応してくれれば楽しいのです。

img_3817img_3826

何にでも反応してくれそうな雷魚だから、百均からこんな物を見つけてきてルアーを作ってみたり(笑)。
夏限定ですが、なんか楽しいです。

img_3801

夜の部のナマズ君も、ちゃんと遊んでもらってます。

img_3768

ヒメマス終了

2016 年 7 月 21 日 Comments off

7月11日からの十和田湖特別解禁も昨日20日にて終了。
銀ピカの美味しいヒメマスが釣れるシーズンも、実質終了です。

6月までの解禁期と、特別解禁と・・今期はヒメマス釣りを勉強したくて、足繁く十和田湖に通いました。解禁日だけ・・と思っていた特別解禁も、結局3回も行ってしまいました(笑)。

img_3618

ヒメトロとかスプーンとか・・そんな格好いい釣り方ではなく、十和田湖ではごく一般的な、「サビキ」を使った釣りです。
しかし、たかがサビキ釣りと侮るなかれ、刻々と変化するポイントやタナはもちろん、仕掛けやオモリ、取り込みなど、どれひとつ欠けても数を伸ばせないとても奥の深い釣り。常にリミットメイクするにはそれなりのコツと慣れが必要です。

そしてこの釣りの最大の特徴は、サビキ仕掛けを下げながらスローで移動する・・・という、言うなればサビキトローリングが主体になるという点。
ヒメマス自体はとても遊泳力があり、かなり高速に機敏に泳げる魚ですが、サビキトローリングでベストなスピードは個人的な感覚では時速1km以内。0.5ノット程度のスピードで移動するには船外機では難しく、エレキを使って釣りをする人も少なくありません。
そう言う意味では、前後に自由に、瞬時に、しかも極めて静かにデッドスローの移動が可能なカヤックは、ヒメマス釣りでもまた最強のアイテムと成りうる・・というのが今期の結論です。強風時の絶妙なスピード調整もカヤックならお手のもの。

さまざま使ってみたものの、最終的に市販の仕掛けはカヤック(十和田湖)には合わず、自分の釣りができなかったので、仕方なく自作することに。その仕掛けもまたハリのサイズや形状、仕掛けの太さ、ハリ間など何度も改良を重ねてカヤックに最適のものが完成しました。

img_3808

この仕掛けのおかげで、悩みまくったバラシの多発も少なくなり、トラブルも激減。更にはヒメトロの要素も盛り込むことで、デッドスロートローリング時の釣果が飛躍的にアップしました。

特別解禁期間3回の釣果は、全てアッサリとリミットメイク。25cm以下は放流して、尺絡みサイズ以上をキープする・・という余裕まで生まれました(今期最大は35cm。一度の釣行で33cm前後が5~6匹混じりました)。
カヤックの釣果に、駐車場の管理人さんもビックリ。
現地で話しかけてくる釣り人も少なくなく、カヤックヒメマスは注目の的・・になりつつあります。

img_3828img_3786

ヒメマスは下手に調理するよりも、生が一番美味しい魚。
それでも冷蔵で保存できるのは2~3日が限界なので、1食分ずつに小分けして冷凍保存。

img_3829

とても贅沢な話ですが、我が家は、ここしばらくほぼ毎日のようにヒメマスの刺身です。
全身トロのヒメマスの切り身を、30秒ほど酢に浸してからワサビや生姜、ニンニク醤油で食す。
これが最高です。

もう釣りは出来ませんが、来期のために魚探だけをセットしてポイント探しの目的でツーリングするのも楽しいかなと思い、近々実行予定です。

秋に釣れる産卵直前のヒメマスは基本的に釣りませんが、解禁直後に限り婚姻色の出ていないヒメマスが沖で狙えるらしいので、もう一回だけ浮いてもいいかな?

作業船の釣り

2016 年 7 月 5 日 Comments off

最近、何度かホタテ作業船に乗せていただき、朝方1時間程度のマダイを楽しんでいます。

釣ることも目的のひとつですが、主な目的はマダイの付き場を確認することと、養殖棚の仕組みを詳細に知ること。
ノシ周りの釣りではノシの構造を知っているかどうかで釣果に大きな差が付きます。
釣りをしながらの観察ですが、とても勉強になります。
ここで勉強した事は、全てKFにフィードバックです。

良く耳にする、「マダイが水面に浮いて海が真っ赤になる」という状況には残念ながらまだ遭遇していませんが、毎回確実に釣果は伸びています。
様々な方面から情報をいただき、仕掛けもいろいろ工夫したのですが、下手な考え休むに似たり。自分の場合、一番釣れるのは、やはり慣れたジギングみたいです。軽い仕掛けで落とし込んだり、エサを使うなど、効率の悪い方法よりも、マダイの活性をコントロールできるジギングが自分には向いています。
ノシ周りのカカリ釣りはエサ・・・というのが一般的ですが、カカリ釣りでもジギングに分がある事は少なくないと思います。 

1時間ほどの釣りですが、毎回6~7ヒットはあり、あとは取れるかどうか?という感じ。時間が無いのでフルドラグで強引な釣りを強いられますが、それはそれで楽しいものです。
釣れれば殆どが4㎏オーバー。5㎏クラスも多く、長さにすれば80cm前後です。

ヒットルアーは今期絶好調のムラジグ40g タチウオカラー。春先から随分良い思いをさせてもらってます。シーライドもかなり良い仕事をしてくれるのですが、短時間勝負では沈みの遅さにイライラします。

新品のフックも、大鯛が6~7枚ヒットすればこの通り。

img_3728img_3732

次のためにフックはすぐ交換。

広がる可能性

2016 年 7 月 2 日 Comments off

べた凪に恵まれた今日は、夜明けから仲間達とKFを楽しんできました。

メーンターゲットはマダイですが、根魚もヒラメもアジも・・何でも釣れれば楽しいのです。

img_3712img_3716img_3719

img_37221

マダイは相変わらず良型です。

以前から調査したいと思っていた新たな海域に浮いた仲間もしっかりと本命をゲット。

img_3723img_3724img_3725

しかもこちらも良型ばかり。

これでKFのマダイポイントは大きく拡大。今後、調査を繰り返すことで可能性は無限に拡がってゆきます。

陸奥湾のポテンシャルの高さもまた、無限大。

img_3721

アジが大漁の今年は、KFの都度アジだけはキープしてきました。刺身、ナメロウ、タタキ、フライ、焼き物・・・など、調理方法を変えて美味しく頂いてます。今回は今まで捨てていた中骨で骨せんべいにチャレンジ。これが一番旨いかも(^_^)V

30年ぶり

2016 年 7 月 1 日 Comments off

実に30年ぶりにライギョと遊んできました。

暑くてクラクラしましたが、トップの釣りはやはり楽しいですね。

青森のライギョは、40年ほど前に秋田の千秋公園から明神沼に移植されたのが起源。そこからあちこちに移植され、今ではちょっとした小さな野池にも生息しています。しかも、全国的に見て、青森のライギョは大型みたいです。
バスは32年前、青森市の謀大学の学生さんが、熱帯魚屋で仕入れた個体を野木和に放流したのが最初。こちらもアッというまに広範囲に広まりました。
もともと戦後の食糧難対策で移入された魚。それが今では害魚という不当な扱いです・・・。

下手っぴなので、うまくフッキングさせられたのは1匹だけ。

img_3698img_3702

70cmほどですが、30年振りのライギョは楽しかったです。
昔は専用タックルが無かったので、ダイワの船竿「剣崎250号」と「かへるくん」の組み合わせで大堤に通ってました(笑)。