アーカイブ

2015 年 11 月 のアーカイブ

カーボンムスタング復活

2015 年 11 月 26 日 Comments off

コスパの高さで大人気のアクアマリン ムスタング(カーボン)。
諸事情により、しばらくの間供給が止まっていましたが、この度ジョイント部がレバーロック式(非接着型で容易にパーツ交換可能です)に変更されて復活となりました。

ジョイントの変更に伴い、価格はストレートが税別27000円、ベントが28500円と、1000~2000円ほど値上がりしておりますが、それでもカーボンパドルとしては格安と言えるでしょう。

mustang-straight

mustang-straight-03

ご注文から3日ほどで取り寄せが可能です。
在庫が無くなる前に早めのご注文をおすすめいたします。

2時間勝負

2015 年 11 月 25 日 Comments off

この季節だから仕方がない・・と言えばそれまでですが荒天が続いています。
これからの季節、丸一日カヤック日和という日は期待できないので、天気図と睨めっこしながらの短時間勝負が多くなります。
今日は午後から風が落ちる予報。
今日を逃せば、また明日から大荒れです。

というわけで、午後から久しぶりのメバル狙いで浮いてきました。

シーアンカー無し、クーラー無し、ランディングネット無し・・という必要最小限の装備。タックルもベイトタックル1組、メタルジグも使いそうなところを2、3個だけ積んでの出艇です。

なんたって短時間勝負。他のポイントには目もくれず目的のポイントへ(笑)。
10月は良型が入れ食いだったポイントですが、しばらく攻めていないので状況は全くわからず。

やはり以前と同じようには釣れず、パターンを見つけるのに苦労しましたが、分かってしまえばこちらのもの。
メバルは最大で29cmが13匹、アイナメは最大50cmオーバーが6匹。
正味2時間弱の釣りを考えれば大満足の釣果です。

ただ、アイナメは産卵直後のようで、見た目にお疲れ様・・な感じなので全てリリース。

img_2826

メバルも抱卵したママは全てリリーして6匹だけキープしました。

img_2829

しかし、我が家にこのサイズのメバル6匹は多すぎ。
2、3匹で十分だったなぁ・・・。
深く反省。

たった2時間ですが、楽しかったなぁ~。
13時出艇の15時帰着。そんな手軽な釣りが楽しめるのもカヤックならではですね。

完全防水・透湿ソックス

2015 年 11 月 24 日 Comments off

ウェーディング時、低温時のカヤックフィッシング、冬季のメバリング・・・いずれもブーツ(ウエーダー)の中の水濡れや、冷たさが気になりますよね。
ネオプレーンソックスは何足も持ってますが、そのどれもが防水ではなく、しかも蒸れやすいという欠点があり、氷点下ではさほど温かいとは言えません。
そんな悩みを解決してくれたのがDex Shellの100%完全防水・透湿ソックスでした。

img_2822

見た目は普通のコットン手触りの靴下です。
4~5年前の国際フィッシングショーで出会い、一目惚れして、無理を言って現場で購入(展示場での販売は通常はしません)した一足。
ウエーディング時の快適さは言うに及ばず、カヤックフィッシングではブーツに水が入っても足が濡れることはなく、冬季のメバリングは普段履いている靴下の上に重ね履きすれば、足もとの冷たさは劇的に解消されます。
夏場を除く全てのシーズンで自分の釣りには無くてはならないアイテムのひとつです。

写真でお分かりのように、4~5年使ったソックスは色も褪せ、カカト部分が擦れて表面生地が薄くなってしまいました。まだまだ使えるのですが、新しいのが欲しいなと思いネットで調べてみると、デザインがすっかり変わり、オシャレになっていました(笑)。

http://www.trisports.jp/?q=brand/node/7636

価格的に手頃なモデルもあるようですが、やはり暖かさや耐久性で選ぶならこれでしょうね。

http://www.trisports.jp/?q=catalog/node/7682

ソックスにしては高価ですが、ゴアテックスソックスを買うと思えば大差はなく、高機能な上に5年も使えるのですから、主観的には安いんじゃないかなと思います。

このソックス、カヤックフィッシングに限らず釣り師御用達と言ってよいほどのおすすめ品です。
ちなみに宣伝ではありませんよ(笑)。使えるものはどんどん紹介したいだけです。

ハイコストパフォーマンス

2015 年 11 月 18 日 Comments off

20年ぶりに購入したシマノ製リール ストラディック3000C。
購入してからメバリングとアジングを中心に20回ほど使用しました。
箱を開けた時のままの使用感・・・を謳うリールなので、敢えてノーマルのまま使用し続けてみましたが、大きなトラブルも無く快調です。
実売2万円以下のリールとしては、ハイコストパフォーマンスと言えるのではないでしょうか。
初心者と言えども、このクラスのリールを是非使って欲しいですね。

問題がひとつあるとすれば、常に潮を被っているラインローラー。
気になるほどではないのですが、大きな負荷が掛かると音がします。
ですから、この部分だけでも定期的なメンテ、注油は必要かもししれませんね。

実はこのリール、ラインローラーとボールベアリングが一体になっていて、ベアリングだけ交換・・という事ができません。

img_2792

よって、ペアリングが錆びてしまえばローラごと交換になります。そのコストは約2000円。けっして安いパーツではないので、やはりラインローラー部分のメンテは早めのほうがいいでしょう。

今のところメバリング専用ですが、私のお気に入りリールのひとつです。2500Sの替えスプールまで購入し、フロロとナノダックスを巻いて状況によって使い分けています。

(12/04追記)
*メーカーサイドによると、ラインローラー部分はコアプロテクトで防水処理されているので外さないでくださいとのことでした。もし錆びたら無償交換してくれるのかな?

ここ一週間の総まとめ

2015 年 11 月 15 日 Comments off

この季節になると、カヤックの経験が無い方から「いつ頃まで浮くんですか?」という質問をよくいただきます。
具体的にいつまで・・という返答はできないのですが、今年は気温が高めの日が続いているので、まだまだ浮けそうな気配です。自分は出艇場所と駐車場さえ確保できれば真冬でも関係なく浮いてますが(笑)。

ここ最近は風が強い日が多く、なかなか浮けてませんが、それでも仲間達は凪ぎ間を狙ってカヤックフィッシングを楽しんでます。主に陸奥湾内ですが、サワラやワラサ、サバなどの青物の他、まだまだマダイも狙えるし、上向いてきた根魚類を狙うのも楽しいと思います。

青森港や夏泊方面で釣れ盛っているのがサバとサワラ。

img_2777img_2788img_2786

サゴシサイズも釣れますが、80~100cmの立派なサワラサイズがドキドキのファイトを楽しませてくれます。
ワラサは50~60cmの、いわゆる「イナワラ」サイズですが、体高が張り肥えた魚体の走りは強烈。60cmクラスでもカヤックのライトタックルゲームなら存分に楽しめるターゲットです。

img_2789img_2778

マダイも青森港沖は復活の兆し。水深20m程度の浅場でまだ釣れています。それほど大きくはありませんが、時期的に脂の乗った食べ頃サイズです。

img_2790img_2785img_2781

更に、今日はこんな立派なシーバスも釣れていました。何故かジギングでヤリイカも(笑)。

img_2787img_2780

青物主体ですが、最近の仲間達の釣果は凄まじいものがあります。鳥山を散らさず、沈めず釣りが楽しめるカヤックフィッシングならではの釣果ですね。

img_2774img_2775img_2776

このところ一週間ほど天気の様子を見て、浮けない日はアサリングなど楽しんでいた自分ですが、今日は久しぶりに遠来のお客様を乗せてタンデムで出艇。アシストがメーンでしたが近場の青森港でも存分に魚のファイトを楽しむ事ができました。

活躍してくれるのはこれ。ワイヤー仕様のSBフックハイパー。大型のサワラがヒットしてもルアーのロストを最小限にくい止めてくれる強い味方です。

img_2773img_2784

お茶濁しのアサリングは・・こちらも好調で2時間3㎏ペース。磯のアサリはこの時期でも痩せていないので、独特のぷりぷり感を楽しむことができます。

img_2771

朝方は寒いけど、日中は暑いくらいの日が続いています。まだドライスーツの出番が少ない今期は、まだまだKFシーズンが続きそうです。

3ポイント追加

2015 年 11 月 10 日 Comments off

「艇の素」web版に3ポイントを追加いたしました。
現在69ポイントです。

ポイント一覧が五十音順になり見やすくなりました。

大失敗・・

2015 年 11 月 10 日 Comments off

微妙な風予報だったし、雨模様なので本日予定していたKFは昨晩あきらめたのですが・・・朝起きてみると風も弱めで雨も止んでました・・。
大失敗。
明日はまた風が強いしなぁ・・。
次のチャンスは絶対浮きます。

先日、近くのショップさんに立ち寄った時のこと。

「田澤さんの大好きなツインビームが生産終了みたいですよ」

というショックな告知。

ダイワ月下美人ツインビーム・・こんなに釣れるワームが無くなるなんて・・・。

img_2750

「売れる」と「釣れる」は別物。どんなに釣れるルアーでも売れないものは淘汰されます。
まだ手持ち在庫はあるけど、店頭から無くなる前に確保しておかなければなりませんね。
残念です。

さて、ぼちぼちアサリングの季節ですね(笑)。
今年は夏の間にコツコツとポイント開拓をしておいたので、マル秘ポイントがたくさんあります。
カヤックから陸を眺めると、アサリングポイントはとても見つけやすく、怪しい場所にはすぐに上陸してアサリの存在を確認できるという利点があります。

熊手と穴あきバケツとゴム手袋に小型クーラー・・そろそろ準備しておこうと昨シーズン使用したものを物置小屋からゴソゴソ引っ張り出してみました。
すると・・・熊手1号と2号が無惨にもボロボロに錆び付いていました(泣)。100均商品なので仕方ないのですが・・・。
そこで新たに4号と5号を新調(ホームセンターで購入したちょっと高級な3号は健在)しました。

img_2749

潮干狩りシーズンになると、100均の熊手は品薄になるので、早め早めの準備が必要です。
まだ水温が高めなので貝毒が恐いですが、近々初掘りに出撃予定です。

恒例噴火湾サケ弾丸ツアー

2015 年 11 月 8 日 Comments off

もう10年も続いているこの時期恒例の噴火湾サケ釣り遠征。
日帰りで、しかも格安に噴火湾のサケと遊ぶという弾丸ツアーです。
最初の頃は5~6人でしたが次第にリピーターが増えて、今では遊漁船を2艘チャーターしても足りないくらいの大人数になってしまいました(笑)。

そんなこんなで今年も青森からは16名の大移動。この人数になると幹事も大変なのですが、恒例のお祭りは今後もずっと続きそうです。

例年よりも早くサケが釣れ始めた今年は、10月末から連日のように好調が続いていました。
連日叩かれるのですから、さすがのサケも警戒心が強くなりスレてきます。
船頭さん曰く「そろそろヤバイんだよなぁ・・・」
そんな一言に少々不安を抱きながらの出港となりました。

予報に反して風も弱め、波も気になるほどではありません。サケ釣りは「跳ね」を探さなければ勝負にならないので、波が高いと釣りにならない事もあります。
今回のポイントは出港場所から比較的近く、航行時間はいつもより短かったのですが、いかんせんなかなか跳ねがみつかりません。跳ねがあっても、なかなかヒットしてくれず、苦戦を強いられました。

それでも仲間達はポツポツとヒットさせ、前半戦で12名中8名が本命をゲットしていました。

img_2745img_2746

私はと言えば、アタリさえ無いまま4時間が経過。ボウズの予感プンプンです(泣)。

何かがいつもと違うのですが、それが何なのか答えがみつかりません。
そしてパターンがやっと掴めたのは開始から5時間後。そこから追い込みを掛けます。

最終5ヒット4ゲット。他の人とラインが絡んでバレた大きなメスは残念でしたが、納得できる釣果で終了することができました。

img_2747img_2743img_2744

帰宅後はすぐに下処理。
1.5㎏近いイクラは、醤油漬けと塩漬けに。
塩漬けは正月用に冷凍保存しておきます。

img_2741

参加の皆様、お疲れ様でした。
来年も一緒に楽しみましょう。

今月は青森もサケの最盛期。
河口規制の無い河川の河口域で、カヤックを使ったサーモンフィッシングにチャレンジ予定です。

ぱっとせず・・

2015 年 11 月 5 日 Comments off

潮が悪いですねぇ~。

一週間前まで絶好調だったマダイもサバもイナダも・・・どこに行っちゃったの?というくらい居なくなっちゃいました。
まぁ、それでも全く釣れないというわけではなく、ポツリポツリ・・。
来週からまた新しい潮になるので期待しましょう。

そんな感じでぱっとしなかった今週は、青森港周辺に2回浮く機会があったものの、ほとんどポイントの開拓と確認で終わってしまいました。

img_2718

ずっと気になっていた海域の調査は、宝箱のフタを開けるようでとても楽しいです。
釣れると分かっている場所よりも、釣れなくてもいいから、やがて爆釣をもたらしてくれるヒントを求める性格なのでリスクは覚悟の上。何故そこが好ポイントなのか?を自分なりに分析するのも大好きです。

こんな所に根があったのか・・とか、こんなところにマダイ?なんて新しい発見がたくさんありました。
中でも、いずれ確認しようと思っていて何年も経過してしまったヒラメポイントの確認ができた事が何よりも大きな収穫です。
そしてカヤックではまだ挑戦していない、新たなターゲットも・・。

沖をパドリングしながら、陸のチェックもしっかりやります。
怪しいポイントには上陸して調査。
見つけました、新しいアサリポイント(笑)。

img_2723

道具が無いので、手で少し掘っただけでザクザク。
ほとんど手付かずだと思うので、今冬が楽しみです。

こんな感じで魚の写真がほとんど無い今週でしたが、週末は恒例の噴火湾に行ってきます。
釣果は時の運。仲間20数名と楽しんできます。

ケムトレイル

2015 年 11 月 5 日 Comments off

今日の空、放射状に無数にのびる飛行機雲のような現象。

多くの方が目撃して写真に収めたと思います。

img_2732img_2733img_2734

これ、世界的に大問題になっているケミカルトレイル(ケムトレイル)ではないでしょうか?

ケムトレイルについてはググれは説明も動画もいくらでもヒットします。

真偽のほどは定かではありません。奇病を発生させる微生物・・etc。

効果があるかどうかは分かりませんが、外出時はマスクかな。