アーカイブ

2015 年 10 月 のアーカイブ

せっかくの飛び石連休ですが・・

2015 年 10 月 30 日 Comments off

天気は最悪ですね・・・。
果たして連休中に浮けるのでしょうか?
残り少ないKFシーズンですから、11月は有給休暇を消化してでも浮いちゃいましょう。

さて、今回はリールと魚探のお話し。
シーズンオフ間近となり、リールのメンテ依頼が増え始めてます。
潮を被りやすいKFで使用したリールは、完全に錆び付いてメンテ不能になる前に早め早めに手を打っておきましょう。

陸奥湾の養殖棚周りの流し釣りで大活躍するのがカウンター付きの両軸リール。カウンターがある事で、ロープ類への根掛かりによるルアーのロストも少なくて済むし、魚の反応に対してはダイレクトにレンジを攻められます。カウンターが有ると無いとでは、釣果はあきらかに違ってきます。
カウンター付きリールはいろいろありますが、今期仲間内で一番人気だったのがダイワの紅牙に代表されるICS(ICV)シリーズです。

しかし、このシリーズ、メンテにはちょっと欠点があります。
ベイトリールのメンテは、スプールを外して軸周りの清掃やグリスアップをするのが一般的ですが、ICS(ICV)シリーズはスプールの取り外しに問題があります。スプールの受け部分にあるICモジュール部分を外してスプールを外すのですが、組み立て時にこのICモジュールが正確な位置にないとスプール軸のセンターがズレてしまうのです。

img_2697

センターがズレているとどうなるか?
クラッチオフ時、メカニカルブレーキノブをユルユルにしないとルアーがスムーズに沈下しません。
負荷が掛かった状態でスムーズに巻けずガクガクします。
ドラグがスムーズに作動せず、ガクガクします。

つまり、最悪な状態です。

完全にセンターがズレていれば直ぐに異常に気づくと思いますが、厄介なのは微妙にズレている場合。
大物がヒットしなければ(高負荷にならなければ)、何となく違和感を覚えながらも普通に使えてしまいます。
しかし、次に使用する時、クラッチを切ってもスプールが逆転してくれないという症状が発生します。
何度か上げ下ろししているうちに使えるようにはなるのですが、その間に大切な時合を逃してしまうことになりかねません。

ご自分でメンテした後に以上のような症状に悩まされているならば、(組み立てさえ問題なければ)多くの原因がこのセンターズレです。
ICモジュールの取付は、実際にクラッチを切ってスプールを逆転させたりドラグを滑らせたりしながら、ベストな位置を探し出してからビスで固定するのが正解です。プラスティックハンマーなどを使って、少しずつ少しずつ調整するのが良いでしょう。
面倒で根気が必要な作業ですが、慣れれば割と簡単にできるようになります。

次は魚探のお話。

皆さん、魚探はしっかり使いこなしてますか?
いつも「オート」では、せっかくのチャンスを逃してしまいます。
釣りに行けない時は、何度も取説を読み直して、魚探の使い方を勉強するのも楽しいのではないでしょうか?

img_2700

特に「送りスピード」や「パルス幅」、「Aモード(HONDEX製品)」の設定は、直接釣果に大きく影響してきます。また、海底の状態を把握するためにも一次反射と二次反射、反射の強弱による色表示の違いなどは最低限理解しておきたいものです。水深を知るだけの道具として使うのは勿体ないですから。

復活!!

2015 年 10 月 28 日 Comments off

惜しまれながら休刊となった「ソルト&ストリーム」誌ですが、出版社が変わり季刊誌として復活することになりました。

20数年前、桃園書房から創刊された本誌。
桃園書房倒産の後は笠倉出版社が引き継ぎましたが、活字離れは釣雑誌も例外ではなく、惜しまれながら休刊となってしまいました。
現実的に「休刊」とは殆どの場合「廃刊」を意味します。
しかし、一度ならず二度までも復活を遂げたソルストは凄いとしか言いようがありません。

第一号は12月21日発売だそうです。

リニューアルを機に望むのは、メーカー依存の広告中心の雑誌にならないで欲しいという事。
多くの釣り雑誌が「広告雑誌化」した内容でマンネリ化してしまった現在、付録DVDなんて要らないので、釣り雑誌の原点に戻った「読んでためになる、正直な記事」に徹して欲しいなと願います。

オファーがあれば、私も全力で協力したいと思います。

まさかのツ抜け

2015 年 10 月 27 日 Comments off

久しぶりに風も落ち着き気温も高めの予報。
深夜2時過ぎまで仕事をしていたので、少々躊躇したものの、この好天を逃すのは勿体ない・・というわけで、仮眠もそこそこに青森港に浮いてきました。
と言っても自宅を出発したのはもうすっかり明るくなった6時過ぎ。準備を整えて漕ぎ始めた頃には、もう8時近くなっていました。

今時の青森港など、誰も見向きもしません。マダイ狙いのボートは、皆沖へ沖へと向かいます。が、実はまだマダイは浅場にたくさん居るのです。
水深20m以下の浅場のマダイ釣りは、静かに攻められるカヤックだからこそ成立する釣りと言って良いでしょう。

10分も漕げばポイント到着。
魚探はカタクチらしいベイトの反応で真っ赤っかです。
メタルジグを沈めて・・・しっかり魅せて・・・フォール・・・でガツン。

わずか30分ほどで3枚のマダイをゲット。
その後も釣れ続け、まさかのツ抜け。
11時までの3時間勝負は12枚の釣果でした。

img_2683

最大で63㎝ですが、浅場のマダイは格別なファイトで楽しませてくれました。

潮が変わり、マダイのバイトがあってもフッキングしなくなるとコイツが釣れてきます。

img_2659

カナガシラ。

カナガシラが居る場所はマダイのポイントでもあるのですが、コイツが釣れるようになったら終了です。

他に釣り船など1艘も居ない貸し切りのポイントで、ちょっと出艇して遊べる青森港は最高の釣り場。
だから遊び方もいろいろ。仲間はトップでワラサと遊んでいました。

今日は楽しかったなぁ。
おやすみなさい。

「艇の素」完成

2015 年 10 月 27 日 Comments off

ほぼ二年を費やしたKF POINT MAP 「艇の素」が、やっと完成いたしました。

teimoto

収録ポイント数66ヶ所(出艇場所)、収録座標データ300以上。過去データをギュッと凝縮してまとめあげた自信作。
特に十三湖と津軽半島は、これでもか・・というくらい詳細です。
今はまだ青森県の津軽半島を中心に、秋田の一部と湖沼だけですが、このスタイルをベースにして岩手、宮城、山形・・と成長させたいと考えております。

長らくお待ちいただいた皆様、ホントにお待たせしてしまいました。
ごめんなさい。

尚、年末特別セールにてJ-Force Kayakをご購入、ご予約の皆様には漏れなく無料でプレゼントさせていただきます。
これがあれば、もう釣れたも同然です。

収納の改造とケーブル取付

2015 年 10 月 25 日 Comments off

ソフトバスケットを使ってハッチの中に収納スペースを作る・・もはや自分の中では定番の艤装になりつつあります。
Angler410には角形大容量のバスケットを使用。

http://tazawa.ddo.jp/weblog10/?p=6348

20㍑近い収納スペースは、あれもこれもカヤックに積んでおきたい欲張りの自分には最高の仕様です。

今回はDuoのお話し。
魚探を変更してバッテリー仕様になったのに、未だにバッテリーケーブルの取付をしていないDuo。今のままでは新しい魚探が使えないのでケーブルの取付をし、ついでに容量不足が否めないリアコクピットのハッチ収納も容量アップすることに。

img_2663

今まで使用していたのが右の約7㍑のタイプ。これを左側の更に大きなタイプに変更します。いつものように高さを計測してカットし、折りたたむようにしてハッチから挿入し、内側で形を整えます。

img_2664

こんな感じで作業は簡単に終了。
しかし、作業をしながらふと思いました。
DuoのリアコクピットはAngler410よりも幅があり、角形20㍑のソフトバスケットでも余裕で入るスペースがあります。問題は挿入方法。もし6インチ径のハッチから角形パスケットの挿入が可能ならば・・・というお話です。
この部分にはバッテリーが入るため、できるだけ大きめの容量が欲しい。
実際にバッテリーを入れてみると、残されたスペースはそれほど広くなくやや不満。
というわけで、角形バスケットの取付にチャレンジしてみました。

img_2666

右が先ほど入れ替えしたばかりのバスケット。左が新たに準備した角形バスケット。容量の違いは一目瞭然。丸形よりも角形のほうが収納スペースに無駄が出ないので、何とか角形を取り付けたいものです。

まずは力ずくで・・・やはり無理があります。
いろいろ考えた末に、ちょっとした工夫で挿入可能な事が分かりました。

そんなこんなで無事取付完了。
満足の大容量スペース確保です。

img_2669

余った丸形バスケットは、フロントコクピットのハッチ標準の布袋をカットして取り除き、サクッと挿入しました。こちらも10㍑以上の容量があるので布袋より遙かに使いやすいはずです。

img_2671

電源ケーブルは防水カプラーを介してバッテリーに接続します。配線処理をしてこんな感じ。本当は小型のUSBモバイルバッテリーのほうが良いのですが、ケーブルとバッテリーで9000円ほど掛かります。冬を前に余計な出費は避けたいので、今回は手持ちのバッテリーで我慢です。

img_2674

HONDEXのケーブルは何故か白が+で黒が-なのでよく間違えます。今回もうっかりやっちゃいました(笑)。
バッテリーに接続したら、実際に魚探を繋いで導通をチェックします。

img_2675img_2677

ハッチ収納にバッテリーを入れた状態はこんな感じ。バッテリーが角形なので、収納も角形のほうがスッキリ収まります。

img_2679

これで収納の大容量化とバッテリーケーブルの取付は完了ですが、更にDuoを使いやすくするひと工夫。
ハッチからの吸水による内部への浸水対策に便利な「吸水セルローズ」。ビルジスポンジとして使用されている素材です。これをハッチの中の収納スペースに1枚。更にハッチの上に1枚置いておくだけで浸水が劇的に改善され、もし浸水しても収納内の物を濡らさずに済みます。

img_2680

100均の台所用品、スポンジ売り場あたりで見つけられると思います。

やっと・・・

2015 年 10 月 20 日 Comments off

次々と新しいデータが増えるために、なかなか完成に漕ぎ着けなかったKF ポイントマップ「艇の素」。
周囲の皆さんが忘れるくらい長い時間を費やしてしまいましたが、やっと校正段階に入りました。
画竜点睛を欠かないためにも、最後の詰めは大切。
最高の物に仕上げるべく最終作業をすすめております。

teitomo

計66ヶ所の海と湖沼の出艇場所、及び釣り場の解説。12魚種のターゲット別釣り場リンク、更には300ヶ所を超えるポイント座標など、製作開始当初とは比べものにならないくらいのデータを収録しました。
カヤック及び釣り関連の関係者から「カヤック本体より価値がある」と高評価いただいた逸品。
きっと皆様のKFライフのお役に立つと自負しております。

しかし、理由あって残念ながら非売品です。
配布は過去に藤崎倉庫からJ-Forceカヤックを新艇で購入いただいた皆様が対象ですが、データ収集及び写真利用等でご協力頂いた皆様には漏れなく配布させていただきます。また、開催中の「年末特別セール」でご契約いただいた皆様にも漏れなくプレゼントさせていただきます。
配布方法はデータ(テキスト中心ですので250MB程度です。自動起動ファイル同梱のisoもしくはimg形式ですので、ご自分でディスクに焼くこともできます)かDVD。また、当方のサーバーにもアップしますので(認証必要です)PCやスマホからの閲覧も可能です。

「艇の素」があれば、今日からでもカヤックフィッシングにデビューできます。
収録された座標を浮けない冬季の間にご自分の魚探にコツコツ打ち込む・・・なんて作業も楽しいのではないでしょうか。

尚、今回リリースする「艇の素」は初版のVer.1.0です。以後データが増える毎にバージョンアップしてゆく予定です。

KF日和

2015 年 10 月 18 日 Comments off

ず~~~っと浮けない日が続いた10月前半。
そしてついにKF日和が訪れました。
青物、マダイ、根魚と多彩な魚種が狙えるシーズン。皆さん、思い思いのポイントで出艇です。

自分はというと、前回のメバルの美味しさが忘れられず、陸奥湾でメバル&マダイ狙い。
マダイは30~35cmの小型が数枚と手の平サイズだけだったので全てリリースし、後半はメバル狙いに切り替え。

前回発見したメバルポイントですが、果たして今回は?
尺オーバーは出ませんでしたが、ほぼ入れ食い状態で時間が経つのも忘れて遊びました。

img_26471img_2643img_2644

同行した仲間も入れ食い。アベレージ27~28㎝(25cm以下はリリースしました)ですから、とても喜んでいただけました。
上がレッドで下がブルー。釣れるのはこの2種類ですが、9割方がブルーです。だから滅茶苦茶良く引くんです。

img_2648

水面下8mくらいからボトムまでが全てメバルの反応。通常、そんなポイントでは一流しでメバルはスレて釣れなくなります。しかし、そこは静かに釣れるカヤック。1時間でも2時間でも延々と釣れ続けてしまうのです。こういう釣りをすると、改めてカヤックの素晴らしさが分かります。

25cm以下リリース、リミット10匹に制限して本日同じポイントに浮いた仲間もこんな感じ。

img_2654

まさにメバルの聖域です。
しかも上の写真をよく見ていただければ分かると思いますが、キジハタも混じりました。
後潟沖の網で捕獲されているのは確認済みですが、実際に湾内で釣れたキジハタを確認できた貴重な1匹です。
船外機付きボートで走っていたら、絶対に発見できないポイント。カヤックは新ポイントの開拓に一役も二役も買ってくれます。

マダイ狙いの仲間も絶好調です。
秋田も陸奥湾も平舘も近場の青森港も・・・マダイのオンパレード。

img_2650

特に「チョイ浮き」で楽しめる青森港は70cmクラスも混じり二ケタ釣果が期待できます。

img_2653img_2652

やはりサイズはジギングの方が有利みたいですね。

さて、来シーズンに向けて、年末の大商談会を開催中です。ボーナスセール、ご予約ともにたくさんの特典を用意して皆様をお待ちしております。お問い合わせは以下のメールアドレスまで。

mail

原因

2015 年 10 月 12 日 Comments off

先週半ば頃からとても気になっていた事があります。
それは車内の異臭。
ゴミの臭いかな?と思い、ゴミを捨ててゴミ箱を洗ってみても異臭は消えません。

何の臭いなんだろ?と悩むこと暫し・・やっとその原因が分かりました。

リアラゲッジに積まれたカヤック用品。
二つ積んだ買い物カゴ(カヤック用具の荷物運びに活用)のひとつにそれは居ました。

うっわっ・・カメムシ・・・。

既に死骸でしたが、かなりの良型です(泣)。

そう言えば月曜、火曜と浮いた際、火曜日の出艇場所には確かにカメムシが居ました。
かなり気をつけてはいたのですが、いつのまにか車の中に侵入していたようです。
やられました・・。

すぐに処分して死骸があった付近にファブリーズ(笑)。ついでにアルコールで除菌。
嘘のように異臭は無くなりました。

ちなみにカメムシが好むのは白っぽい色です。その点、蜂や蚊とは真逆。
で、自分の車は白系・・。
皆さんもお気をつけてください。

追記

思い出したのですが、夏場、沖に浮いていてどこからともなく飛んできたカメムシがカヤックに舞い降りる・・・という事がありました。
陸からかなり沖合での出来事です。
どんだけ飛べるんだろ?
ちなみに自分のカヤックは淡色の白系・・・。

転じて・・

2015 年 10 月 12 日 Comments off

釣り仲間との話題はこのところの荒天のことばかり。こんなに天気が落ち着かない10月も珍しいですね。
長期予報では今週金、土あたりなんとかなりそうですが、あくまで予報は予報でしかありません。
年内にカヤックで浮けるのもあと数回。
浮ける時に浮かなくちゃ。

めっきりと陸っぱり通いが続くこの頃、一昨日も仲間とともに陸奥湾内で楽しんできました。
メバリングのつもりが、良型アジが釣れたのを機にアジングに転じ、熱くなってしまいました(笑)。
たかがアジ、されどアジ。
数を釣るためには刻々と変化するパターンにいかに追従してゆくかが全てです。
サイズはアベレージで20cm前後なので申し分ないのですが、口が柔らかいのでバラシも多く・・なかなか難しいのです。
二ケタ釣るのは結構大変です。

img_2640

ワームはやはり細めのクリア系が有利でした。

アジングが楽しすぎたので、クセにして昨夜も出かけてしまいましたが、強風のために苦戦。それでも何とか本命とその他諸々に遊んでもらい仲間と楽しい時間が過ごせました。

それにしても寒くなりましたね。
夜はもう防寒が必要です。

風が落ちたらリトライです。

トップ縛り

2015 年 10 月 10 日 Comments off

今秋は荒天ばかりで浮けない日が続きますね。
しかも潮回りも悪く、魚達は低活性。
全く良い事無しです。

それでも釣りがしたい自分は・・・
荒天でも強風でも遊べるポイントを選んで、メバリングで楽しませてもらっています。

確実に釣るならワームですが、それでは面白くないので今回はトップウォータープラグオンリーのトップ縛り。
小型ルアーケースに入れたのは数個のポッパーとペンシルだけ。他のルアーを持っていくと、釣れなければついつい使ってしまうので、敢えて逃げ道は無くします。自分を追い込む釣り・・それが楽しいんです。

潮やジアイで活性が著しく変化するのがメバル。今まで入れ食いだったのに、パタリとバイトが無くなり、その後はテコでも動かない・・なんて事は日常茶飯事。
シャロー狙いならば、本当は干潮時が良いのですが、釣り場に到着したのはもうすぐ満潮上げきりの最悪のタイミング。
ワームでも難しい時間帯なのに、果たしてトップに出てくれるのか?

ZBLポッパータイニーをセットして第一投。
幸先良くヒットしたのはクロソイ。
その後もルアーを追って水面をバシャバシャさせながら、次々にヒットします。
クロソイは満潮のほうがいいのかな?
通常、トップウォーターには大型がヒットする傾向が強いのですが、クロソイに限ってはそれは当てはまらず。サイズに関係なく食ってきます。

img_2619

しかし、予想通り本命のメバルが出ません。
先日良型を連発したポイントで粘りますが、釣れるのはやはりクロソイのみ・・。

メバルはたくさん居るはずなのに、潮以外にも何か条件が足りないみたいです。

そこで攻め方を少し変えてみます。
アクション、リトリーブスピード、ステイのタイミングと時間、トレースコース・・・などなど。
いろいろ試すうちに、やっとパターンが見えてきました。

そこから20cmオーバーの連発。

img_2628

水面を割る派手なヒットは夜でもハッキリと見えるのでエキサイティングです。
ショートバイトから次のアクションで食わせた時の快感。
トップ最高!!

でも、やはりカヤックで浮きた~い。