アーカイブ

2015 年 9 月 28 日 のアーカイブ

モヤモヤ解消

2015 年 9 月 28 日 Comments off

なんか風が強い日が多くて・・この先も同じような天候が続きそうな予報にウンザリです。
それでも浮いてないわけでは無いのですが、取り立てて御報告するような釣果はありません。
先日も結構な強風の中、単独で陸奥湾に浮きましたが、マダイ5ヒット2バラシ、ワラサ1匹、ホウボウ1匹にて終了でした。しかもバラした2枚のマダイは浅場でヒットした大型。捕れたのは深場の小型3枚(泣)。
やはり今時期の大型は20m以下の浅場に多いみたいです。40mになると、数は出ますが、大型の確率はグンと下がります。
まぁ、そんな感じですから、これからの本番に期待する事にしましょう。

そんな不完全燃焼のモヤモヤを解消するために、夜はメバリング。
遠くまで走るのも面倒なので、一番近い釣り場で遊んできました。

夕暮れからほぼ入れ食い状態ですが、サイズは小型ばかりでなかなか20cmを越えません。
40匹ほど釣って、最大は23cm。

img_2580

同じ釣り場でも釣れるパターンが全く異なり、完全な冬パターンでなければ釣れないポイントもありました。不思議ですね。
サイズの割にはパワーがあるので、十分に楽しませてもらいました。
他には30cm近いムラソイ。クロソイは何故か1匹も釣れませんでした。

スプリットショットも好きですが、メバリングは基本的にジグヘッドリグです。ジグヘッドもたくさんの種類がありますが、カルティバの「メバル弾丸」とマリアの「ビークヘッドⅡ」が大好きです。掛かり優先の時と、根掛かりが多いポイントでは前者、ボトムでの小細工が必要な場合と、大型狙いの時は後者を選択します。いずれもカエシは潰してバーブレス仕様にします。
メバル弾丸はそのままカエシを潰すだけですが(ホントはもう一手間掛けますが)、ビークヘッドは手間が掛かります。あの螺旋状のワームキーパー。自分のメバリングスタイルではあれが邪魔なのてす。

img_2585

だから購入後はペンチであのワイヤーを取り除く作業が必須です。ワームキーパーなんて要らないから、もう少し安くするとか、もう1本増やすとか・・してほしいですね。
そういう意味では初代のピークヘッドの方が良かったなぁ。

蘇生・・

2015 年 9 月 28 日 Comments off

久しぶりにやり甲斐のある修理でした。

シマノ08ツインパワー4000S。安くないリールですが、残念ながらハンドルを回すと「ガリガリ・・」です。
それにしても回転が異常でオシレートも挙動不審。しかも、分解中に気づいたのですが、ネジ類が締まってません・・・。

その理由はすぐに分かりました。
一度分解したみたいで、中の組み立てが滅茶苦茶。しかもあるはずのパーツが4点もありません。
ギアの組み込みが不適切で、ボディのネジをきっちり締めると回転しなくなってしまうため、緩めに締めてたというわけです。
もしこの状態で実際に釣りに使っていたのなら、それはそれで凄い話です。

更に・・・ベールのキックアームにヒビがあり、ラインローラーがしっかり固定できなかったためか、瞬間接着剤を流した形跡が・・・。ヒビ割れに瞬間接着剤・・・安易過ぎます・・。
もはやラインローラーとベールも全滅です。

幸い08モデルはまだパーツが入手できるので、早速注文。交換するベアリングも含めて計16個、1万円近いパーツ代となってしまいましたが、見事に復活・・いや、蘇生しました。

img_2582

リールの修理は簡単そうですが、完璧な修理となると誰でも出来るわけではありません。工具やオイルも適当な物では役に立たず、ギアの噛み合わせやBBのセンター出しなど、経験が無ければ無理な作業もあり、仕上げの調整はとても難しい作業です。
前より悪化した・・・という事にならないように、ラインローラーとハンドル、スプールのメンテ程度に留めておくのが無難です。