アーカイブ

2015 年 9 月 のアーカイブ

はぁ~・・・

2015 年 9 月 30 日 Comments off

予報だと来週火曜まで大荒れですね。
カヤックはおろか、おかっぱりのメバリングさえ怪しい天候です・・・。

ストレス溜まるなぁ~(泣)。

モヤモヤ解消

2015 年 9 月 28 日 Comments off

なんか風が強い日が多くて・・この先も同じような天候が続きそうな予報にウンザリです。
それでも浮いてないわけでは無いのですが、取り立てて御報告するような釣果はありません。
先日も結構な強風の中、単独で陸奥湾に浮きましたが、マダイ5ヒット2バラシ、ワラサ1匹、ホウボウ1匹にて終了でした。しかもバラした2枚のマダイは浅場でヒットした大型。捕れたのは深場の小型3枚(泣)。
やはり今時期の大型は20m以下の浅場に多いみたいです。40mになると、数は出ますが、大型の確率はグンと下がります。
まぁ、そんな感じですから、これからの本番に期待する事にしましょう。

そんな不完全燃焼のモヤモヤを解消するために、夜はメバリング。
遠くまで走るのも面倒なので、一番近い釣り場で遊んできました。

夕暮れからほぼ入れ食い状態ですが、サイズは小型ばかりでなかなか20cmを越えません。
40匹ほど釣って、最大は23cm。

img_2580

同じ釣り場でも釣れるパターンが全く異なり、完全な冬パターンでなければ釣れないポイントもありました。不思議ですね。
サイズの割にはパワーがあるので、十分に楽しませてもらいました。
他には30cm近いムラソイ。クロソイは何故か1匹も釣れませんでした。

スプリットショットも好きですが、メバリングは基本的にジグヘッドリグです。ジグヘッドもたくさんの種類がありますが、カルティバの「メバル弾丸」とマリアの「ビークヘッドⅡ」が大好きです。掛かり優先の時と、根掛かりが多いポイントでは前者、ボトムでの小細工が必要な場合と、大型狙いの時は後者を選択します。いずれもカエシは潰してバーブレス仕様にします。
メバル弾丸はそのままカエシを潰すだけですが(ホントはもう一手間掛けますが)、ビークヘッドは手間が掛かります。あの螺旋状のワームキーパー。自分のメバリングスタイルではあれが邪魔なのてす。

img_2585

だから購入後はペンチであのワイヤーを取り除く作業が必須です。ワームキーパーなんて要らないから、もう少し安くするとか、もう1本増やすとか・・してほしいですね。
そういう意味では初代のピークヘッドの方が良かったなぁ。

蘇生・・

2015 年 9 月 28 日 Comments off

久しぶりにやり甲斐のある修理でした。

シマノ08ツインパワー4000S。安くないリールですが、残念ながらハンドルを回すと「ガリガリ・・」です。
それにしても回転が異常でオシレートも挙動不審。しかも、分解中に気づいたのですが、ネジ類が締まってません・・・。

その理由はすぐに分かりました。
一度分解したみたいで、中の組み立てが滅茶苦茶。しかもあるはずのパーツが4点もありません。
ギアの組み込みが不適切で、ボディのネジをきっちり締めると回転しなくなってしまうため、緩めに締めてたというわけです。
もしこの状態で実際に釣りに使っていたのなら、それはそれで凄い話です。

更に・・・ベールのキックアームにヒビがあり、ラインローラーがしっかり固定できなかったためか、瞬間接着剤を流した形跡が・・・。ヒビ割れに瞬間接着剤・・・安易過ぎます・・。
もはやラインローラーとベールも全滅です。

幸い08モデルはまだパーツが入手できるので、早速注文。交換するベアリングも含めて計16個、1万円近いパーツ代となってしまいましたが、見事に復活・・いや、蘇生しました。

img_2582

リールの修理は簡単そうですが、完璧な修理となると誰でも出来るわけではありません。工具やオイルも適当な物では役に立たず、ギアの噛み合わせやBBのセンター出しなど、経験が無ければ無理な作業もあり、仕上げの調整はとても難しい作業です。
前より悪化した・・・という事にならないように、ラインローラーとハンドル、スプールのメンテ程度に留めておくのが無難です。

釣果いろいろ

2015 年 9 月 25 日 Comments off

遅ればせながらSW最終日の仲間たちの釣果を報告いたします。

潮が新しくなった直後、急に魚の動きが活発になりました。
まずは西海岸。まだ本格的とは言えませんが、これから11月に掛けてのメーンターゲット、キジハタが上向き傾向です。

img_2560

南下するほど型は良いので、狙い目は深浦~岩崎かもしれません。

十三湖のシーバスはまだ湖内にたくさん残っているようです。台風が来て水が出れば一気に下ると思いますが、当分その気配も無いので暫くは湖内が狙い目になるでしょう。

img_2558

50cmクラスの小型も居ますが、概ね70~80cmがアベレージサイズです。
回遊コースもベイトも変わってきましたので、今後はポイントの選択と釣り方が釣果を左右すると思われます。

23日のハイライトはこれ。海峡で釣れたメーターオーバーのヒラメです。

img_2554

このクラスになるとカヤックでの取り込みはいろいろ大変だったようです。大きめのランディングネットの他、フィッシュグリップはやはり必需品ですね。

陸奥湾のマダイはサイズも数も日毎に上向き傾向。来月から11月中旬まで楽しめると思います。

23日は陸っぱりも良かったみたいです。
七里長浜に向かった仲間は70cmオーバーのシーバス、50cmオーバーのヒラメの他、青物までいろいろ釣ってました。特にヒラメは数も多くなり、秋の本番を迎えた感じです。

アオリイカは予想通り今期も希望薄。これで3年連続の不漁確定です。
残念!!

今期のイベントは全て完了しました

2015 年 9 月 24 日 Comments off

「2015べじまつり」からオファーいただいた今回のカヤック体験イベントですが、最終的には県の「海の勉強会」とのタイアップになり・・・何がどうなったのかよく分かりませんが・・・我々はいつものように参加者を乗せて指定されたコースを巡り、皆さんに楽しんでいただくというのが使命です(笑)。

そんな分けでA-FACTOTY脇の人工干潟に集合。いつものように準備を始めます。

fkc2635

余談ですが、この干潟はTVのダッシュ海岸をちょっと意識して作られたもの。最初は上手くゆくのかな?と疑問でしたが、年々魚が増え、フグやタナゴ、クロダイ、メバル、カワハギ、メジナ・・・などなど、たくさんの魚が生息するようになりました。今回は水中カメラを設置して生物を観察できる状態でしたが、見ていて飽きませんでした(笑)。

事前打ち合わせでは午前と午後各30組、計60組に乗っていただく予定でした(6艇で廻すにはこれでもかなりハード)。ところがフタを開けてみると当日の参加希望者が次々と・・・行列ができるほどの大盛況です。

fkc2653fkc2661fkc2672

fkc2681fkc2690fkc2699

最終的には午前40組、午後43組と大幅なオーバー。それでもまだお断りした方が居るほどでした。せっかく来ていただいたのに乗られなかった方、本当にごめんなさい。
驚いたのは女性率の高さ。全体の6割以上が女性でした。
新しいものに対するチャレンジ精神は、女性のほうが旺盛なのかもしれませんね。

fkc2701fkc2714img_2551

img_2556fkc2674

何よりも晴天微風に恵まれた今回は、安全面に関しては微塵の不安もなく、参加スタッフもとても楽しめたイベントでした。中には一人で15組、時間にして3時間半以上を一人で漕いだスタッフも居ましたが、それでも始終笑い声が絶えないとても楽しいひとときでした。

ご協力いただいたK-LINEの素晴らしい仲間達には心から感謝いたします。
今年のイベントはこれが最後ですが、来年もまた引き続きお付き合いいただければ嬉しいです。

当初は白い目で見られがちだったカヤックですが、今年に入ってからは一気に市民権を得始めた感触を得ています。来期は青森港を活用したカヤックレジャー構想も浮上しており、今後がますます楽しみです。

photo by K.Fukushi

メバルも上向いてます

2015 年 9 月 22 日 Comments off

最近、夜はちょこちょこメバリングを楽しんでました。
晩酌をしない私は、夜になると暇をもてあまし気味なので(笑)。

場所にもよると思いますが、数だけなら毎回30~40匹です。サイズは時間帯で異なり、小型ばかりの時と良型ばかりの時と極端です。
それでも1釣行で20cmオーバーが2割ほど混じります。
他にはサバやアジ、ヤリイカと、狙えばいろいろ楽しめます。

明日にイベントを控えているので今夜は行けませんでしたが、夕方から出かけた仲間は25cmも釣れて随分と楽しめたようです。

抱卵した冬季のメバルと違って、今時期のメバルは脂が乗って美味しいです。
たまには持ち帰って頂くのもいいですね。

久しぶりのマダイ

2015 年 9 月 22 日 Comments off

釣り物が少なく、なんとなく寂しいシルバーウイークです。
それでもカヤックならば、ターゲットとポイントを絞り込んで手軽に出かけられるのが利点ですね。

そんな感じで昨日は仲間7艇で久しぶりに陸奥湾のマダイと遊んできました。

1ヶ月ぶりのポイントなので、前半はマダイの付き場が分からずに漕ぎまくりましたが、中盤以降はポイントも絞り込まれ久しぶりにマダイのファイトを堪能できました。

風が強めで艇が流されるスピードが速く、ショートバイトはあってもなかなかヒットしない状況に悩まされたものの、私は何とか3枚の本命をゲット。最大は60cmオーバーでした。水深20mでのヒットだったので、滅茶苦茶楽しかったですよ。

img_2538

流れが速くて苦戦しましたが、今回もシーライドがいい仕事をしてくれました。

一番アタリを捉えたのはエサ釣りの人達でしたが、食いがいまいち渋く苦戦。どうしても先に小型が食ってしまうので、大型はバラシのみで終わったようです。

img_2537img3img6

大型のバラシも数回あり、秋の本番に向けて状況は日に日に上向いていると感じました。また、50cmのクロダイや3㎏クラスのワラサ、中サバも釣れ今後が楽しみな陸奥湾です。

 

img_2542

男鹿や十三湖でシーバスを狙った仲間もまずまずの釣果です。

img_2539img_2540img_2541

男鹿はナレージが調子良かったみたいです。我々にとってナレージは今期一番のヒットルアーでした。

たくさん釣れなくてもいいので、本命1匹を目標に秋のKFを楽しみましょう。

カヤックフィッシング、本当に楽しいなぁ~。

深夜まで

2015 年 9 月 18 日 Comments off

昨夜は仲間とともに深夜までメバリングを楽しんできました。
ヤマセが強かったのでポイントは限られますが、小型はたくさん釣れたし、20cmオーバーも混じりました。
他にはムラソイやクジメ、サバ、アジなど魚種も多彩。
仲間とワイワイ遊んだ楽しい夜でした。

今時期のメバルは中層や上層の釣りが主体ですが、昨夜は完全にボトムの冬メソッドでした。
ポイントによってメバルの動きが違うんですね。
やはり潜在意識と固定概念を捨てて挑まないと、良い釣りは有り得ません。

消波ブロックからの釣りでスマホを出したくなかったので写真はありません。
ごめんなさい。

やはりnanodax

2015 年 9 月 17 日 Comments off

まだ気温が高めなので大丈夫だろう・・と思って巻いたフロロ3LB。

2回しか使ってませんが、nanodaxに巻き替えました。

同じ3LBでも太さと硬さが違うので飛距離が全く違います。特に1gサイズのジグヘッドではその差が明確。普通のナイロンでは感度的な問題がありますが、しなやかで伸度少なめで結束の強いnanodaxならその点は難なくクリアー。

img_2532

あくまで主観ですが、やはりメバリングには季節に関係なくnanodaxがベストみたいです。

購入はいつも300m巻き。
75m巻いて4回使えるので、1シーズン1巻で済みます。

2バラシ・・・

2015 年 9 月 17 日 Comments off

風が落ち着いた昨日はKF日和でしたね。
マダイ、シーバス、キジハタ、シロギス・・・とターゲットはいろいろありますが、久しぶりに十三湖でシーバスを狙ってみました。水曜日で漁がお休みなので朝から浮けますから。

前夜は青森市でメバリングをして帰宅したのが深夜。2時間ほど仮眠してから出発しましたので比較的のんびりした出艇です。

まずはシーバスの着き場を探します。

なかなか見つかりません・・・(泣)。

やっと見つけた時には時合も終盤。ショートバイトを何度も喰らいながら、引き出しを片っ端から開けてヒットさせる方法を模索。

何とか2ヒット・・・しかし、いずれもフックアウト・・・。
何かが合ってないみたいです。
一緒に浮いた仲間は80cmサイズを仕留めていたし、午後から浮いた仲間も本命をしっかりとゲットしていました。

img_2530

まだまだ未熟者です(泣)。

マダイ狙いで陸奥湾に浮いた仲間も80cmクラスの本命をゲットしていました。

img_2531

中途半端ですが釣り物はたくさんあります。
さて、シルバーウイークは何を釣る?