アーカイブ

2015 年 2 月 のアーカイブ

順調です

2015 年 2 月 28 日 Comments off

本日午前中、J-Force kayaks本社でのカヤック積み込みは無事完了。

img_0207

予定通りトラックは藤崎に向けて北上中です。

途中、時間調整して東北道を北上。明日の朝8時頃には藤崎倉庫に到着です。

さあ、忙しくなるぞ!!

搬入準備

2015 年 2 月 27 日 Comments off

明日はいよいよ静岡のJ-Forceカヤック本社から、青森に向けて大型トラックが出発します。
藤崎倉庫への搬入は日曜日の午前中。
今回もK-Lineのメンバーたちにお手伝いいただいての作業です(いつもありがとうございます)。

今回、藤崎倉庫に入庫予定のカヤックは30艇。一年ぶりに倉庫がカヤックでいっぱいになります。
内訳はAngler410とDuo410で26艇。残り4艇がAngler270です。

搬入に当たって、ここ数日は倉庫で搬入のための準備を続けてきました。ずっと気になっていた棚のフェルト貼りも何とか間に合い、あとはトラックの到着を待つばかりです。

搬入後は急ピッチでの製作作業となります。
ご予約いただいた順からの仕上げとなりますが、3月10日頃までには完成する予定ですので、仕上がりの目処が立ち次第皆様にはご連絡させていただきます。

円安の影響で、カヤック関連の多くの製品が値上がりしております。
J-Force kayaksも例外ではなく、今までの価格を維持することは困難となりました。それでもできるだけ価格を抑えたいというグレアムCEOの努力により、最小限の値上がりで済みそうです。
本体価格の値上がりは今のところ5%を予定しております(4月1日から)。また、先だってアナウンスしました通り、静岡からの送料として1艇あたり一律5000円のご負担となりますのでご理解のほど。
尚、3月中のご注文、4月10日までの精算分に関しまして、本体は旧価格とさせていただきます。

昨日は県港湾の担当者と今期のイベントや東奥日報ジョシマルの予定について2時間ほど会議してきました。
今期も昨年以上にイベントに参加する機会が増えそうですが、何よりもカヤックの出艇場所(カヤックに開放されるスロープや漁港など)が増えそうな予感にワクワクしております。

青森港でのカヤックレンタル、トライアスロンなど様々な方向に展開する可能性もあり、今後が益々楽しみになってきました。

もうすぐ春。
皆さん、カヤックの季節ももうすぐですよ。

Asaringにハマる

2015 年 2 月 21 日 Comments off

潮位の低いこの季節はアサリングのハイシーズンでもあります。
ホタテ養殖の盛んな陸奥湾は、一部地域を除いてホタテ関連以外の漁業権は消滅しており、アサリは自由に掘る事ができます。
そんなわけで、地続きでは行けない場所にカヤックで上陸してアサリングを楽しもう・・・という計画が、着々と進行中のK-Lineです。

4月になれば本格的な釣りシーズンとなりますので、3月中が狙い目。
関連機関に問い合わせたところ、アサリの採補はもちろん、BBQも大丈夫とのこと。まだ寒いけど、アサリングの後は酒蒸しパーティなんてのもいいかもしれません。
カヤックならではのこんな遊び方もいいですね。

そんなアサリングツアーを前に、昨夜はちょっとアサリ掘りの練習(笑)。
生まれてこの方、アサリ採りなどしたことがありませんし、どこに生息しているのかも全く分からないのですが・・・。

何はともあれ道具の調達。百均でこの3点を購入。
アサリングセット、総額324円也。

img_1481

水の中を掘るならジョレンが必要ですが、潮の引いた浜で遊ぶならこれで十分でしょう。

道具が揃うと使いたくなります(笑)。

そこで、メバルのアクアパッツァ用食材の確保へ。必要なのは新鮮なメバルとアサリ。
カルパッチョ、酒蒸し、煮付け・・・とメバルの調理法もマンネリ化してきたので、たまには違う調理法で頂きたいし。

夕方からのメバリングは今期一番の入れ食いで3時間で45匹以上。まだまだ釣れそうでしたが、アクアパッツァ用の良型メバルを数匹キープして終了。
その後は釣り場のすぐ近くの浜でアサリング。でも、こんな浜にアサリは居るんでしょうか?見た事もなければ聞いた事も無いのですが、取り敢えず熊手を入れてみます。
夜中にキャップライトを点けて砂浜を掘るオヤジ・・・超怪しく、奇妙です(笑)。

最初の15分は1個も採れず。やはり、こんなとこにアサリなんて・・・と諦めかけたところにポロッと1個のアサリが。初ゲットのアサリにワクワクしながら周辺を掘り進め、1時間でこんな感じ。

img_1482

居るんですね。
誰も掘ってないだけで、アサリはどこにでも居るのかもしれません。

童心に返って夢中でアサリングを楽しんだ一時間。
ヤバイ。50過ぎてからアサリングにハマりそうです(笑)。
K-Lineにはマスターの称号を冠したその道の達人も在籍しているので、弟子入りしようかなと真剣に考えてます。

そんな感じで、今夜はメバルのアクアパッツァ。
次は馬刀貝にチャレンジしてみようかな(笑)。

J-Forceカヤック入庫予定

2015 年 2 月 20 日 Comments off

22日藤崎倉庫到着予定だったJ-Force kayaksですが、検閲の関係等で入庫が1週間ほど遅れそうです。
現時点での入庫は3月1日(日曜日)を予定しております。
ご予約いただいた皆様には、入荷後に納期等を含めてご連絡させていただきますので、今暫くお待ち下さい。

———–

カヤックとはあまり関係ありませんが、本日届いた情報によると、秋田県のサクラマス解禁が今年から4月1日になったようです。
今まではシーバス狙いの場合でも遠慮して6月から入川してましたが、今年からは早い時期のシーバスが楽しめそうですね。
雪代が落ち着いたら米代川河口域でカヤックシーバスも楽しいかもしれません。
4月解禁という事は、実質的なピークは4月中旬頃までと5月GW後の雪代が落ち着いた頃でしょうか?6月はもう期待薄と考えたほうがいいのかもしれません。
昔ほど釣れなくなった事、そしてライセンス料が高すぎること・・・などで、個人的にはあまり魅力を感じなくなっていますが、新たな試みとして、4月の米代川河口域でカヤックサクラマスというのもありですね。

———–

すっかり春めいてきました。

今週後半のメバリングは16匹、25匹と振るわず。
テトラ帯を攻めていた事もあり大型は根ズレでラインブレーク。
攻略の組み立てが曖昧で、イメージ通りに攻めきれない・・・など、納得できないモヤモヤ感が残った釣りでした。
釣れた数よりも、イメージ通りに釣れたかどうか?で楽しさは大きく変わります。
何となく釣れた10匹よりも、イメージ通りに釣れた1匹のほうが余程楽しいし、スキルアップにも繋がります。

水温が高く推移しているせいかどうかは分かりませんが、津軽半島西側のポイントは藻だらけで釣りにくい状態です。そのせいか釣り人も東側や夏泊半島に集まりやすく、どこの釣り場も釣り人でいっぱいです。
連日連夜叩かれているのですから、メバルはますますタフコン。
他に邪魔されずに気持ちよく、大型狙いと数釣りができるのは竿抜けポイントに限られてきましたね。
この終末も風が弱くメバリング日和になりそうです。
皆さんはどちらにお出かけでしょうか?
釣り場でお会いしましたら、気軽に声を掛けてください。

———-

さて、昨年12月に予定していたものの、想定外の大雪で全く着手できなかった青森港の調査が、3月から再開されます。まだまだ水温が低く、調査は難航しそうですが、天候と相談しながら気軽に浮いてみようと思います。

ワーム縛り

2015 年 2 月 16 日 Comments off

今夜は午後6時に陸奥湾の釣り場に入り、一人検証。
検証内容は、果たしてメバルはワームのカラーを識別しているのか?

カラーによる反応の違いについては、過去に雑誌の企画で検証した事もありますが、同じポイント、同じワーム形状、同じ釣り方での検証はしたことがありません。白系と黒系の識別は出来ていると予想できるので、今回はクリアベースの良く似たカラー4色に絞り込んでみました。

選択したカラーはケイムラクリア、クリアシルバーラメ、クリアブラックラメ、クリアオレンジ。ブラックがラメ?と言えるかどうかは分かりませんが、要するにクリアカラーのワームに黒のブツブツが入ったゴマ塩カラーです。
ワームは今期大活躍で「これだけてワンシーズン通せるかも?」と思ってしまうほど良く釣れる私のお気に入り。たまたま私のスタイルに合っているだけかもしれませんが、オイル漬けでも無ければ、強烈な匂い付きでもありません。

18時30分検証開始。

1色で3キャスト中にバイトが無ければ別のカラーに交換というルールを決めてキャスト開始。
終了の3時間後に釣れた総数はトータルで39匹。
カラーによる反応の違いは?というと、極端な差が出ました。
4色のうち一番釣れたカラーはトータル釣果の半分以上と圧倒的に好反応でした。他のカラーは10匹、3匹、3匹と振るわず。同じクリア系でも、メバルは明らかにその違いを識別しているようです。
最大は24~25cmが数匹で、半分は20㎝以下でしたが、釣れるサイズもまたワームのカラーと関係がありそうです。

img_1475

カラー選択は水の色や外光の有無、食性などによって異なると言われますが、それはあくまで釣り人の妄想でしかありません。実際はもっともっと奥深いものがあり、雑誌や動画では学べないものがたくさんあるのではないでしょうか。
どんな魚でも極めることなど不可能。たかがメバル、小物釣りと侮るべからず。

しかし今夜も渋かったなぁ。

「KFのための安全講習会」無事終了いたしました

2015 年 2 月 16 日 Comments off

今期最初のイベント「KFのための安全講習会」はお陰様で予定通り無事終了いたしました。

募集を始めた当初は、20名集まるのかな?という不安もありましたが、最終的な参加人数は40名(青森、宮城、秋田)を越え、大盛況のうちに終了することができましたので御報告いたします。

以下、一部ですが写真を掲載させていただきます。

150215e7b9a7efbdabe7b99defbda4e7b99de383bbe38191e99ab0e5b8b7efbdbfe58983efbdbce383bbdscn1492dscf5991150215e7b9a7efbdabe7b99defbda4e7b99de383bbe38191e99ab0e5b8b7efbdbfe58983efbdbce383bbdscn1500

dscf6038dscf6041s0086092

dscf6042s0576377s0716452

今回の講習会は、初心者向けのパドリング講習を兼ねた形式で行われましたが、15名の初心者の方々に参加して頂きました。わずか2時間の講習でしたが、カヤックの楽しさを体感して頂けた事と思います。

今回の講習が室内で行われている一般的な講習と異なるのは、実際の現場を想定した内容であること。
カヤックに釣りの装備をした状態で、転覆時の状態を確認したり、ドライスーツやブーツを着用した時の再乗艇の現実などを、しっかりと確認するのが目的です。

s0256184s0306213s0336232

s0516341s0356244s0796497

ドライスーツは十分にエア抜きしたつもりでも、相当量のエアが残っているという事。パドリングパンツやセミドライスーツは浸水してしまうと再乗艇が著しく困難になるという事。ブーツを履いた状態でバタ足が出来ないという事・・などなど、実際にやってみてはじめて分かった事もたくさんあり、主催者側としても大変勉強になりました。
予期しない事故に遭遇した時に大いに役立つ中身の濃い講習会だったと思います。

150215e7b9a7efbdabe7b99defbda4e7b99de383bbe38191e99ab0e5b8b7efbdbfe58983efbdbce383bbdscn1516

オフシーズン中のこういった講習会は、実際に沈した時にパニック状態に陥らないためにとても大切です。
来年も同時期に開催したいと考えておりますので、より多くの皆さんに参加していただきたいと思います。

最後に、当イベント開催にあたってご協力いただいたK-Lineスタッフの皆様、会場を提供していただいた平川市「ゆうえい館」様、そして参加者の皆様には心から感謝いたします。
ありがとうございました。

photo by  Anchan  ,Ken Fukushi

もはや一大イベント

2015 年 2 月 14 日 Comments off

今日は明日の講習会に向けての準備・・・と言いたいところですが、なんですか?この雪は・・・。
という分けで、午前中は自宅の雪片付け、午後は倉庫の雪片付けで夕方近くになってしまいました。

使用するカヤックは全部で7艇。搬入はスタッフのお世話になり、本日中に2艇の車載完了。

img_1473

シートやPFD、パドルなど、必要なものを準備して・・・なんか忘れ物がありそうな予感ですが、とりあえず明日の準備は完了。
最終的に参加者は40名ほどとなり、見学者を含めると40数名になりました。
当初は20名集まるかな?と思っていましたので、参加者の多さには会場となる「ゆうえい館」のスタッフもビックリしていました。もはや一大イベントです。
とりあえず事前の受付は本日で終了いたしますが、保険は50名分加入しておりますので、当日参加も可能です。また、見学(無料)も可能ですので、興味のある方は15時頃に碇ヶ関道の駅となりの「ゆうえい館」までお越し下さい。
飛び入り参加、大歓迎いたします。

——

話変わりますが、大量に持ち込まれたリールのメンテナンスは全部で8台。しかも全てが瀕死というとんでもない状態。やりがいあるなぁ~(笑)。
通常は1台あたり1~2時間もあれば完璧に完了する全分解メンテですが、何倍もの時間が掛かりました。
8台のメンテに使ったパーツクリーナーは二缶です(笑)。

img_1461

私のメンテはできるだけお金を掛けず、使えるパーツは極力再利用するという方法です。それでも今回の2台についてはどうしてもパーツ交換が必要でした。
1台は比較的新しいリールのベールアームレバー(過負荷によるひび割れ)だったので問題ありませんでしたが、「さすがにこれは無理かな?」と思ったのは98ツインパワー6000。もはや発売から16年ですから、パーツの在庫など無くて当然です。
オシレートギア・ドライブシャフトまわりのパーツ一数点が腐食でボロボロに崩れた状態だったので、ダメもとで注文してみました。

img_1462

結果、なんと、注文した全てのパーツが入手できたのです。
アフターに関してはシマノが数歩抜きんでているなぁと感心。
シマノ、やるなぁ~。

そんな感じで瀕死のリールたちは無事復活し、これからもオーナー様に気持ちの良い釣りを楽しんでいただける事でしょう。

—–

柳の下の泥鰌・・・
とは良く言ったものです。

先日水曜日は入れ食いだったメバルですが、翌日は同じ時間帯、同じポイントで今期一番の渋さに悩まされました。粘りに粘って14匹。いつもに増して微妙なバイトに苦戦しながらのやっとの釣果。
結局最後まで明確なパターンというものが掴めないまま終了となり、まだまだ未熟だなぁと反省した次第です。

img_1463

居ても釣れないのがメバル。そして、釣りは千変万化するパズルを組み立てる遊び。
結局我々人間は魚の事など何一つ理解できていないのでしょう。意志の疎通が可能な人間同士でも理解できないのですから当然です。
何百、何千と存在するであろうパターンをどれだけ体験して自分のものにするか。釣りにセオリーや定石など存在しません。氾濫する情報に埋もれることなく、固定概念を切り捨てる事が何より大切なのだと思います。
今回は超ドMな釣りでしたが、得るものは圧倒的に多かったので、入れ食いよりもむしろ楽しませてもらいました。

——

今日はバレンタインデー。
昨日に続き、高級チョコをゲットです(笑)。

img_1468

テレビで観て「食べてみたいなぁ」と思っていた山椒のチョコ。
美味しく頂きました。ありがとうございます。

弘前城「雪灯籠まつり」

2015 年 2 月 13 日 Comments off

毎年2月上旬に開催される弘前城の冬季イベントが「雪灯籠まつり」。
開催中は花火を打ち上げる日が2日あるのですが、この冬の花火がとても素敵なんです。
去年は静岡でKFのセミナーに参加していたので行けませんがしたが、今年は早くから予定を立てて、花火が打ち上げられる10日夕方からバッチリ楽しんできました。

青森銀行記念館の雪像に投影されたプロジェクトマッピングはとても幻想的。

img_14581img_1459

そして午後6時、打ち上げ花火開始。
ほんの短い時間なのですが、ライトアップされて雪像とオーバーラップする花火は、寒さも忘れるくらい綺麗で、とても感動的でした。

前日からの雪で、通路脇の雪像は雪を被り、輪郭がはっきりしないものが多かったのが残念ですが、出店で甘酒やコーヒーを頂きつつお祭り気分を堪能できました。ライトアップされた天守閣も綺麗でしたよ。何も予定が入らなければ、来年もまた出かけたいと思ってます。

さて、明日はバレンタインデー。齢50を過ぎた自分には縁遠いイベントですが、こんな高級なチョコレートを頂きました。この時期になるとテレビでも良く話題になっているGODIVA。

img_1457

お気遣いありがとうございます。
でも、こんな高級なチョコを頂いて良いのでしょうか?貧乏性な自分は、食べる事ができず眺めているだけです(笑)。

 

昨日のこと。

コラムを連載させていただいている陸奥新報の担当者様から電話がありました。なんでも、連載が130回を越えたそうで、今後どのように進めるか?という相談でした。
130回というと6年目ですか?もうそんなに続いてるんだ・・・と改めてびっくり。
まだまだ終わりません。予定では200回まで続けるつもりです。

「KFのための安全講習会」最終のご案内です

2015 年 2 月 13 日 Comments off

「KFのための安全講習会」の開催が、いよいよ明後日15日と迫りました。
当初の予定に変更はございませんので、15時頃には現地入りして着替え等の準備を整えてください。
会場の「ゆうえい館」はロッカー及び更衣室も利用いただけます。

講習会は15時30分~17時30分の2時間を予定しておりますが、30分ほど延長する可能性もございますので、お時間に余裕が無い方は予め御報告下さい。

当日の服装ですが、全身濡れますので、濡れても良い服装が基本です。
ラッシュガード上下にショーツ(短パン)、Tシャツが一般的ですが、男性は海パン+Tシャツでも構いません。また、薄手のウエット上下でもOKです。足元は素足となります。必ずバスタオルと着替えを持参してください。

15時にはスタッフが現地入りしておりますので、搬入が終わり次第受付させていただきます(担当=田澤)。
「ゆうえい館」の駐車場がいっぱいの場合は、隣接する道の駅の駐車場をご利用願います。
当日は雪模様の予報ですので、事故等の無いよう道中お気をつけてお越し下さい。

なにぶん室内での講習会が初めてのため、不慣れな点もあるかと思いますが、2時間たっぷりとカヤックの楽しさに浸っていただければ幸いです。

スタッフ一同、皆様にお会いできる事を心待ちにしております。
それでは、当日、会場にてお会いしましょう。

*参加者数は現在35名となっております。明日いっぱい受付可能ですので(保険は50名分加入済みです)、参加希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。
カヤックはけっして敷居の高い乗り物ではございません。

mail2

入れ食いよりも

2015 年 2 月 12 日 Comments off

3月になればカヤックがメーンになるので、メバリングに通えるのもあと半月程度となりました。
穏やかな天候が少ないこの季節、寒波が過ぎて天候が落ち着けば、できるだけ出かけるようにしています。

昨夜は4日ぶりのメバリング。
釣り場に到着したのが午後7時で、一投目から時速20匹ペースの入れ食い状態。
終盤は激シブ状態で最初のモゾモゾバイトを逃せば終わりというパターン。
そんな激シブで釣る1匹に価値を感じる自分は、入れ食いよりもむしろ超タフコンが大好き。
タフコン状態の中、思った通りに釣れた1匹のほうが入れ食いの20匹よりも嬉しいし、そんな状況でなければスキルアップは望めないと思うからです。

ドMな釣りを堪能し、9時30分の終了までで、二人でトータル70匹オーバーの釣果。
数的にはまずまずですが、サイズは最大で23~24cmと、大型は出ずじまいでした。

青森の冬季のメバリングはとても難しいと思います。
一般的なメバルに対する概念を一度リセットすることが大切かもしれません。

さて、15日はいよいよ今年最初のカヤックイベント。
講習会の参加者はお陰様で現在35名となりました。
とても楽しみです。