アーカイブ

2015 年 1 月 7 日 のアーカイブ

浮けない時は

2015 年 1 月 7 日 Comments off

朝起きてカーテンを開けると・・・大量の積雪。
昨年暮れから続く寒波は、依然として大雪をもたらし続けています。
藤崎倉庫もこんな感じ。

img_1403

雪片付けは楽ではありませんが、好きで雪国に住んでいるのですから愚痴は言わないようにしましょう。雪が多ければ多いほど、春が楽しみです。

こんな感じなので、マダラにもノドグロにも行けずじまい。マダラは豊漁だそうなので、天気が回復したらすぐにでも浮きたいのですが・・・。

それでもみんな釣りはしたいので・・・浮けない時はメバリング。
場所によってはまだママメバルが3~4割混じりますが(どんなに大きくても速やかにリリースです)、既に体力を回復した個体も少なくなく、サイズの割に良いファイトで楽しませてくれます。
アベレージで20~23cm、最大で25~26cmというところですが、潮が良ければ40匹以上という釣果なので、昨シーズンに比べればかなり好調と言えそうです。

img_1410

最近のお気に入りがこれ。

img_1400

マリアのシーモンキーがあればベストなのですが、店頭で見かけることが無く、比較的入手しやすいダイワで代用です。甲殻類をメーンで捕食しているこの季節は、やはりこのタイプが強いです。

もうひとつのお気に入りがこれ。

img_1392

桐灰の「巻きポカ」。
手首の動脈側に使い捨てカイロを宛がうリストバンドタイプ。
氷点下7℃で、指出しタイプのグローブでも何とか釣りができるので、けっこう効果ありかも?

ちなみに、この季節の青森のメバリングは、雑誌やビデオで紹介されているタックルや釣り方は全く参考になりません。青森には青森独自のメバリング方法がありますから、研究してみてはいかがでしょう?

ハッチバッグの交換

2015 年 1 月 7 日 Comments off

意外に暇なのが正月。
今年は雪片付けが忙しかったので、いつもの正月ほど暇をもてあます事はありませんでしたが、お酒をたしまない自分は夜はとても暇です。
そこでかねてから気になっていたハッチバッグを交換する事にしました。

ハッチの中にあるバッグなのでハッチバッグ?正確な名称は知りません(笑)。

2シーズン使用してかなり劣化してきたこと、純正は防水性が低いこと、そしてもう少し大きいのが欲しいと思っていたことが交換に踏み切った理由です。

img_1405

材料は100均で買ってきた厚手のシューズバッグ。

元々の生地を切り取り、中のリングを取り出し、それに新しい生地を縫いつけてゆきます。ミシンで簡単にできる・・と安易に考えていましたが、どうやっても無理(泣)。というわけで、コツコツと手縫いしてゆきます。
バッグが大きいので、当然シワができますが、そこはうまく調整しながら返し縫い。1時間ほど掛かりましたが、何とか完成です。

img_1407

実際にハッチにはめ込んでみて、ハッチがしっかりと締まることを確認。

img_1406

これで食料や飲み物、カメラ、携帯、ルアーなど、今まで以上にたくさんの物が収納できるようになりました。

気になる部分はシーズンオフに手直ししておきたいですね。