アーカイブ

2015 年 1 月 のアーカイブ

今期のイベントあれこれ

2015 年 1 月 10 日 Comments off

今年は昨年以上にカヤック関係のイベントが多くなりそうです。

目前に迫っているのが安全講習会。いくらパドリングに慣れていても、再乗艇となれば話は別。一度も再乗艇練習をした事がない方は、この機会に是非参加してください。

3月は昨年に引き続き決起集会。
4月以降はゲレンデに出る日が多くなりますが、青森港の調査もこの頃から初冬まで続ける予定です。
GW以降は県や自治体のイベント、そして女子○イベントなど夏場を中心に多数入りそうです。8月には3回目となるSeabass Campも開催します。

県の担当者様からは、新年早々「今年もたくさんのイベントをぶっ込みます」なんてメールを頂き、嬉しいやら哀しいやら(笑)。

正直なところ、昨年の状態でいっばいいっぱいに感じていたので、今年はちょっとやり方を変えてゆかなければなりません。
一番大変なのがカヤックの運搬。今期はトレーラーを使って、一気に5~6艇運ぶ方法を考えてます。
どんなイベントでも、スタッフが揃わなくては無理です。
今期もまたK-Lineメンバーの皆さんには無理をお願いすることになりそうですので、ご協力のほど宜しくお願いいたします。

未定ではありますが、青森港周辺の一部をカヤック用のスロープとして開放する動きもあります。シーズン中はプレハブを設置して、そこにカヤックを保管し格安で貸し出すという計画もあります。カヤックは釣りをしなくても、漕ぐだけでも気分爽快でスポーツ的な要素もおおいに含んだ遊びです。実現した際には老若男女問わず、多くの方々に利用していただきたいと思います。

そして自分はこう考えます。
青森港の有効活用に加えて、健康維持のスポーツとしてカヤックは「短命県返上」にひと役買ってくれる存在になるかもしれないと。自分の体力に合わせて、楽しみながら意識せずに無理なく自然に筋力を付けられるカヤックは、ダイエット、アンチエイジング、そして脳梗塞や心筋梗塞などの予防にもきっと役だってくれるはずです。

個人的に今一番心配していること。
それは、釣りに行ける時間が少なくなりそうな事です(笑)。

*2月15日の講習会は、現在20名ほどのお申し込みを頂いております。定員になり次第締め切らせていただきますので、お申し込みはお早めに。

「KFのための安全講習会」開催のご案内

2015 年 1 月 8 日 Comments off

かねてから計画しておりました、KFのための安全講習会(初心者のためのパドリング講習会も同時開催)を2月15日に開催する運びとなりましたのでお知らせいたします。

★KFのための安全講習会(初心者のためのパドリング教室)

・開催日時 2月15日(日) 午後3時30分~5時30分
・場所 平川市碇ヶ関 ゆうえい館 大プール(碇ヶ関道の駅隣)
   〒038-0101  青森県平川市碇ヶ関高田20-3
          電話 0172-49-5181
          http://www.city.hirakawa.lg.jp/docs/2010092700137/

・対象 小学校中学年以上のカヤック、KFに興味がある方
・会費 大人一人1200円 高校生以下800円 (税込保険代含む)
・講師 K-Line インストラクター
・主催 Paddling Club K-Line

■講習内容
・安全のための講習会
・カヤックフィッシングにおける、現場での事故を想定したレスキュー及びセルフレスキューの方法と実践(実際に現場で使用しているタックル等の装備で、PFDを着た状態での
再乗艇訓練)。
・初心者のためのパドリング教室

■服装、その他
・会場は温水プールです(水深120cm)。
・水着やラッシュガードなど、全身濡れても良い服装が必須です。
・更衣室、シャワールームあります。着替えを忘れずご持参下さい。
・PFD(カヤック用ライフジャケット)は主催者側で準備いたします
・中学生以下の参加は、必ず保護者同伴にてお願いいたします。
・当日は15時までに会場入りしてください。

既にKFを始められている方はもちろん、これからKFを始めたい方、カヤックに乗ってみたい方も、ご家族連れでお気軽に参加してください。当日はDuo410、Angler410、Angler270の試乗もできます。尚、会場駐車場等の都合で定員は40名(車両40台)とさせていただきます。

お申し込みは
mail
まで、タイトルとご氏名、ご連絡先を明記の上メールしてください(迷惑メール防止のため、直リンクは外してあります。お手数ですが、メールアドレスの打ち込みをお願いいたします)。
 

PDFファイル

浮けない時は

2015 年 1 月 7 日 Comments off

朝起きてカーテンを開けると・・・大量の積雪。
昨年暮れから続く寒波は、依然として大雪をもたらし続けています。
藤崎倉庫もこんな感じ。

img_1403

雪片付けは楽ではありませんが、好きで雪国に住んでいるのですから愚痴は言わないようにしましょう。雪が多ければ多いほど、春が楽しみです。

こんな感じなので、マダラにもノドグロにも行けずじまい。マダラは豊漁だそうなので、天気が回復したらすぐにでも浮きたいのですが・・・。

それでもみんな釣りはしたいので・・・浮けない時はメバリング。
場所によってはまだママメバルが3~4割混じりますが(どんなに大きくても速やかにリリースです)、既に体力を回復した個体も少なくなく、サイズの割に良いファイトで楽しませてくれます。
アベレージで20~23cm、最大で25~26cmというところですが、潮が良ければ40匹以上という釣果なので、昨シーズンに比べればかなり好調と言えそうです。

img_1410

最近のお気に入りがこれ。

img_1400

マリアのシーモンキーがあればベストなのですが、店頭で見かけることが無く、比較的入手しやすいダイワで代用です。甲殻類をメーンで捕食しているこの季節は、やはりこのタイプが強いです。

もうひとつのお気に入りがこれ。

img_1392

桐灰の「巻きポカ」。
手首の動脈側に使い捨てカイロを宛がうリストバンドタイプ。
氷点下7℃で、指出しタイプのグローブでも何とか釣りができるので、けっこう効果ありかも?

ちなみに、この季節の青森のメバリングは、雑誌やビデオで紹介されているタックルや釣り方は全く参考になりません。青森には青森独自のメバリング方法がありますから、研究してみてはいかがでしょう?

ハッチバッグの交換

2015 年 1 月 7 日 Comments off

意外に暇なのが正月。
今年は雪片付けが忙しかったので、いつもの正月ほど暇をもてあます事はありませんでしたが、お酒をたしまない自分は夜はとても暇です。
そこでかねてから気になっていたハッチバッグを交換する事にしました。

ハッチの中にあるバッグなのでハッチバッグ?正確な名称は知りません(笑)。

2シーズン使用してかなり劣化してきたこと、純正は防水性が低いこと、そしてもう少し大きいのが欲しいと思っていたことが交換に踏み切った理由です。

img_1405

材料は100均で買ってきた厚手のシューズバッグ。

元々の生地を切り取り、中のリングを取り出し、それに新しい生地を縫いつけてゆきます。ミシンで簡単にできる・・と安易に考えていましたが、どうやっても無理(泣)。というわけで、コツコツと手縫いしてゆきます。
バッグが大きいので、当然シワができますが、そこはうまく調整しながら返し縫い。1時間ほど掛かりましたが、何とか完成です。

img_1407

実際にハッチにはめ込んでみて、ハッチがしっかりと締まることを確認。

img_1406

これで食料や飲み物、カメラ、携帯、ルアーなど、今まで以上にたくさんの物が収納できるようになりました。

気になる部分はシーズンオフに手直ししておきたいですね。

連日の

2015 年 1 月 3 日 Comments off

大晦日から降り続く雪。

午前中は自宅駐車場、そして午後からは倉庫の雪片付けで元旦、2日と潰れてしまいました。
そして今日も降り続いています。

暮れまで50~60㎝だった弘前市の積雪も、現時点で92㎝。平年比383%だそうです。
青森市もほぼ1mの積雪で、海岸線も雪だらけ。
とても釣りができる環境ではありませんが、それでもメバル狙いの初釣りに出かける仲間は少なくありません。

私はと言うと、30日の夜が釣り納めで、2日夜が釣り初めでした。

30日夜の青森市はホワイトアウトに近い大雪。それでも1時間10匹ペースで調子良く釣れていたのですが、9時を過ぎた頃から静電気の影響でラインが凧揚げ状態になり釣りにならなくなってしまいました。
ボトムが取れないので根掛かりが多くなり、最悪の高切れ。
めげずにガイドにラインを通し直そうとしたものの、静電気が邪魔してガイドにラインが通せなくなったので、諦めて終了することにしました。
ガイドからラインが逃げるという現象・・・初めての体験です(笑)。

例年の事ですが、釣り納めの主目的は釣りではないので、15匹の釣果は十分過ぎるほど。しかも、サイズも良かったので気持ち的には最高の釣り納めとなりました。産仔を終了した個体が多くなり、活性も高まりつつありますが、それでもショートバイトで終わるパターンが多いため、まだまだ吸い込み重視を考慮した攻め方が必要です。

初釣りは時合いを外して10匹程度で終了。やはり潮を無視せずに、満潮前後に現場に到着するのがベストです。
前日に26cmが出ていたので、良型に期待したのですが、最大で22~23cm程度でした。
それでも仲間4人で楽しめたし、クロソイやマゾイ、カサゴも混じり、まずまずの初釣りで終了です。

明日からは雪も落ち着き気温が高めの日もありそうです。
カヤックの準備は万端。
ウインターKFの初浮きは早ければ来週になりそうです。

謹賀新年

2015 年 1 月 1 日 Comments off

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

本年も倍旧のご愛顧のほど、お願い申し上げます。

平成27年 元旦