アーカイブ

2014 年 8 月 のアーカイブ

出艇場所調査

2014 年 8 月 31 日 Comments off

青森港有効活用の手段としてカヤックが注目を浴び始めています。
しかし、それには様々な障害があるのも事実。
とにもかくにも青森港周辺でカヤックを降ろせ、駐車スペースも十分に確保できる場所が無ければ先には進めません。

県と国の担当者の方から何ヶ所かの候補を挙げて頂いたので、早速下見してきました。

そんな中のひとつ、石油備蓄基地と旧「船の博物館」の間にある旧小浜漁港(沖館漁港)は言うこと無し。もはや、カヤックで使用するならここしか無いというベストな環境です。

kohama01

自分の記憶が確かなら、この漁港が作られたのはフェリー埠頭が完成する前だから、もうかれこれ40年以上昔になります。当時はまだこの周辺で漁をする職漁師さんが少なくなく、フェリー埠頭の建設に伴う海岸線の整備で船が置けなくなった漁師さんのために作られた漁港でした。
石油備蓄基地から新城川まで、海沿いに数件の家が建っていた以外は砂浜が続き、夏休みはPTAの目を盗んで海で泳いだものです(笑)。

久しぶりに行ってみましたが、スロープも比較的きれいで、そのまま使えそうです。駐車スペースも広く、20~30台なら停められそうなので、ちょっとしたイベントでも問題無さそうです。

kohama02

ポイントへのアクセスも申し分無く、ひょっとしたら旧船の博物館の建物も何かに利用できるかもしれません。

とりあえず今週中に、担当者を交えて一度出艇してみる予定です。

新たな展開へ

2014 年 8 月 29 日 Comments off

先日も少し触れましたが、ある新聞社が主宰する大きな女子会から試験的にカヤックの活用ができないか?との打診を頂きました。
今のところ、メーンとなるのは青森港をゲレンデとした釣りですが、将来的にはツーリングや水生生物、野鳥の観察などに発展できればいいなと考えております。

釣りやパドリングのスキル、体力的な問題、安全面の確保など、課題は山積みですが、来週の事前調査の中で、それらの対策を考えてゆこうと思います。

様々な需要に対応するために、今年準備したイベント&レンタル用のカヤックは、自前のものも含めて6艇。しかし、既に艇数が足りなく、今後の対策が急務になってきました。とりあえず足りない分は仲間からの借り上げで補っていますが、搬送方法も含めて計画を練り直す必要がありそうです。
本県におけるイベントの開催期間は、天候的に6~10月の5ヶ月間。需要の増加に伴い、必要なスタッフの数もどんどん増えてきました。貴重な時間を割いていただいている同志スタッフの皆様には心から感謝いたします。

 
さて、夏休み特別企画のカヤック無料レンタルですが、本日にて終了とさせていただきます。たくさんのご利用、誠にありがとうございました。

ありがとうございました

2014 年 8 月 24 日 Comments off

今日は、八戸から倉庫を訪れていただいたお客様がいらっしゃいました。遠いところ、わざわざカヤックを見に来ていただきありがとうございました。

短時間で中途半端な説明になってしまったかもしれず、お帰りになった後にちょっと反省。

申し訳ございませんでした。

「うみべん」最終回

2014 年 8 月 24 日 Comments off

23日は今年から参加させていただいている県のイベント「うみべん」の最終回でした。
6月から始まって計4回。うち1回は荒天のため中止となりましたが、おおよそ70組(140名)の親子にカヤックを体験していただく事ができました。

fkc_2244

前日は昼から夜9時頃まで延々と雷が鳴り続け、更に県内のあちこちに大雨洪水警報が出されました。
今回も無理かなぁ・・と半ば諦めていましたが、当日は奇跡的に天候が回復。同イベント全体の中でも、もっとも穏やかなベストな状況での開催となりました。

今回は最後ということもあり、うみぺんのスタッフの皆さんもカヤック初体験。青森港を水面から眺めるという非日常の世界を楽しんでいただきました。

fkc_2224fkc_2237fkc_2229

イベント本番では、バケツに入ったヒラメの稚魚が子供達に配られ、港内をツーリングする途中で海に放流してもらいます。

img_0956fkc_2264

稚魚と呼ぶにはちょっと大きめのヒラメでしたが、一人あたりの割り当ては5~6匹でした。

fkc_2275fkc_2269fkc_2261

ベイブリッジ、ラブリッジをくぐり、八甲田丸の脇を通ってアスパム方向をぐるりと周り、再びラブリッジとベイブリッジの下を通るという、時間にして10分ほどの短いコースですが、カヤック体験はキャンセル待ちが出るほどの大人気。

fkc_2271fkc_2273

来年もまた開催の予定ですので、お子様連れで是非体験してみてください。

尚、来月9月27日、28日の両日に青森港で開催される「全国アマモサミット2014 in あおもり」では、2日間で計8時間のカヤック体験が行われます。タンデム艇7~8艇を現地に持ち込んでの大きなイベントになりますが、体験には事前の申し込みが必要となりますので以下にお問い合わせ下さい。

青森県 港湾空港課
電話:017-734-9674  FAX:017-734-8194 

一時、サーバーを停止しました

2014 年 8 月 22 日 Comments off

昼頃から夜まで延々と雷が鳴り続け、19時を過ぎて瞬停や停電が多くなりましたので、自主的に2時間ほどサーバーを停止させていただきました。

現在は雷も遠のき、サーバーは正常に可動中です。

皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。

素敵な想い出のために

2014 年 8 月 19 日 Comments off

KF Campの後片付けもやっと終わり一息つきたいところですが、引き続き23日のうみべんに向けての準備開始です。
いまだかつてこんなに忙しい夏を過ごしたことがないので、戸惑う事ばかりですが、何とか乗り切りたいと思います。

8月限定の夏休み特別企画として、Duoの72時間無料貸し出しを実施中ですが、思った以上に大好評です。土日を除いた平日限定ですが、通常ならば3日間で6000円のところが無料なのですから、PFDとパドルを別に2セット借りても数千円でカヤックが楽しめちゃいます。

多くの場合、仲間と釣りに行ったり、お子様とシュノーケリングやツーリングを楽しむというケースですが、非日常の世界はお子様にとっても良い想い出として記憶に残ることでしょう。

image

子供の頃の想い出って、ずっと残りますよね。
今年の夏休みも残すところわずかになりましたが、そんな素敵な想い出のために、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

無料レンタルのお問い合わせはHPトップページからどうぞ。

KF Camp 無事終了

2014 年 8 月 17 日 Comments off

45名(内、女性8名)の参加者を集め、十三湖を舞台に開催された 「The 2nd KF Camp in 十三湖」。多くの皆様のご協力のもと、無事終了することができましたので御報告させていただきます。

16日前夜祭。
予想はしていましたが、現地はウインドサーフィンに最適の強風。風速はおおよそ7~8mというところです。しかも、東寄りの風なので、沖は白波が立ち、時折10m以上と思われる突風が吹いてました。
風向は違うものの、ここまでの展開は昨年と同じ。
今回も釣りは無理なのかなぁ・・・という不安の中、続々と集まり始めた参加者によるBBQが始まりました。

img_2349img_2367

BBQの参加者は最終的に20名を超え、参加者のおよそ半分が前夜祭を楽しみました。22時を過ぎた頃、宴も終了。風は相変わらず強めですが、朝方の回復を祈りつつ就寝です。

当日、私は受付開始に合わせて2時半起床。

外に出てみると、相変わらず風は5~6mと強めなものの、風向は北東に変わっていました。主催者側としてはここで決断が必要です。海なら即中止というところですが、十三湖なら朝方の数時間は大丈夫と判断し、大会を決行としました。

4時半から参加者の皆さんは準備ができた順に思い思いのポイントへと出艇してゆきます。5時頃には風速は7~8mと、より強さを増し、釣りには最悪の状況になってきました。

しかし、そんな中でも十三湖のシーバスはしっかりと応えてくれました。6時前の1匹を皮切りにポツポツと釣果報告が届きます。状況が状況だけに、1匹でも釣れてくれれば・・・というのが主催者側の願い。釣果報告が届くたびに救われた気がします。

最終的に風は益々強まるのですが、検量締め切りの10時まで目一杯楽む強者も何名か居ました。特に、タンデムのDuoはこんな強風下でも釣りが可能なのですから驚異的です。

img_2411

検量持ち込みは最終6名。見事優勝に輝いたのは、五所川原市の野村さんでした。

img_2439img_2397img_2415

img_2396img_2423img_2431

こんな状況でこれだけ釣れれば、大満足の結果と言えるでしょう。
カヤックが時速3㎞以上で流されるため、ヒットしてもランディングできなかったシーバスは多数。十三湖のポテンシャルの高さには改めて驚かされます。

釣りの後は恒例のスピード競技。12フィート以下と以上、タンデムのカヤック別に往復約200mのスピードを競います。

img_2480img_2483img_2455

風速10mを超えているかも?という環境の中での競技は大いに盛り上がりましたが、今年もやはり秋田の佐々木翼さんが魅せてくれました。

img_2474

20秒というハンデをものともせず、ブッチギリの1位。弟の佐々木優さんも、12フィート以下の部、20秒ハンデで2位という、まさに怪物兄弟です。

最後は初心者を中心とした再乗艇訓練。

img_2488

ほぼ予定通りのタイムテーブルで表彰式を終え、年に一度の大イベントは無事終了となりました。

img6

事故なく皆さんに楽しんで頂けたことが何よりも嬉しく思います。
参加の皆様、そしてご協力いただいたたくさんの方々に主催者代表として心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

協賛各社

合同会社スプリント・(有)リトルプレゼンツ・(株)リンエイ・(株)ZipBaits事業部・(株)AMSデザイン・(株)オーナーばり・(株)サンヨーナイロン・(株)笠倉出版・(株)コスミック出版・(株)双進・Calm at sea・お食事処 和歌山・仙台 森羅万象・NOB’s GARAGE・大西運送・Car factory TARBOW・小山智・山本大地・J-Force kayaks
(順不同敬称略)

夢のような展開

2014 年 8 月 15 日 Comments off

SOTカヤックと、カヤックフィッシングの普及を目指して地道に活動すること3年目。今年は、県や自治体のイベントにも参加させていただき、SOTカヤックの知名度も少しずつですが高まってきた気がします。

そんな流れの中、次のステップに向けた大きな展開がありそうです。

まだ本決まりではないので、その全てをご紹介する事はできませんが

もしかしたら・・

基本的に釣り禁止の青森港が

カヤックのレジャーと釣りのために

開放されるかもしれません。

これは、我々にとってビッグニュースです。そして、そのための調査をこの10月に行なう予定です。
沖一文字も含めた青森港は、かつて自分にとってはホームグランドでした。
おおよそのポイントは知ってるつもりですが、そこには未知なるカヤックならではの釣りが存在しているかもしれません。
ワクワクドキドキの調査。新たな気持ちで本腰を入れたいと思います。

自然に優しいカヤックが青森港活用の大きな足かがりになってくれれば嬉しいですね。

The2ND KF Camp 最終報告

2014 年 8 月 15 日 Comments off

いよいよ明後日17日に迫りました。

20社様から、たくさんの協賛品を頂き、保険の手続きや、同志の協力を得て本部の草刈り、清掃も完了。あとは本番を待つだけとなりました。

img_0819img_0821

明日は雨模様の予報ですが、当日の予報はくもり。暑くもなく寒くもないカヤック日和になりそうです。
風は今のところ4~5mのヤマセなので、多少釣りにくいところはありますが、むしろ絶好の条件なのでは?と予想しております。
ヤマセという風を考慮し、昨夜からの雨による増水で、どこにシーバスが定位しているか?を読むことが必要になるかと思います。

十三湖の状況は?と言いますと、今日、プラに出かけた人達は良型をゲットしてましたので、余程の事が無ければシーバスが不在になるという事はないと思います。

img_0826

img_0827

最近のアベレージサイズから判断して、優勝ラインは2匹で160cm以上、入賞ラインは140cmというところでしょうか。
外道賞(ヒラメ、マゴチ、クロダイのいずれか)の他、飛賞もありますので、1匹しか釣れなかった場合でも検量して下さい。

尚、当日のタイムラインが以下のように変更になっております。本部のテントにも貼っておきますが、目を通しておいて下さい。大きな変更は、検量時間を30分延長したことと、表彰式を最後にした事です。
当日の受付は3時から本部にて行いますが、朝の混雑を回避するため、前日入りの方は前日のうちに受付を済ませていただければ助かります。

タイムライン(変更後)

・受付開始 AM3:00
・競技開始 AM4:30
・検量締め切り AM10:00
・スピード競技 AM10:10~11:00
・安全講習会 AM11:00~12:00
・表彰式・閉会式 PM12:00~
・終了・解散 PM12:30

遠くは静岡から。隣県の秋田や岩手からもたくさんのカヤックとカヤック仲間が集まる年に一度のイベントです。これからカヤックを始めてみたいという方も、様々なカヤックを試乗できるチャンスですので是非お越し下さい。
また、急遽参加が可能になったという方も、当日現場での受付OKです。

釣果も大切ですが、何よりもカヤック仲間とのコミュニケーションの場として、楽しい一日を過ごしていただければ幸いです。

尚、主催者は明日16日午後には現場入りいたしますので、この書き込みを最終報告とさせていただきます。
よって、緊急の場合は、電話かメールにてお願いいたします。

皆さんにお会いできる事を心待ちにしております。
参加の皆様、道中お気をつけてお越し下さい。

うみべん3回目

2014 年 8 月 11 日 Comments off

10日、日曜は今年からカヤック体験を取り入れた県のイベント「海の勉強会」3回目。

あいにくの台風で、数時前からカヤックは無理だろうなと思っていました。実際には雨は降っていたものの、港内はそれほど酷い波風では無かったのですが、慣れた人ならともかく、初心者、ましてや小学生となると無理はできません。
担当者と二日前から話し合い、八甲田丸内でカヤックについての説明会に変更することに決めました。

2グループに分かれて、1ステージ30分の2ステージ。

わずか30分で何が説明できるのか?悩んだのですが、カヤックの種類や歴史を少々、そして安全面についてを重点的に説明して、あとは実際にカヤックに触れてもらうという方法で、カヤックの楽しさを伝えることにしました。

釣りの講習は慣れてますが、カヤックの講習となると今回が初めて。1回目と2回目の内容が微妙に違ってましたが、何とか役目を果たさせていただきました。

img_0813

雨でずぶ濡れになりながらカヤックの搬入・搬出を手伝って下さいましたスタッフの皆様、ありがとうございました。

img_0812

次回は23日。

そして最大のイベントは9月27日、28日の「全国アマモサミット」。二日で200名近い人達がカヤック体験の予定です。

楽しみでもあり、不安でもあり・・・(笑)。