アーカイブ

2014 年 6 月 14 日 のアーカイブ

フットブレース

2014 年 6 月 14 日 Comments off

1週間続いた強いヤマセも、ようやく落ち着いてきました。明日まで雨は残りそうですが、来週は概ね晴天の予報です。この雨でシーバスの群れも入れ替わったようですし、ヒラメは相変わらず絶好調。週明け以降は期待できそうですね。

今日はフットブレースのお話を少し。

フットブレースとは、パドリングを安定させるための足掛けのこと。フットブレースが無いと、足の踏ん張りが利かず、体とカヤックの一体感が損なわれることから、パドリングが不安定になり、またカヤックの安定性も低下してしまいます。フットブレースの無いカヤックを乗り続けていた人が、フットブレース付きのカヤックに乗った時、その大きな違いにきっと驚くことでしょう。

しかし、SOTカヤックの場合、フットブレースの取付を考慮して設計されたものと、そうでないものがあります。前者はしっかりしたフットブレースの取付が可能ですが(もちろん標準装備のものもあり)、後者の多くはカヤック本体に簡易的にフットブレースの役割を果たす段々が刻まれているだけです。
この簡易フットブレース、残念ながら「オマケ」程度のもので、ほとんどその役割を果たしてません。

どれだけ基本性能の高いカヤックでも、フットブレースがしっかりしていなければ、その性能を100%発揮することは無理なのでは?と田澤は常々感じています。

そこでフットブレースの無いカヤックには、自作でフットブレースを取り付けることになります。
木材を使ってみたり、厚手の塩ビを使ってみたりと、様々な方法がありますが、今回は材料費500円以下でできるステンレス製のフットブレースを紹介してみます。

材料は25mmのステンレスパイプと椅子用のゴムキャップ、バンジーコード少々、それだけです。バンジーコード以外はホームセンターで入手できます。

ステンレスパイプを丁度良い幅にカットして、両端にゴム製のキャップを付け、バンジーコードでしっかりと固定するだけで終わり。

仕上がりはこんな感じです。

img_0604

取り外しも可能だし、滑るのが気になるなら、パイプにビニルテープを巻けばOKです。バンジーコードはちょっと太めのものを使うのがコツ。パイプのカットが面倒ですが、グラインダーがあれば数分でできます。

この棒が1本あるか無いかで、カヤックのスピードも安定感も全く違ってくるから不思議ですね。フットブレース無しのカヤックを乗ってる方は、是非お試しあれ(製品ではありません)。