アーカイブ

2013 年 12 月 のアーカイブ

最終形態

2013 年 12 月 29 日 Comments off

振り返れば、今年の後半は新しいカヤックのために時間を費やした日々でした。

カヤックに釣りを組み合あわせる・・・。簡単そうで簡単にはゆかない、様々な障壁が行く手を阻みました。

とても時間が掛かった。いや、時間が掛かりすぎた行程でした。

年の瀬が近づいて尚、倉庫に入り浸り、ストーブも無い寒い環境での作業を続けています。

ずっと気になったまま放置していた作業台の製作。

これから何十艇ものカヤックを作り上げなければならないのに、作業台が無いのは辛い。本当は鉄工所にお願いして、金属製の頑丈なものを作ればいいのでしょうが、今回は木材を使って自作。設計図もない状態で、行き当たりばったりの製作でしたが、充分に強度のあるものが作れました。

pc295109

キャスターが無いので移動はできませんが、使わない時は折りたたみ可能だし、そもそもこれからカヤックが入庫になれば、作業台を移動させるスペースなどありません(笑)。

出来上がった作業台を使って、まずは中古艇のメンテナンス。そしてAngler410の仕上げ。

pc275104

Duo410に続き、Angler410もやっと最終形態に辿り着きました。

pc295111

これからパーツ類の取り付けに使用する治具を製作し、年明けに入庫するカヤックの組み立てに備えます。

自宅ではKF POINT MAPの制作作業。初版として青森と秋田、計35のKFポイントを解説。今後、新たなポイントが開拓できたら追加しながら第2版、3版と制作してゆく予定です。

結局年を跨ぐことになり、皆様にはご迷惑を掛けっぱなしでしたが、これもよりよいカヤックをお届けしたいがために必要な時間だったとご理解願います。Newブランドカヤックの正式ブランド名も、まもなくVKJ Ltdからアナウンスがあると思います。

feel free kayak 2014 カタログ

2013 年 12 月 18 日 Comments off

SUZUHARUカヤックの2014年版カタログです。

http://tazawa.ddo.jp/fishing/kayak/suzuharu2014.pdf

カヤック本体の販売価格は定価の17%OFF。送料別途で6000~10000円です(運送屋支店止め)。

KF point map 製作中

2013 年 12 月 17 日 Comments off

年末から販売開始となるNew カヤックの販売記念として、過去2年のデータを元にした青森県内のKFポイントマップを製作中です。

陸奥湾、平舘海峡、津軽海峡、小泊地区、鰺ヶ沢地区、十三湖、岩木川、深浦地区など、過去2年で開拓してきたKFポイントの詳細をHTML形式で見やすくCDにまとめた、すぐに役立つポイントマップです(販売用ではございません)。

対象魚はマダイ、ヒラメ、マゴチ、青物、シーバス、キジハタ、メバル、ソイ類、アオリイカ、シロギス・・etc。Newカヤックご成約の皆様には、先着10名に限り無料プレゼントさせていただきますので、来期に活用していただければ幸いです。

Nemo2+1静波モデル(USED)

2013 年 12 月 13 日 Comments off

SOLD OUT  りがとうございました

イキングカヤックジャパン製 Nemo 2+1 静波モデル の中古艇です。

カラーは特注カラーの パープル/ブルー/ホワイト です。今年5月の購入で、20回ほど使用してますが美品のランクA。しかも、今期一番魚が釣れた2+1ですので、縁起物です。

このカラーはおそらく関東以北では1艇のみのレアカラーです。

pc125095pc125097

(写真は結露防止のためにハッチを外してあります)

静波モデルですので、釣りに必要な最低限の装備が揃ってます(リアSRロッドホルダー用のスターポートは本体には取り付けてません。ご購入後に好みの位置に取り付けてください)。詳細は以下を参照。

メーカーサイト

SPEC

■長さ=390cm
■幅=81cm
■重さ=28kg
■最大積載量=約200kg

■新品価格¥152000(現在は販売中止)

・現品はDXシートを高級なハイバックシートに交換してあります。

PS501CN用魚探振動子付き。写真のアンカートロリーは付属しませんので、別途お買い求め下さい。

現物は現在弘前倉庫にございます。近隣は配達可能ですが、基本的に倉庫での引き渡しとさせていただきます。

・委託販売扱いです。

Nemo2+1静波モデル 中古艇

2013 年 12 月 12 日 Comments off

確定ではありませんが、Nemo2+1静波モデル(152000円)の中古艇(いずれも1シーズン使用)が近々2艇出る予定です。

価格は現オーナー様との直接交渉となりますが、概ね9~10万というところだと思います。

中古艇も少なくなってきましたので、購入をご予定の方は早めにご相談下さい。

ご予約は常に承っております。

冬季保管のご案内

2013 年 12 月 11 日 Comments off

弘前倉庫では、12月から4月末までの5ヶ月間、カヤックの保管を承っております。

料金はサイズに関係なく一艇5000円。冬期間の保管管理と、簡易メンテナンスを含む料金です。

ただし、保管可能なサイズはスペースの関係で15フィートまでとさせていただきますのでご了承下さい。

保管ご希望の方はメールにてお申し込み下さい。

正確なシンメトリー

2013 年 12 月 11 日 Comments off

今日も午後から倉庫に入り浸りでDuo410の治具製作です。

薄手のPE板をカットしながら、アイレットやフラッシュマウントロッドホルダー、グロメット、スターポート、パドルホルダーなどのアタリを取ってゆきます。

基本的に左右対称の位置に取り付けるものに関しては片側だけのアタリを取って、逆側は治具を裏返して使用します。

そんな時に気づくのが、このカヤックの正確なシンメトリー。

センターから見た左右の形状がお世辞にも対称とは言えないカヤックが少なくない中にあって、このカヤックは実に美しいシンメトリーで設計されています。

VKJから1月15日にデビュー予定のカタマランカヤックに使用するA270を、F1デザイナーの由良拓也氏がスキャニングした際に、左右対称の作りの良さ、均等な素材の厚さにに太鼓判を押したという話も頷けるというものです。横風に対しても直進性が高く、また同サイズのカヤックと比較して圧倒的に速いのは、キール形状を除いても少なからずこの左右対称構造の効果があるからだと思います。

型作りの技術はもちろん、回転形成技術の博士号を持った職人だからこそ成せる技。そして、より良いカヤックをお届けするために細部までとことん拘ったグレアム氏の意気込みをそこに感じます。

二日がかりで製作したDuo410の治具もほぼ完成。

pc115090

大寒波で夕方から吹雪いてきましたが・・・明日からはA410の治具製作に取りかかります。

暖房器具の無い倉庫は体が芯から冷えます・・・。

KFタックル考

2013 年 12 月 10 日 Comments off

釣りのOFFシーズンを前に、リールのメンテナンス依頼がどんどん舞い込みます。

ムック作業が終わった4日から、20数台のリールを手掛けましたが、その中にはスピニングリールもあればベイトリールもあり、メーカーも様々。初めて分解する物や、あまりに酷い状態でやり甲斐のあるリールもあったりで、とても楽しい仕事をさせていただいてます。

そんなリールの中には当然のようにKFで活躍したリールも多数あります。タックルが常に水を被る状況にあるKFですから、リールにとってこれほど過酷な環境はないでしょう。どんなに優れた防水性を誇るリールも、KFで使用するなら「メンテフリー」は有り得ません。使用後にすぐに真水で洗ったとしても、最低半年に一度のフルメンテをおすすめします。

昨日分解したベイトリールも高い剛性が売りのリールですが、スプールBBとメカニカルブレーキBBが完全に錆び付いて固着していました。オーナー様が「負荷が掛かると巻けない」と言っていた原因がここにあります。使用後はちゃんと手入れしていたにもかかわらず、内部に侵入してしまった海水は抜けきれずにパーツ類を蝕んでゆきます。

imgp3106

幸い、2個のBBを交換するだけで生き返りましたが、BBをはじめとしたパーツ類が錆び付いて外せない状態になると最悪です。ですから、調子が悪いと思った時はもちろん、最低でも半年に一度のフルメンテがおすすめなのです。

imgp3108

実際のKFの現場では、メインで使用しているロッドが常に水を被る・・・という状況は少ないはずです。現実的に水を被りやすいのはフラッシュマウントロッドホルダーにセットされたままの予備ロッド。予備ですから、場合によっては一度も使わずに一日の釣りを終えることもあるでしょう。

個人的には、余程のことが無ければ予備ロッドは積みません。あれもこれもとターゲットを欲張っては、結局良い釣りなどできないからです。ターゲットはひとつに絞り込むことが重要だと思います。

カヤックで釣りができる範囲は、せいぜい岸から2~3km。タックルの交換で岸に戻るとしても、30分もパドリングすれば済む範囲です。だから、ターゲットを変更したい場合やメインタックルに不備が出た時は迷わず陸に戻ります。

タックルに限ったことではありませんが、カヤックの装備はシンプルなほど良いと思ってます。もしもの時は最小限のリスクで済むし、必要ないものを持ち込んで海水にさらすと、後々の片付けも大変だからです。

楽しいKFもリスクが大きいと楽しさは半減してしまいます。だから装備もタックルも最小限だし、巨大なクーラーも必要ありません。

それが自分のKFスタイルです。

細部調整作業

2013 年 12 月 10 日 Comments off

まもなく入荷のNewカヤックですが、最高の使い勝手を考慮したパーツ類の取り付け位置を決める最終段階に入りました。販売代理店となる青森、宮崎、静岡などの各ショップさんと仕様を同じにするための治具作り作業でもあります。

数十回に及ぶ実釣でテストを重ねてきた結果、「この位置だと使いにくい」という場面に遭遇することも少なくありませんでした。その部分の改良で、もはやプロト艇は穴だらけです(笑)。

今日はDuoのフロントシート用フラッシュマウントロッドホルダーの位置を調整しました。ロッドを立てた時に、パドリングで邪魔にならない位置への変更です。

image

この部分、最も浸水の確率が高く、完璧なシーリングが必要です。取り付け用の治具の他に、パッキンの正確なサイズも割り出しました。こうしてNewカヤックは、よりKFに特化した日本人向け仕様に仕上がってゆきます。

作業をしながら、あらためてDuoを眺めてみました。A410もとてもスタイリッシュなカヤックですが、Duoのフォルムのなんと美しいことでしょう。その恰好良さには今更ながら惚れ惚れします。

p1000279

各地で行われている試乗会でも大好評のDuo。こんな波や風の中で、不安なく乗れるタンデム艇はそれほど多くはないでしょう。この「安心感」がタンデム艇には欠かせない要素だと思います。

より良いカヤックをお届けするための「拘り」で、予定より長い時間を費やしてしまいましたが、Angler270、Angler410、Duo410、まもなく皆さんのお手元に届きます。

p10001451

最高のクリスマスプレゼントになれば嬉しいです。

更新ままならず

2013 年 12 月 4 日 Comments off

本業が大詰めで、ブログの更新ができない状況が続いてます。

いろいろお伝えしたいこともあるのですが、今週いっぱいは無理かもしれません。

今日は最高の天気で風もなく、絶好のKF日和です。

こんな日に仕事で缶詰なんて・・・・・。