アーカイブ

2013 年 9 月 26 日 のアーカイブ

シーバスジギング

2013 年 9 月 26 日 Comments off

不完全燃焼のまま終わりそうな十三湖本湖のシーバスですが、対照的に海は陸っぱりもニアショアも好調の兆しです。

今朝も西に浮いた仲間からこんな写真が。

130926_130102

80cmオーバー3本ゲットだそうです。メーターオーバーもヒットしたようですが、残念ながらランディング失敗・・との報告でした。

ちなみにヒットルアーはGUN吉40g+SB HOOKです。

まだまだ釣れそうな感じでしたが、漁船が近づいてきて終了だそうです。

 

浅瀬に居着いたシーバスを釣る。

それはKFでしか不可能なKFのための釣りです。そう、「静か」でなければ成立しない釣りです。それがシーバスに限ったことでない事は、今更言うまでもないでしょう。

 

水温も下がり始め、いろんな魚の活性が高くなってきました。

これから2ヶ月半、悔いを残さないように存分にカヤックフィッシングを楽しみましょう。

一歩ずつ

2013 年 9 月 26 日 Comments off

どうすればより快適なカヤックフィッシングが楽しめるか?

基本性能に優れたカヤック本体をベースにしてより使いやすく快適なものへと改良を加えてゆく。ここ暫くはそんな地味な作業が続いています。

そんな中で気づかされたのは、地域によって釣りのスタイルが異なり、装備も異なるということ。

なるほど、そうか・・・と、自らの考えを一端リセットすることもしばしば。穴だらけになったカヤックは見た目に痛々しいですが、ひとつひとつ考えながらの艤装と現場での確認は欠かせない作業です。浮く回数は多くても、釣りをする回数は・・・(泣)。

釣り場の環境も違えばターゲットも異なるのだから、それは当然のことなのかもしれません。自分が思い描くスタイルに合わせただけでは、万人が満足できる仕様にはならないという現実をつきつけられ、その改善のために一歩ずつ前進中です。

思うのは、どんなカヤックであっても、その一艇で万人を100%満足させるのは難しいということ。複雑な海況、豊富な魚種に加えて10人10色のスタイルだからこそ、「日本仕様」のフィシングカヤックの未来はスタイルに合わせたシリーズ化が必要なのだろうと考えてます。

J-Specはその一歩を踏み出したばかり。そして、最終的に目指すところこそがJ-Specであり、ネーミングにはその願望が含まれてます。そのためにはより多くのKFアングラーの意見を取り入れ、具現化してゆくことが何よりも大切だと思います。それは一朝一夕には実現できない長い道のりかもしれませんが、日本におけるKF黎明期を脱却するためには乗り切らなければならない過程であり、多くの方々の意見と協力が必要不可欠だと感じています。

 

ところで昨日、日本におけるカヤック市場もどんどん激化しているのだなぁと思わせる出来事がありました。

個人ならともかく、企業間でこんな事があるとは驚きです。せっかく良い製品を作っているのですから、その行為が裏目に出なければ良いと願います。

それは企業間の問題で、我々ユーザーには無関係なこと。個人的には今まで同様、自分の目で選んだ純粋で曇りの無い誠実なメーカーを応援します。ユーザーサイドとして、またカヤック仲間のためにも不安材料は微塵も必要ありません。今よりももっともっと安全で楽しいKFライフを満喫したい、それが全てです。