アーカイブ

2013 年 9 月 8 日 のアーカイブ

ヒラメリトライ

2013 年 9 月 8 日 Comments off

昨日のバラシが悔しかったので、今日も西のサーフに浮いてきました。

朝一で集まった仲間6艇で、オリンピックの東京開催決定を祝福しつつ、のんびりとスタートです。

昨日よりウネリは小さく釣りやすいものの、魚探の反応は少なめ・・・。

昨日釣れた付近を探りますが、あれほど出ていた魚の反応が、今日は全くありません。

「昨日と同じ条件は無い」・・・今更ですが、その言葉に間違いはありません。

それでも仲間達とトランシーバーで情報交換しながらの釣りは最高に楽しいのです。

imgp2226

ヒラメの時合は未だ・・と判断してマダイ狙いに切り替えます。水深と潮流から判断して選んだルアーは ima 魚道70サバイバー

潮下にキャストしてカウントダウン。カヤックの流れを利用して、狙いのレンジをキープしつつ、ダートアクションで誘います。水深5~8m程度であれば、ヒラメもマダイもボトムを意識する必要はありません。

まずは50cmオーバー。水深が浅いので、このサイズでも楽しませてくれます。

imgp2218

更に30cmサイズを追加した頃に水面が騒がしくなりました。正体はイナダ・ワカシ。不思議なことに昨日あれほど居たカンパチは殆ど姿が見られません。

青物が騒ぎ出したという事はベイトの回遊が始まったという事であり、ヒラメも活性が上がります。今日の本命はあくまでヒラメなので、青物のボイルを尻目にヒラメ狙いに切り替えます。

案の定、すぐに反応があり1枚目がヒット。一番美味しい50cmオーバー。しかし、昨日と同じパターンでフッキングは皮1枚。

嫌な予感は的中し、ランディング前の一潜りでフックアウト・・・。

その後は30cmを1枚釣り上げるものの、3枚目にヒットした60cmクラスは1枚目と同じパターンでまたまたフックアウト。

なんとも確率の悪い釣りです。

掛かりが浅くバラシが多い原因、それはPEラインです。ルアーの操作は楽で、バイトも取りやすいという利点はありますが、せっかくヒットしても捕れないのでは意味がありません。やはり自分の釣りにはストレスを溜めるPEよりもフロロが合ってるようです。

一度上陸し、使い慣れたフロロに交換して再び出艇。10分後には50cmをしっかりとゲットしました。

ヒラメの最終釣果は4ヒット2ゲット。昨日より打率はアップしましたが、それでも5割ですからまだまだ未熟者です。

秋から初冬のヒラメは今が走り。近々もう一度リトライです。

 

 話は変わりますが、カヤックを車載してる車が目に見えて増えてきましたね。嬉しい限りです。でも、普及すればするほど問題になるのがマナー。新しい分野の釣りだからこそ、最初が肝心だと思います。難しいことはありません。常識の範囲のマナーを守り、何よりも安全面に注意して楽しみましょう。

単独での出艇は危険ですので、複数艇での出艇をおすすめします。仲間が居ない・・・という方はメールしてください。一緒に安全に楽しみましょう。

 最近、カヤックを積んで走ってると、声を掛けられる事が多くなりました。多くの人達の疑問は

「エンジン無くても釣りできるんですか?」

で、「エンジン無いから釣れるんです」

と答えると、怪訝な顔をします(笑)。