アーカイブ

2013 年 9 月 のアーカイブ

KF三昧

2013 年 9 月 29 日 Comments off

ジギングで大型シーバス連発の情報に、ウキウキしながら弘前を出発した土曜日。

予報では風は弱く、波も無いはずだったのですが、現地に到着してみると思った以上に風が強い。一見して波も無さげだが、水平線はギザギザ状態で、沖合はかなり時化ている様子。

案の定、500mも沖に出ると風を伴った結構なウネリ。これでは目的のポイントまで行けるがどうかもわかりません。

行って行けないことはないのだけれど、そんな状況ではけっして無理しないのがカヤックフィッシングの基本だと田澤は考えます。カヤックフィッシングという遊びは、あくまで「安全に楽しめる範囲」、そして「安全に楽しめる装備」で無理しない事が大切なのではないでしょうか。それは当たり前の事のようだけれど、実際は真逆の方向に向かっているのが日本のカヤックフィッシングなのかもしれません。いずれどこかで方向修正が必要になることでしょう。

そんな波浪の状態だから、あの手この手で攻めまくっても釣果はふるわず。シーバスどころか、3艇でイナダと小型マダイ、ソイ程度の貧果で終了です。

(今日、同じ場所に浮いた仲間は凪ぎに恵まれて良い釣りができたようです)

魚は釣れなかったけど、同行したメンバーの表情が明るいのは、カヤックフィッシングという遊びが釣りを超えた楽しさに満ちているから。こればかりは実際にカヤックフィッシングをしてみないと理解できないかもしれませんが。

個人的にはAngler410のテストも兼ねていたので、風と波の中で漕ぎまくり(笑)。やはり、Angler410の走波性の高さは飛び抜けていて、風速5~6mの向かい風では他の艇の1.5倍近いスピードで航行することが可能でした。波でボトムを叩くことなく、気持ちよいほどスイスイ進みます。ローリング時の復元の早さも特筆ものです。

カヤックを換えると慣れるまでにちょっと時間が掛かるものですが、慣れるためには多少時化気味の状況のほうがベターです。そう言う意味では今回の釣行はAngler410に慣れる良い機会だったかもしれません。NEWブランドカヤックが青森に到着してから20日。今回が6回目のフィールドテストですが、もはや手放せない相棒になりつつあります。

 

明けて今日はAngler410を270に積み替えて陸奥湾へ。

image

本命はイイダコ。

イイダコは朝夕のマヅメ時が勝負なので、本当は朝より夕方のほうがいいのですが、それでも10パイくらいは釣れるだろう・・・と安易に考えていました。結果は惨敗です。

最初こそすぐに釣れたものの、後が続かず、アッと言う間に陽が高くなってしまいました。ポイントの選択も悪かったかもしれません。

ふと周囲を見回すと、ウミネコが騒ぎ始めました。

カタクチと思われるベイトが水面を逃げ回ってます。

すぐに装備を換えて沖を目指します。最初は恐いと思っていたAngler270も、最近はコツを覚えたのでかなり乗りこなせるようになりました。

ウミネコが集まるあたりまで近づいてima ポッキー80をキャスト・・・。

水面が割れて釣れたのは30cmほどのイナダでした。

そこからトップゲームを10時頃まで堪能し、今日の釣りは終了。

カヤック三昧の二日間。カヤックのおかげで今週も素敵な一週間になりそうです。

シーバスジギング

2013 年 9 月 26 日 Comments off

不完全燃焼のまま終わりそうな十三湖本湖のシーバスですが、対照的に海は陸っぱりもニアショアも好調の兆しです。

今朝も西に浮いた仲間からこんな写真が。

130926_130102

80cmオーバー3本ゲットだそうです。メーターオーバーもヒットしたようですが、残念ながらランディング失敗・・との報告でした。

ちなみにヒットルアーはGUN吉40g+SB HOOKです。

まだまだ釣れそうな感じでしたが、漁船が近づいてきて終了だそうです。

 

浅瀬に居着いたシーバスを釣る。

それはKFでしか不可能なKFのための釣りです。そう、「静か」でなければ成立しない釣りです。それがシーバスに限ったことでない事は、今更言うまでもないでしょう。

 

水温も下がり始め、いろんな魚の活性が高くなってきました。

これから2ヶ月半、悔いを残さないように存分にカヤックフィッシングを楽しみましょう。

一歩ずつ

2013 年 9 月 26 日 Comments off

どうすればより快適なカヤックフィッシングが楽しめるか?

基本性能に優れたカヤック本体をベースにしてより使いやすく快適なものへと改良を加えてゆく。ここ暫くはそんな地味な作業が続いています。

そんな中で気づかされたのは、地域によって釣りのスタイルが異なり、装備も異なるということ。

なるほど、そうか・・・と、自らの考えを一端リセットすることもしばしば。穴だらけになったカヤックは見た目に痛々しいですが、ひとつひとつ考えながらの艤装と現場での確認は欠かせない作業です。浮く回数は多くても、釣りをする回数は・・・(泣)。

釣り場の環境も違えばターゲットも異なるのだから、それは当然のことなのかもしれません。自分が思い描くスタイルに合わせただけでは、万人が満足できる仕様にはならないという現実をつきつけられ、その改善のために一歩ずつ前進中です。

思うのは、どんなカヤックであっても、その一艇で万人を100%満足させるのは難しいということ。複雑な海況、豊富な魚種に加えて10人10色のスタイルだからこそ、「日本仕様」のフィシングカヤックの未来はスタイルに合わせたシリーズ化が必要なのだろうと考えてます。

J-Specはその一歩を踏み出したばかり。そして、最終的に目指すところこそがJ-Specであり、ネーミングにはその願望が含まれてます。そのためにはより多くのKFアングラーの意見を取り入れ、具現化してゆくことが何よりも大切だと思います。それは一朝一夕には実現できない長い道のりかもしれませんが、日本におけるKF黎明期を脱却するためには乗り切らなければならない過程であり、多くの方々の意見と協力が必要不可欠だと感じています。

 

ところで昨日、日本におけるカヤック市場もどんどん激化しているのだなぁと思わせる出来事がありました。

個人ならともかく、企業間でこんな事があるとは驚きです。せっかく良い製品を作っているのですから、その行為が裏目に出なければ良いと願います。

それは企業間の問題で、我々ユーザーには無関係なこと。個人的には今まで同様、自分の目で選んだ純粋で曇りの無い誠実なメーカーを応援します。ユーザーサイドとして、またカヤック仲間のためにも不安材料は微塵も必要ありません。今よりももっともっと安全で楽しいKFライフを満喫したい、それが全てです。

ちょい乗りでイイダコ

2013 年 9 月 24 日 Comments off

今日は青森市に午後から用事があったので、夕方少しでも釣りができればいいなぁ・・という思いでAngler270を車載して出かけました。

用事は早々と終わり、海に行ってみると防波堤ではイイダコが釣れてました。

今年ももうそんな季節なんですね。

そう言えば、途中、道路脇の田んぼでは、既に稲刈りの作業もちらほら。まだまだ暑いとは言え、朝夕は涼しさを通り越して寒いくらいです。

ターゲットはイイダコに決定。しかし、イイダコ用の仕掛けがありません。日暮れまで2時間30分。買いに行くのも時間が勿体ないので、手持ちのエギ3.5号を使うことにしました。まぁ、何とかなるでしょう。

陸奥湾は出艇場所に事欠きません。どこからでも出せます。しかも片手で持てる超軽量のAngler270ですから、ヒョイと担いでポンと波打ち際に置けます。魚探無し、タモ無し、ロッドホルダー無しの必要最小限。ロッド1本とエギ1個で出艇です(笑)。

Angler270は十三湖で使って以来ですが、海でもかなり快適に遊べます。陸奥湾はフェリーが通過した後に間を置いて大きな波が来るのですが、そんな波も全く問題ありませんでした。サイズの割にスピードも出るし、パドリング時のバウの横ブレが少ないのも大きな特徴です。軽ワゴン車の中にも入るサイズなので、ちょい乗りには最高の機動力を備えてます。9フィートとは思えない安定性もお気に入りの理由のひとつです。

さて、釣りのほうはと言うと、さすがに3.5#のエギでは大きすぎてなかなか乗せられませんでしたが、1時間30分で何とか二桁釣果。

imgp2268

それでも二人で頂くには十分な量です。

imgp2274

胴の中にはパンパンに「飯」が詰まり、とても美味しく頂きました。

イイダコ釣りに真剣に取り組んだのは小学生以来なのでかれこれ40年ぶり。楽しすぎてハマりそうです(笑)。

カヤックフィッシングの対象として、手軽に楽しめるイイダコは「あり」だと思います。

中古艇のご案内2(フィールフリー コロナ) 

2013 年 9 月 20 日 Comments off

SOLD OUT   売り切れました。ありがとうございました。

フィールフリー コロナ(タンデム2.5人乗り)

・全長:400cm
・全幅:85.8cm
・重量:36kg
・最大積載量:280kg

・カラー:メロン 新品定価123600円

メーカーHP

中央に子どもを乗せられる2.5人乗りです。センターにシートを取り付けてソロで乗ることもできます。
ファミリーユースでも安心な抜群の安定感。立ってパドリングすることも可能です。

付属品:シート×2、サイドストラップ×2、フラッシュマウントロッドホルダー×4(タンデム時の後部座席とソロ時のセンターシートの後ろにそれぞれ2ケ)、自作魚探台、自作アンカートロリー

36kgと少々重いですが、スターン部にタイヤが付いているためコロコロと転がして運ぶことができて便利です。

底に傷はありますが、致命的な深い傷はありません。
津軽地域は配達いたします。

希望価格*****円

img_9683

img_1512

現品は津軽地区にあります。配送不可。直接取りに来ていただけけばベストですが、同地区内の配達は可能です。この中古艇は委託品につき現オーナー様との直接取引になります。

安定感抜群の初心者にも最適なタンデム艇です。魚探やパドル、PFDなど、他に必要なものは当方で全て揃いますのでご相談下さい。

中古艇をご希望の方は、ご希望のカヤックのタイプ、ご希望価格帯など明記して上記メールアドレス宛ご連絡下さい。品物が出次第、優先してお知らせいたします。

J-Spec kayaks 動画

2013 年 9 月 17 日 Comments off

お待たせしました。J-Spec kayaksの動画アップです。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=IUwkkObgmdw

New 振動子固定パッド

2013 年 9 月 17 日 Comments off

以前紹介した茶こしを使った振動子の固定方法は、概ね良好で皆様から好評を頂いております。

今回紹介するのはEVA素材のパッドを使用した固定方法で、茶こしタイプよりも更に使いやすくなっております。

茶こしタイプの欠点は、振動子サイズよりも枠が大きいので、スライムが流れ出しやすいこと。また、振動子を固定するために使用しているフックの接着剤が心許なく、短期間で外れてしまうことの2点でした。

この欠点を解消したのが今回紹介する方法。

使用するのはEVA素材で10mm厚のクッションと、強力な両面テープだけです。

EVAクッションの上に振動子を置いて、細文字用のマジックペンなどで形をマーキングします。そのマーキングラインの内側をカッターなどで切り抜きます。

振動子をはめ込んでみて、キツく納まるくらいがベスト。ゆるゆるだと失敗です。

片面に両面テープを貼り付けて、カヤックの艇底、真下に向く位置に固定して完成。

切り抜き部分にスライム(入れ歯安定剤でも可)を少量入れて、上から蓋をするように振動子をはめ込んで使用します。

imgp2255

この方法だとカヤックの向きに関係なくスライムが垂れてきません。また、ゴムひもやフックを使わなくても振動子の浮き上がりがなく、しっかりと固定されます。

材料費は1個あたり70円です。

Duo410 インプレッション

2013 年 9 月 17 日 Comments off

公式発表を間近に控えたJ-Spec kayaks。私の手元にある現品は、既に10人ほどのKFアングラーに試乗していただきました。

試乗者の中でもっともKF歴が長く、過去に2艇のタンデム艇を乗り継いできたS氏からDuo410の実釣インプレッションが届きましたのでここで紹介させていただきます。尚、実釣は今月15日の早朝5時30分から5時間ほどです。また、他社製カヤックの実名が記された部分はこちらで校正させていただきました。

******************************************************************

■積載・運搬

・他社タンデムと比較して平均的な重量。2人で運搬するには全く問題なし。

・スターン側のラゲッジスペースが凹んでいるため、車載時は車のハッチバックとの干渉が低減。積んだ状態でも、かなり開けられるのが嬉しい。

duo410_01
・フラッシュマウントホルダ×4の標準装備のおかげで、デッキに余分な出っ張りがなく、ルーフキャリアへスムーズに載せられる。前列と後列の間の仕切りが出っ張っているので、最初は少し注意が必要。

■走行性
・バツグンの安定性。左右の揺れ(ローリング)が大幅に抑制されています。シートに座る際や、後ろを振り向いた際にその安定性の高さに驚きます。またエアーパドリング(漕ぎミス)をしちゃっても、艇が揺れないため、バウシートの同乗者にバレません。
duo410_06
・パドリング時にも、左右の揺れと、それに伴う「おしりフリフリ」(ヨーイング)が、かなり抑えられます。結果、カルガモのようなV字波紋の航跡が残ります。
duo410_04
・前列も、しっかりとパドリングできます。水面がかなり近づいたため、手が短い女性でもちゃんと水をキャッチできます。幅は広くなったけど、水面が近くなったため、パドリング時のカヤックとの干渉はありません。
duo410_05
・スピードは、通常時で6〜7.5 km/h、鬼漕ぎで7〜8.5km/hです(フロント女性・リア男性)。男性2人なら、+1km出るようです。
duo410_02
・安定性と直進性が高い分、回転性は落ちます。小回りはしにくいですが、釣りに特化した場合、回転性はさほど重要ではありません。慣れの問題です。
duo410_03
・鬼漕ぎすると、上半身にズシッときます。他社製タンデムでは、おしりフリフリでかなり伝達ロスがありましたが、Duo410は伝達ロスが少ないためか、その分、体への反動は大きく感じます。しかし、その反動分の推進力が直接スピードに反映されることは言うまでもありません。

人によって感想は異なると思いますが、いいカヤックです。

**************************************************************

「このカヤック、ヤバすぎる」・・それが試乗した方々の第一声です。「普通に後ろを振り向ける」安心感は何にも代え難いものです。

試乗した殆どの方が乗り換えを検討するほど、Duo410は優れたタンデム艇に仕上がりつつあります。レーシングカヤックデザインのバウ形状で、主にレジャーを意識したタンデム艇とのスピード差は明確。横風、向かい風にも強い、まさに日本の環境、日本の釣りに適したタンデム艇です。

J-Specの根底にあるのはJ-Soul。そう、日本人の魂です。日本の釣り人、日本の釣り、日本の環境を知らなければ、本当のJ-Specは実現し得ないと考えます。だからこそJ-Specカヤックは出荷前のパーツ類の取り付けを釣りに精通した日本人スタッフが丁寧に、責任を持って行います。ですから、パーツの位置が同型カヤックなのに製品によって異なるなどの日本人が嫌う製品ムラもございません。

今はまだ調整段階。今後更に細かい変更を施しながら、より一層ジャパンスペックを意識した完璧で素敵な艇に仕上げたいと考えております。

デビューまでもう少し!!

注目のソロ艇、Angler410のインプレッションも近日公開です。

中古艇のご案内

2013 年 9 月 17 日 Comments off

SOLD OUT   売り切れました。ありがとうございました 

マリブカヤック プロ2タンデム

・全長:396cm
・全幅:84cm
・重量:27.2kg
・素材:ポリエチレン
・シットオントップ カヤック
・最大積載量250kg
・カラー:マンゴー

メーカーサイト

・今年6月購入で、使用回数は2回です。室内保管ですので、状態は良好の美品です。
・付属品はパドル×1、PFD×2、シート×2、フラッグ

・希望価格******円(価格応談)

image005

image007

image009

現品は大鰐にあります。直接取りに来ていただけけばベストですが、近隣の配達は可能です。この中古艇は現オーナー様との直接取引になります。

coming soon!!

2013 年 9 月 12 日 Comments off

昨日と今日の二日間は、VKJが新たに世に送り出すJ-Spec kayaksのプロモーション写真と動画の撮影でした。

今回青森入りしたJ-Specは、同ブランドの初陣を飾るAngler270、Angler410、Duo410の3艇。

たまたま現場に居合わせたラッキーな方々は、早速試乗し、その実力を体感していただけたと思います。

imgp2232

今回私がメーンで担当したAngler410は、GPS測定で最高時速8.5㎞。追い風時の瞬間速度は9㎞という驚異的な速さです。パドリングが未熟な私でもそれだけのスピードが出るのですから、上手い方が乗れば鬼に金棒です。

imgp2227

14ftクラスとしては最速の部類、場合によっては15フィートクラスを上回るのではないでしょうか。安定性も高く、複雑な波でも安心。艇の上部が大きなRを描いた設計なので、足を艇の外に出して釣る時に足が痛くないという点も個人的には助かります。

スターン側に幅を持たせているので、長さ70cm以下のクーラーボックスが横積み可能。強風時にクーラーが受ける抵抗を最小限に抑えることができます。通常の縦積みなら、90cmまでの長さのクーラーボックスも大丈夫です。

一度乗ってしまえば他の艇に乗りたくなくなる・・・それがAngler410かもしれません。

Angler410とともに、試乗した方々から大絶賛だったのがDuo410。釣りでは殆ど使うことがない3つ目のシートは省き、コクピットを二つに分けることで二人分の十分なスペースを確保。クーラーはスターン部分のスペースに30リットル以上のものが積めます。

特筆すべきはその類い希なる安定性。後ろを振り向くのさえ気を遣うタンデムですか、Duo410はスターン部分に大きな浮力を確保することで全体の好バランスを実現。釣りの最中にありがちな同乗者の不意な動きに対しても、バランスを失いにくい高い限界値が特徴です。その安定性の高さは、凪ぎの時ならば横座りしながらの釣りも可能なほどです。

一番小さなAngler270は、このサイズにスターポートが標準で5個装備予定。湖沼のバスフィッシングに必要な横置き固定タイプのロッドホルダーが最初から装備されています。9フィートサイズとしては広めに取られたスターンスペース。バンジーコードを使って、大きめのクーラーも積み込み可能です。

imgp22451

サイズ的に軽バスならば車内に積載可能なのでチョイ乗りにも最適。釣りだけでなく、カヤックサーフィンでも活用できます。

J-Specカヤックは、工場で素材から作られています。その結果、軽量でありながらボディは剛性を持たせた肉厚設計が実現しました。少しの衝撃で凹んだり、長期の車載で変形したりというトラブルも激減です。

J-Spec kayaksについての詳細は、もうすぐVKJのHPにて正式に発表されます。

「ちょっととんがった日本仕様」J-Spec Kayaksに乞うご期待。

尚、今回紹介いたしました3種類の艇に関しましては、弘前倉庫で現物が見られます。また、試乗も可能ですのでご相談下さい。

(写真はデモ艇につき、製品と多少異なる場合がございます)