アーカイブ

2013 年 3 月 のアーカイブ

nemo2+1静波モデル 納艇

2013 年 3 月 30 日 Comments off

年度末という事もあり、荷物の到着は遅れ気味です。

いつもなら中継点の市川から10時間ほどで到着するカヤックですが、今回は到着が14時。いつもより2時間ほどの遅れです。

オーナー様の車で引き取りに向かい、早速ご自宅で基本的な艤装。最終的な調整は実際に釣りをしてみて、個々の好みで変えてゆくことになりますが、魚探や振動子、アンカートロリーの取り付けなど、とりあえず釣りができる状態になるまでおおよそ2時間半掛かりました。

今回の2+1静波モデルは色が最高です。

img_0157

スターン側からグリーン/イエロー/オレンジ。サンセットマンゴーという感じでしょうか。

この艇はバイキングカヤックジャパンで作られたオリジナルカラーとしては最後のモデル。6色に限定された今となっては、同じカラーが地方で出回ることはありません。残念ですね。

img_0154

オーナー様が釣りたいのはマダイやシーバス、メバル、アオリイカなど。メバルとマダイは既にシーズンインしている状況ですが、とりあえずパドリングの練習から始めましょう。

進水式は4月初旬かな?楽しみですね。

ドタバタ

2013 年 3 月 27 日 Comments off

締め切り間近のMOOK原稿。新聞の原稿。月刊誌の原稿。

やらなければならない事がたくさんあります。いや、やってます。

が、4月5日までの短期間にカヤックの納艇予定が4件もあり、そちらの準備もあってドタバタしてます。

やはり一番人気は2+1ですが、profish45も県内6艇と着実に数が増えてきました。

 

忙しいとストレスが溜まります。

ストレスが溜まると浮きたくなります。

今朝は気がついたら鰺ヶ沢に居ました。

約5㎞のパドリングで軽く汗をかき、大きなウネリと遊んで、釣りは10分ほど。

チビアイナメだけでしたが、気分的にスッキリして10時過ぎには上陸。

ちょっと筋肉痛だし、親指の皮がめくれて痛いけど、これで心おきなく仕事に専念できます(笑)。

 

さて、いよいよ4月からは本格的にKFを楽しみます。

作っちゃうかも

2013 年 3 月 26 日 Comments off

カヤックフィッシング用のロッド。

もちろん、ターゲットによって最適な長さと調子は異なりますが、専用ロッドの市販品は少なく、しかもそれらが自分のスタイルに合うとも限りません。

今回の国際フィッシングショーでは、十三湖で使用するカヤック用のロッドを探し、時間が許す限り各社ブースを廻ってみました。

が、結論を言えば自分のスタイルに合ったロッドに巡り会えなかった・・というのが結論です。

レングスは7フィート3~4インチ、ライン3~8ポンド程度まで対応で、キャスティングウエイトは3~10g程度で良い。ティップが柔らかめでベリーからバットに掛けての粘りがあり、長くも短くもないグリップエンド。

これらの条件に合ったソルト用ロッドでは、メバリング用が近い位置にありますが、バット部分のパワーにやや不満が残ります。一番近いのはバスで使用するノーシンカーワーム用のスピニングロッドかもしれません。

いろいろ考えた末に辿り着いた極論は、ロッドをオーダーで作ること。幸い、その方面の業界に携わる知り合いも少なくなく、lotあたり50本程度で作れるとのこと。

好みの物ができるまで時間が掛かりそうだし、良い物を作るとなるとコスト面で厳しいですが、作っちゃうのが一番手っ取り早い方法なんじゃないかなぁ・・とちょっと乗り気です。

進水式日和

2013 年 3 月 25 日 Comments off

先日納艇した2+1静波モデル。

私はFショー参加で残念ながら立ち会いできませんでしたが、べた凪晴天に恵まれた日曜日、無事に進水式を終えられたようです。

moblog_f760a33d1

2+1にお仲間と2名で乗艇。最初はドタバタしたようですが、後半はスムーズにパドリングを楽しめたとの報告を頂いております。

moblog_98290f241

マリーンスポーツに慣れたオーナー様ですので、コツを掴むのも早いと思いますが、安全第一でカヤックフィッシングを楽しんで下さい。

ca3j0903

さて、いよいよマダイシーズンに突入ですが、カヤックフィッシングでなければ攻められない竿抜けポイントは無数に存在します。ゆっくり出かけてたくさん釣れるのがカヤックフィッシング。焦ることなくのんびり楽しみましょう。

レイルブレイザ新製品

2013 年 3 月 25 日 Comments off

横浜で開催された国際フィッシングショー。

ワールドダイレクト社(バイキングカヤックジャパン)、およびカヤック連合はメインステージの真ん前という好ポジションでの出展となりました。

私も最終日はバイキングカヤックジャパンのブースでお手伝い。

と言っても、ブースに立っていただけですが・・・。

 

個人的に、「これは買い!」と思ったレイルブレイザ製の新製品を紹介します。

まずは2種類のエクステンション。

img_0131

ストレートタイプは長さが何種類かあるようです。これがあれば、ロッドホルダーや魚探の角度、高さ調整が容易にできます。テーブルを設置する時にはかなり役立ちそうですし、フラッグの角度調整にも使えます。

次は夜間航行時や薄暗い状況で便利なLED全周灯と2色灯。

img_0133img_0134

全周灯はスイッチの切り替えで点灯、点滅、部分点灯が可能です。2色灯(正確には3色)もスイッチの切り替えで1色、2色、3色の点灯が選択できます。価格未定ですが、2~3千円ということでした。基本的に夜釣りは推奨しませんが、夕暮れなど、帰艇が遅くなりそうな時には欲しい装備です。

こちらはタイヤ部分にアタッチメントを装着することで砂浜でも使えるドーリー。レイルブレイザと合併したC-TUG社の製品です。

img_0140

樹脂製で重さは3.5kg。パーツは全て取り外し可能で、折りたためばかなりコンパクトになります。120kgまでOKなので、カヤックはもちろん、船外機付きのミニボートまで対応できます。価格未定ですが、1.6万円前後とのこと。

いずれも4月中旬頃からの取り扱いとなります。

 

こちらは由良拓也氏(ムーンクラフト社)デザインによる話題のカタマランキット。先日のボートショーに引き続き、今回も現場で注文を頂くほどの大好評でした。ニモフィッシャーマンは一例で、様々なタイプのカヤックに対応した設計となっております。

img_0148

キット単体の価格は10万円前後を予定しているそうです。

 

今回は世界的デザイナーであり、アングラーでもある「由良拓也氏」、ACA公認インストラクターの「長桶氏」、そしてカヤックフィッシングでお馴染みの「のぶぞうさん」や「蓮池氏」と共に秘密のお話しも(笑)。かつて無い豪華メンバーのコラボレーションによって「日本人による、日本の釣りのための」素敵なプロジェクトが動き始めました。

2+1静波とprofish45

2013 年 3 月 20 日 Comments off

お彼岸の中日はお墓参りに・・・というのが正しい行動かもしれませんが、何故か朝から大忙しでした。

午前中は8時の出発で浪岡入りし、PCの修理。慣れないwin8ですから、少々時間が掛かり、終わったのは11時過ぎ。

急いで弘前に戻る途中、タイミング良く運送屋さんから荷物到着の電話。

カヤックをご購入いただいたオーナー様と合流して引き取りに。

最近は運送屋さんとも顔見知りになってしまい(笑)、引き取りに行くといつも車載を手伝ってくれます。

今日も到着早々に声を掛けていただきましたが(いつもありがとうございます)、今回は二人なので運送屋さんの手を煩わせる事なくパパッと車載を終えることができました。

2+1静波モデルとprofish45を車載した2台の車は小雨の中一路西へ。

3時間ほど掛けて、2艇に基本的な艤装を施し、ホッと一息付けた時には外は薄暗くなってました。

imgp1431

いつでも浮ける状態。日曜あたりに進水式かな?

楽しみですね。ただ、私はFショーで不在なのでお付き合いできません。

無理しない程度でお願いします。

納艇までいろいろ有りすぎてご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ございませんでした。

正直、無事に納艇できてホッとしてます(笑)。

ありがとうございました。

さて、明日からの数日は横浜です。24日の日曜はメインステージ前のバイキングカヤックジャパンのブースに昼過ぎまで居ります。

そんなわけで、明日から日曜までの間に頂いたお問い合わせメールの返事は25日となります。ご了承下さい。

ご案内とご注意

2013 年 3 月 19 日 Comments off

日本のカヤックフィッシングブームに便乗して、バイキングカヤックに良く似せたC国製のコピー品が出回り始めたそうです。

本物はスターン部分にシリアルナンバーが入っており、バイキングカヤックジャパン及び販売店では、そのシリアルナンバーを個々に管理しております。10年保証は最初の購入者と登録されたシリアルナンバーを持つ艇だけに適応されます。

imgp1428

あれ?と思ったら、シリアルナンバーを確認してみてください。

 

原油高騰と急速に進んだ円安、及び工場移転に伴って一部製品の仕様変更が発表されたバイキングカヤックジャパン(ワールドダイレクト社 グレアム・セイヤ代表取締役)ですが、工場と一緒に新たに設立された別会社、フィッシングカヤックジャパンと当店の取引予定はございませんのでご了承下さい。

日本市場向けの徹底したハイクオリティ、アフター、サービス、そして何よりも日本を愛し、お客様第一と考えるバイキングカヤックジャパンとの取引を引き続き継続してゆく方針です。尚、人気モデルの「2+1静波モデル」及び「ニモフィッシャーマン」はバイキングカヤックジャパンのみでの取り扱いとなります。

雨の納艇

2013 年 3 月 18 日 Comments off

生憎の雨模様ですが、カヤックの到着を待つオーナー様にとっては、雨も吹雪も関係ありません(笑)。

少しでも早くお届けしたく、朝6時には弘前市を出発して青森市に向かいました。

朝のラッシュを考慮しての早い出発でしたが、予定より少し早く到着してしまったのでカヤックを車から降ろしてオーナー様が到着する前に最低限の艤装を施します。

オーナー様と合流後は、諸々の説明とキャリアパッドの製作、キャリアの取り付けなどの作業を行い、車載の練習なども含めて4時間ほどで引き渡しを完了です。

さすがランクル。profish45でもそれほど大きく見えません(笑)。

imgp1426

エサ釣りもルアーも両方を嗜む方なので、「最初は夏泊のカレイかな?」とのこと。

35cmの巨大シロギスも一緒に狙えればいいですね。

4月上旬の進水式まで、あれこれと妄想を楽しんで下さい。

その妄想、実現します。

さて、20日はprofish45と2+1 静波の納艇ですか・・・予報ではまた荒天のようです・・・。

Profish45

2013 年 3 月 16 日 Comments off

来週青森市に納艇予定のprofish45を運送屋さんまで引き取りに行ってきました。

久しぶりに車載したprofishは大きいなぁと感じますが、やはりフラッグシップの貫禄があります。

今回のカラーは自分のprofishと同じオレンジ/イエロー。

一般的にサンセットカラーと言われ、海上でよく目立つので安全面でも有利で、また写真やビデオで撮影した場合に、もっともカメラ映えがする色です。

自分もカラーを決める時はあれこれ迷ったのですが、視認性の問題と仕事に使うことを考えてサンセットカラーを選択しました。

最近、漁師さんとお話しする機会が多いのですが、遠くから視認しやすい色にして欲しいとよく言われます。特にオレンジ系が見やすいそうです。また、フラッグの高さも2m以上欲しいという意見がありますが、フラッグを大きく高くし過ぎると、強風時の抵抗が大きく、バランス的に問題が生じること、また転覆時には艇の復元に支障をきたしやすくなる事もまた事実です。

艇の色は好みがあり、フラッグの色やサイズ、長さも難しい。

大切なのは、カヤック側が常に周囲に注意して、危険と感じたら早め早めに避航することでしょう。

 

今回のprofishは最初からフットブレイスを装備。つまり、オーナー様は本気の姿勢です。艤装は安全面最重視の必要最小限にする予定です。

4月には一緒に浮けるかな?釣りに対する考え方に共感が持てる方なので、同行が楽しみです。

週明けの納品まで、もう少しお待ち下さい。

profishのオーナー様もどんどん増えてきました。近々、マンゴーカラーも入荷予定です。

今年浮いてみたいところ

2013 年 3 月 14 日 コメントはありません

本業、カヤック、その他いろいろあって更新が遅れ気味です。ごめんなさい。

このところ三寒四温?というか、まだ四寒二温くらいの状態が続いてますが、春はもう目の前。手が届くところまでやってきてます。

昨年からカヤックフィッシングを始めて、その「味」をしめた仲間達はもちろん、今年から新たにチャレンジする方々も、今が一番やきもきする時期でしょう。もう少しの我慢です。

 

さて、「今年浮いてみたいところ」が自分にはたくさんあります。

他県では山形県の最上川河口、秋田の向浜と船川沖、そして男鹿。

青森県内は岩崎沖のマダイとヒラメ、深浦沖の巨大ホッケとマダイ、ヒラメ、キジハタ、アオリイカetc。

鰺ヶ沢沖のマゴチ、ヒラメ、クロダイ、巨大シロギス、サケ、サクラマス、メジマグロ。

小泊の親アオリも釣りたいし、津軽半島はミノーイングのマダイ。

更に陸奥湾、下北、三沢方面まで・・・・切りがありません。

夏場はほとんどシーバスなので、その他の季節にどれだけのポイントに浮けるのか?

まあ、全ては無理でしょう。

ただ、今年はカヤックフィッシングの連載を抱えているので、去年より釣行回数が多くなりそうです。

シーズンインが楽しみ!!