アーカイブ

2012 年 9 月 のアーカイブ

カヤックエギング(赤石沖)

2012 年 9 月 30 日 Comments off

ちょっと仕事が残っているのだが、今夜から台風の影響で大荒れとの予報で、嵐の前のひとときをアオリイカと戯れてきた。

アオリイカのような起伏の多い岩礁地帯が中心のオフショアゲームは、船外機付きのボートでは危険を伴う。よって、エギングはカヤックが得意とする分野のひとつと言える。

朝6時ちょっと前に、仲間の艇とともに赤石漁港から出艇。

漁港先端付近の、陸っぱりからは届かない場所にエギをキャストすると、一投目から良型がヒット。

調子良く釣れ続くものの、急に強い西風を伴った雨が降り出し、一時待機。

その後、風が止まり、雨も止んだのを見計らって、イカ焼き前水深15m付近までを探ってみた。

ウエイトの重い、いわゆるティップランエギングと普通のエギを使った釣りを織り交ぜて攻めてみる。

活性が高い時のティップランは効率が良く、短時間での数釣りが可能。

p9300028

だが、活性が下がるとユックリとフォールできる普通の釣り方に軍配が上がる。

水深15m程度であれば、これら二通りの釣り方を状況にあわせて使い分けるのがベストだろう。

午前11時の帰港まで、ほぼ入れ食い状態。

imgp0676

陸っぱりとの大きな違いは、エギの抱き方。釣り人の多いポイントでは、触手1本だけでヒットするケースも珍しくないが、カヤックエギングでは外すのが大変なほどガッツリとフッキングしてくる。全く警戒していない証拠であり、「身切れ」によるバラシも皆無である。

ただ、墨が怖いばかりに取り込みには時間が掛かり、それほど数は稼げない。最終釣果は二人で80パイほど。最大は胴長で22cmなので、数もサイズも陸っぱりと大差はない。実際、今日の津軽半島には多くの仲間が繰り出していたが、全員が30パイ前後の釣果だし、サイズも同じくらいだった。

今はまだ、スレの少ないアオリが堤防や磯でたくさん釣れているので差は出にくいが、これから次第にスレが進み、数が減ってくるとカヤックが有利になってくるはずだ。

とりあえず目標は㎏サイズ。居ないわけではないが、どこに居るのか?が大きな課題。

さて、エギングを終えた頃にはカヤックはスミだらけ。かなり注意してたのだが、相手がアオリイカである以上、スミからは逃れられそうもない。

帰港後は準備しておいた洗剤と真水を使い、タワシでゴシゴシ。直ぐに清掃したこともあり、スミ跡はほぼ目立たなくなった。そのまま放置して艇が乾けば、きっと落ちない汚れになってしまうだろう。

カヤックエギングに洗剤と真水、そしてタワシは必需品。

DATA

YAMARIA エギ王 DDスパイダー25g・sanyo エギングPE0.8号

簡易キャリアを作ってみた

2012 年 9 月 28 日 Comments off

愛艇profish45の自重は28kg。

しかし、艤装を施してゆくと幾分重さが増すので、現時点で30kg近いかもしれない。

最初の頃は車の積み降ろしに手こずったが、それでも慣れというのは恐ろしいもの。最近は一人での積み降ろしもさほど苦にならない。

ひとつだけ大変なのは、車から水辺までが遠い時。20~30mなら問題なくても、50m以上になると結構厳しい。段差があれば尚更のこと。

艇の中央部付近にトグルを追加して、何とかそれでしのいでいるが、どうしても水辺まで遠いポイントは敬遠しがちになる。

ドーリーを使うという方法もあるが、高価な上に大きい。今の段階でも車内は釣具やその他でいっぱいなのに、これ以上の荷物は増やしたくない。

いい方法は無いものか?と常々考えていたのだが、知り合いの車屋さんから良いアドバイスを頂いた。

カヤックに2本のベルトを掛けて、肩掛け式で持ち運ぶという方法。

なるほど、この方法なら楽かもしれない。

ベルトは幅が広いほど良いし、重い荷物用の専用も売られているが、30kg程度ならば2cm幅もあれば足りる。

できるだけ安く上げるために購入した材料は、荷締めベルト2本と12mmロープ1m、そしてクッション用のビニールチューブ1.5m。材料費はトータル1005円。

ロープにチューブを通して両端をさつま結びで処理。荷締めベルトにもチューブを通せば作業は完了。

カヤックにセットしてみるとこんな感じ。

imgp0661

ベルトの位置は、カヤックの重心をチェックしながら決める必要があるが、profish45の場合は、センターを挟んだスカッパーホールの位置でバランスが取れる。

実際に肩に掛けて持ち上げてみると・・・これは楽ちん。

今までは艇を進行方向に対して真横に持って移動していたので歩くのも大変だったが、この簡易キャリアを使えば艇が縦の状態だし、風の抵抗も少なくて済む。つまり、水辺までの運搬時間も短縮できる。

ベルトを掛けるのにちょっと時間が掛かるという欠点は、荷締めベルトをスカッパーホールに通すという方法に変更することで解決。チューブの効果が薄く、肩に食い込んで少々痛いロープは改良の余地あり。

 

カヤックを車から降ろしたついでに、カーキャリアのクッションも交換。

今まで使っていた水道凍結防止用のウレタンは、カヤックの重さで凹み、クッション効果が足りない状態になっていたし、元々厚みが足りないのでスターポートが車の屋根に干渉するという欠点があった。

今回は硬質発泡でちょっと径の大きいものを使用。

imgp0667

ただ、キャリアベースの太さと内径が微妙に合わず、これも長持ちしそうにない(笑)。

今期はこれで通すつもりだが、来期は専用が必要かな。

カヤックエギング

2012 年 9 月 27 日 Comments off

アオリイカのシーズンです。

昨年は不調だったけど、今期は爆釣の予感。

そして、カヤックが大活躍の場でもあります。

さきほど、仲間から電話があり、水深10mラインで胴長20cmサイズがいい感じで釣れ続いているとのこと。

おかっぱりは釣り人だらけで、サイズも小さめ。

陸からでは攻めきれない離れテトラの外側や100mほど離れた岩礁など、カヤックでなければ攻められないアオリイカポイントはやまほど存在している。

カヤックフィッシングには最適のターゲット・・・なのだが、悩みの種はやはりスミの処理かも。

潮流や風など、流れ具合にもよるが、いわゆるティップランという釣り方は水深50m以上でも行われている。

そんな時は50gなんてサイズのエギが使われるのだが、カヤックで陸に近いところを攻めるのならば、25~30gがベストだろう。

ヤマリア製のDDスパイダー

漁具屋のエギは良く釣れます。

きのこと小魚

2012 年 9 月 26 日 Comments off

ロープの「結び忘れ」で紛失したマッシュルームアンカー。

とりあえずの代用品で、安価な「漬け物石」を使っていたが、風が強い日は結構な速さで流されてしまう。

少しずつ流される分にはむしろ好都合なのだが、都合良いスピードで流されることは少ない。

やはり、軽くてもしっかり留まるマッシュルームアンカーでなくちゃ。

PVCの3.5kg。

imgp0657

茎?の部分は長めのほうが艇に上げやすい。

お疲れ様の漬け物石は予備に。

結局安物買いの銭失いかな?

******************************************

今期大活躍のima SUKARI 50SSとima popkey80。

imgp0660

シーバスが終われば、来期まで出番は無いかな?と思っていたけど、青物のナブラ打ちで大活躍。

店頭から姿を消すのが早く、特にpopkey80は地元にはほとんど在庫無し。

来年も活躍してもらわなければならないし、ハイシーズンには入手困難なので今のうちに確保。

一番釣れたpopkey80の「ハゼ」は1個しか手に入らなかったけど・・・。

あとは、SUKARI 50SSの「玉彩」を探さねば。

カヤック日和

2012 年 9 月 26 日 Comments off

ついこの前まで「暑い暑い・・」と愚痴ってたのに、ここ数日、朝晩はめっきり涼しくなりました。

今日は朝から晴天微風。

まさにカヤック日和。

imgp0620

空も高くなり、秋の気配が漂ってます。

出艇直後からいい感じで釣れ続き、最大は75cmクラス。極端な小型も少なく、55~60cmが多い感じ。

imgp0634

終盤か?と思いきや、まだまだ魚体のコンディションは良好。サイズの割にかなりパワフル&トルクフル。

imgp0629

4人で50本。
写真撮影のためにカヤックに近づかなければならず。それが無ければもっと釣れてたろう。

imgp0640

仲間たちとワイワイ言いながらの釣りは楽しい。
笑顔で始まり、笑顔で終わる釣り。

imgp0649

こんな時間が大好き。
みんな、ありがとう。

Espri Angler

2012 年 9 月 25 日 Comments off

先日のブログでちょっと書かせていただいたのですが、バイキングカヤック本国で販売されているEspriという12フィートモデルについて。

国内では型が無いので製造できませんが、ある程度の数がまとまれば輸入可能ということ。

興味がある方は、お問い合わせ下さい(VKに直接問い合わせも可)。

ちなみに、日本で販売する場合の価格は未定です。

ぬるい釣り

2012 年 9 月 24 日 Comments off

淡水と海水では、パドリング時に体が受ける負荷が大きく違う。

海は複雑で早い潮流や風、波、ウネリなど、パドリングを邪魔するたくさんのファクターが存在するために、汽水湖や淡水の止水に比べて体力の消耗が激しい。

ここしばらく、汽水湖を中心にぬるい釣りをしていたせいもあるが、久しぶりに海に出た後は軽い筋肉痛が続いている。
生活に支障が出るほどではなく、「心地よい筋肉痛」と言える程度なので問題はないのだが。

カヤックを始めた当初、パドリングの方法に無理がある(つまり下手)ためか、頻繁に親指付け根付近の皮が剥けていた。
その症状も最近は無くなっていたので、ちょっとは上達したのかな?と思っていたが、海に出てみるとこの通り。

imgp0608

しかも、右だけこんな感じで、左は痛みさえ無い。

当初はそのうち硬くなって、「パドリング豆」でも出来るんだろうと思ってたが、その兆候もなく、「まだまだ初心者だなぁ」と、傷絆創膏を貼りながら実感するのである。

ぬるい釣りばかりしていたのでは、カヤックは上達しない。
「カヤックフィッシングを楽しんでます」
と胸を張って言えるようになるためには、やはり海の釣りを繰り返してスキルアップする必要がありそうだ。

プラス1艇の選択

2012 年 9 月 23 日 Comments off

カヤックは長いほどスピードと直進安定性に優れている。

その分、方向転換がしにくい、一人での積み降ろし、持ち運びが困難などの欠点もある。

マイカヤック profish45は、そう言う意味ではフィッシングカヤックの最高峰であり、どんな環境でも不安を感じない「安心感」は捨てがたい魅力。スピードだってニモフィッシャーマンの1.5倍近く出せる。
不満と言える不満は無いが、重量の点ではやや不利。駐車場から出艇場所が遠い場合には、わずか20kgのニモフィッシャーマンに嫉妬を感じてしまう。

気合いを入れて「さあ、釣るぞ!」という時にはprofish45が最高に決まっているのだが、例えばポイントを探しながらのドライブで「ちょっと釣りしてみようか」なんて時、仕事の合間に「ちょっと時間が空いたので」なんて時は、手軽に浮かべられるサブ艇が欲しいと感じるようになった。

現在、バイキングカヤックジャパンで販売されているシングル艇で一番軽いのはオージーというモデル。3m以下の艇で、内水面で遊ぶには問題ないし、重量も魅力的だが、汽水湖での風と波に対処できるか?と言えば、初心者の自分には難しそう。
そうなると残る選択はニモ シングルなのだが、大人気のニモは多くの仲間達の愛艇。

だから
「う~ん、みんなと違う艇が欲しいなぁ」
なんて思うのだが、今のところ他に選択肢はない。

できれば12フィートクラスがいいなぁ・・と思い、バイキングカヤック本国のサイトをのぞいてみると、

バイキングカヤック ニュージーランド

日本では販売されていないEspriなる艇がある。

Espri angler

ニモシングルよりも広いデッキと後部ラゲッジを持ち、全体的にスマートなイメージの12フィートで、重量は22㎏。
個人的にはサイズも重量も理想的。軽自動車に積載できるというのも魅力。
日本で販売されていないのには、それなりの理由があるのだろうが、今後も販売される予定はないのかなぁ?

同じサイトで見つけたのは、Profish400という、これまた日本では未発売のモデル。

profish400

長さ4100mmで重量24㎏は、profish45と比較してやや微妙なサイズと言えるが、スペース的な配分を見る限り、使い勝手はかなり良さそうだ。

いずれにしても、これらは日本では販売されていないモデルなので、欲しくてもどうしようもない。
最終的にプラス1艇の選択は、ニモ シングルを自分なりにカスタマイズしたものになるのかな?

現実的にまだまだ買えないけど、夢と妄想で楽しむ分には罪は無し(笑)

久しぶりの海

2012 年 9 月 22 日 Comments off

ここ数ヶ月は淡水と汽水でばかり遊んでいたので、ちょっと海が恋しくなった。

好調のアオリイカも楽しそうだが、とりあえず青物とフラット狙いで七里長浜へ。

この一帯は沖合1㎞でも水深10mという遠浅なのだが、岸から200m付近が海岸線と平行に深くなっていて、4m~8mまで落ち込むカケアガリになっている。

岩盤状の海底で、ベイトが多く、青物やマダイもこの周辺に集まりやすい。

開始早々に同行の仲間がマダイをゲット。わずか水深5~6mのサーフでもマダイは釣れるのだ。

imgp0607

単発のナブラがあちこちに発生しはじめ、イナダが釣れ始める。

しかしこのイナダ、メタルジグや普通サイズのミノーでは全く反応しない。

ベイトは数㎝のカタクチ?らしく、5~7cmのミノーが好反応。

よって、タックルもライトでなければ飛距離が稼げず、ラインも5~6ポンドを使う。

エサが多い時のナブラは、何をキャストしても釣れないパターンが多いが、小型ミノーならばヒット率は高い。だが、数グラムのミノーをキャストしてナブラに届かせるためには、船とナブラの距離が20m以下でなければならない。

たまたま偶然船の近くで沸くケースを除けば、動力船でこの状況に持ち込むのは困難。カヤックだからこそ可能なナブラへの超接近でのみ、小型ミノーのナブラ打ちは実現するのである。

ナブラを見つけてはパドリングをくり返した6時間。

dscn0592

トップでのヒットもあり、久しぶりに青物のファイトを堪能できた一日だった。
カヤック最強!!

Lure
ima SUKARI 50SS
ZipBaits Rigge 70s s-line
ima popkye80

強襲

2012 年 9 月 21 日 Comments off

先月のこと。

いつものようにカヤックで漕ぎ出してポイントに到着。最後の一漕ぎを終えたと同時に、左顔面、目の下あたりに激しい衝撃。
一瞬脳震盪を起こしたように目の前が真っ暗になり、危うくカヤックから落艇しそうになった。
強烈な痛みでその瞬間は何が起きたのか分からなかったが、ふと気づくと太ももの上にズッシリと重みが。

そこに居たのは、胴回りの直径が20cmはあろうかという巨大な「ボラ」だった。

カヤックを停止した瞬間に、運悪くボラの強襲がヒットしてしまったというわけだ。

顔は痛いし、ボラは暴れるしでしばしパニック。

しかもカヤックのデッキがボラのヌルヌルで大変なことになりだした。

憎っくきボラに仕返しをしてやりたかったが、ボラにも命はある。

ちっくしょ~という思いが強かったものの、誰を責めることもできず、むんずとボラを掴んでお帰り頂いた。

後に残ったのは軽く出血して腫れた顔面(ボラの残り香あり)と、ヌルヌルでボラ臭の香るデッキとウエア。デッキは洗えば何とかなるが、ウエアは何ともし難い。

結局、その後半日はボラのかぐわしい香りの中で釣りを続けた次第。

腫れた顔の説明を仲間にすれば、「大丈夫?」と言いながら大笑い。

2cmほど切れた傷跡は、その後3日ほど治らず。

エイの大群も怖いけど、いろいろ痛いなぁ、ボラのミサイル攻撃は・・・。