アーカイブ

2012 年 4 月 21 日 のアーカイブ

おすすめは専用艇

2012 年 4 月 21 日 Comments off

知り合いからの電話。

「中古のカヤックを2~3万で売るって言う人が居るんだけど、どうだろう?」

まただ。

実は最近、この手の話がとても多い。そのほとんどがシットインタイプで、シットインタイプの中古在庫が意外に多いことが伺える。

買うかどうかを決めるのは私ではないので、最終判断はお任せするとして、

「釣りに使うならばシットオントップがいいよ」

とだけアドバイスする。

似たような形、似たような呼び方でも、用途が異なると扱いにくいのはカヤックに限ったことではない。

ちなみに、フィッシングカヤックと名の付くものは、中古市場では6~7万が相場。しかも、すぐに売れてしまう。

2~3万で買えるカヤックも確かに魅力的だが、ちょっと高価でも、中古でも、やはり専用艇を買ったほうがいいに決まっている。

 

昨夜の注文で、また一人カヤック仲間が増えた。

カラーはまたまたオレンジ・イエロー(笑)。

これで仲間内の半分以上が同じカラーの艇。

派手な集団だ(笑)。

カートップ

2012 年 4 月 21 日 Comments off

トラックでもない限り、カヤックの車載はカートップになる。

注意が必要なのは、車載可能なカヤックの全長。

道交法では車両の全長×1.1まで無許可で車載可能なので、ハイラックスサーフで4.35mのプロフィッシュ45は全く問題ないということになる。

軽自動車の場合だと3.4m以下なので、最長でも3.74mまでとなる。しかし、ギリギリの長さの車載は無理があるので、3.2mのニモ フィッシャーマンサイズが妥当だろう。

購入前に車検証でマイカーの全長を調べておかないと、買ったはいいが車載できない・・・なんてことになるので注意。

 

以前使っていたキャリアは、外して屋外に置いたら盗まれた。古くて錆びたキャリアでも使ってくれる人が居るならそれでいい。

でも、キャリアが無くては車載できないので、貯まっていたポイントとセール割引をフルに活用して新調。バーにはウレタンと防水の絹目テープを使った自作のクッションを取り付けた(2本で280円)。

p42043111

1470mmのバーだが、実質積載できる幅は1mほど。カヤックの幅が80cmくらいあるので、横積みだと1艇しか積めないことになるが、どうしても2艇積みたい時は縦積みの工夫が必要だ。

このままだと不便なので、いずれカヤック用のリフターも装備する予定。

キャリアへの固定と車の前後への固定は4mと6mの「荷締めベルト」を使う。ロープよりも確実だし、何よりも扱いが簡単。しかもカラフルで安いのが魅力。