アーカイブ

2012 年 4 月 10 日 のアーカイブ

経緯(いきさつ)

2012 年 4 月 10 日 Comments off

 トレーラブルや車載可能な「ミニボート」ブームに拍車が掛かったのは全長3.3m未満の船体に2馬力以下のエンジンを搭載した、いわゆる「免許不要艇」の存在が大きく関わっている。
 そのブームを追いかけるように浸透してきたのがカヤックフィッシング。こちらは免許もエンジンもトレーラーも必要なければ、上げ下ろしのスロープも必要ない。つまり、カヤックを下ろすことさえできれば、好きな場所から漕ぎ出して釣りが楽しめるというわけだ。
 推進力が人力だから、体力的制限もあるし、天候にも左右されるが、なによりも安さと手軽さが魅力。ウェーディングの延長線という見方をすれば、今までルアーが届かなかった場所をダイレクトに攻められるし、年々衰えつつある体の筋トレにもなる。釣りとスポーツの両方が同時に楽しめるのだから、今の自分にとってこんな楽しいことはないのだ。

 シーバスを例に挙げてみよう。例えばシャロー域の中州まわりや葦廻り。シャローと言ってもそれなりの水深はあるので、オカッパリからではウェーディングの限界がある。かと言って小型ボートでは座礁の恐れがあって侵入不可能。特に、インフレータブルで葦の中に入るのは危険すぎる。
 無数のボイルを確認しながらも、そんなロケーションゆえに泣く泣く諦めざるを得なかった難攻不落のポイントも少なくはないのだ。
 そんな「中途半端な水深」こそカヤックが本領を発揮するロケーション。最後に残された手だてこそがカヤックフィッシングであり、それがカヤックフィッシングにチャレンジしようと思った経緯である。