アーカイブ

‘その他’ カテゴリーのアーカイブ

ぼちぼち

2018 年 2 月 6 日 Comments off

メバルもぼちぼち飽きてくる頃です。

他に冬の釣りものと言えば、カレイ。
この時期の陸奥湾は、どこでも良型のマコガレイとクロガシラガレイが狙えます。
超寒いけど。

今期もぼちぼち好調。
サイズは今のところ34~35cmが最大ですが、釣れれば30cm級で、身の厚いプリップリ。
抜きあげに躊躇する重さです。
食味も、春~初夏ほどではありませんが、煮付けや焼き物が最高です。
海辺に住んでいるなら、寒の浜干しなんか最高でしょうね。

image1

たかが投げ釣りと侮ることなかれ。
時間帯や仕掛け、エサ、誘いなど、釣るためにはいろいろとクリアーしなければならないことがあります。
実際、同じ釣り場でも去年と今年では傾向が違うため、仕掛けにはちょっと工夫が必要。
今期はカニさんとエビさんが少なめなので楽ですが、ハゼは相変わらず多いです。

昔は普通だったカレイ釣りも、最近はほとんど釣り人を見かけないので、大釣りの確率は高いです。

関西方面から、キジハタジギング用で受注が一気に増えたSBフック
いつもより少し早いですが、今期分の販売を開始いたしました。
マダイにも効果的ですが、キジハタ狙いには、もはや欠かせない存在です。

ちょいハマリ

2016 年 7 月 22 日 Comments off

やり始めると、ついつい熱中してしまう悪いクセは、今も昔も変わらないようです(笑)。
30年振りのライギョは、昔とタックルもルアーも大きく変わり、自分にとってはとても新鮮な釣りでした。
しかも1時間も時間があれば楽しめるし、カヤックで浮けない天候でも遊べるので、最近は車にタックルを常備。
時間を作ってはちょいちょい出かけて遊んでます。

とは言う物の、タックルは相変わらず専用ではなく代用品。リールもシーバス用です。一緒に始めた仲間も、多くが代用タックルで、ブランクにタコのマークが付いていたりします(笑)。
雷魚アングラーの方には叱られるかもしれませんが、ビギナーなので何とぞお許し下さい。

釣果のほどは?というと、雷魚のご機嫌次第ですが、調子が良ければ2時間で4~5匹ほど。下手っぴなので、バコッ・・と出る数の半分程度かそれ以下しか捕れてませんが・・。

img_3813img_3833img_3779

初心者なりに十分楽しめてます。
今のところ最大は75cmで、ほとんどが60cm台。それでも自分がキャストしたカエルに反応してくれれば楽しいのです。

img_3817img_3826

何にでも反応してくれそうな雷魚だから、百均からこんな物を見つけてきてルアーを作ってみたり(笑)。
夏限定ですが、なんか楽しいです。

img_3801

夜の部のナマズ君も、ちゃんと遊んでもらってます。

img_3768

30年ぶり

2016 年 7 月 1 日 Comments off

実に30年ぶりにライギョと遊んできました。

暑くてクラクラしましたが、トップの釣りはやはり楽しいですね。

青森のライギョは、40年ほど前に秋田の千秋公園から明神沼に移植されたのが起源。そこからあちこちに移植され、今ではちょっとした小さな野池にも生息しています。しかも、全国的に見て、青森のライギョは大型みたいです。
バスは32年前、青森市の謀大学の学生さんが、熱帯魚屋で仕入れた個体を野木和に放流したのが最初。こちらもアッというまに広範囲に広まりました。
もともと戦後の食糧難対策で移入された魚。それが今では害魚という不当な扱いです・・・。

下手っぴなので、うまくフッキングさせられたのは1匹だけ。

img_3698img_3702

70cmほどですが、30年振りのライギョは楽しかったです。
昔は専用タックルが無かったので、ダイワの船竿「剣崎250号」と「かへるくん」の組み合わせで大堤に通ってました(笑)。

ヒメマス最終

2016 年 6 月 20 日 Comments off

手軽さと難しさと旨さの魅力に負けて、何度となく足を運んだ十和田湖のヒメマスも、本日6月20日を最後に、明日から禁漁期となります。来月11日の特別解禁まで、しばしお休み。
というわけで、16日と18日の2回、禁漁間近のヒメマスを楽しんできました。

img_3610

何回か通ううちに、ヒメマスが回遊しやすい環境というのも分かってきた気がします。魚探の反応が無くても、単発で大型が釣れることも分かってきました。
ヒメマスは全くの初心者なので、自分なりの釣り方で楽しんでますが、どうもその方法は本来の釣り方とは全く違うようで・・・まぁ、それでも高確率でリミットメイクできてますから、あながち間違いではないのでしょう。
カヤック独自の釣り方・・・と言われれば、そうなのかもしれません。
十和田湖のお姫様たちにとっては新鮮且つ斬新な誘われ方なのかも?(笑)。

img_3624

何本もロッドを出すのではなく(遊漁規定は2本までです)、手持ち1本での誘い釣りで大型を狙い打ちします。
結果、7割が尺絡みの良型ばかり。最大は34cmでした。

img_3627

仕掛けは自作し、バラシを少なくする方法もあれこれ試し、これかな?という方法にたどり着いた時には禁漁です。なので、今まで学んできたことを来月の特別解禁、そして来期にしっかりと応用したいと思っています。

img_3638

7月の特別解禁が待ち遠しいなぁ~。

銀ピカ姫鱒

2016 年 6 月 8 日 Comments off

弘前の自宅から十和田湖までは、黒石を経由して約45km。
蟹田までの距離、西方面は北金ヶ沢までの距離よりも近いのです。しかも45kmのうち20kmはほぼ信号が無いので、時間的にもかなり近い釣り場と言えます。

十和田湖の解禁期間は6月20日まで。
ということで、カヤックを積み、銀ピカの姫鱒を求めて十和田湖へ出撃です。

1年半前の秋、一度カヤックで姫鱒にチャレンジしたことがあったのですが、産卵期の姫鱒は岸寄りの和井内地区に集結してしまうので全く釣りになりませんでした。
その時に出艇した滝ノ沢キャンプ場の旦那さんから、いろいろ情報を頂いていたので、次に十和田湖に浮く時は6月か7月の特別解禁・・と決めていました。

そんな折、最近カヤックを通して知り合いになった小坂町のK氏から姫鱒のお誘い。
状況はいまいちとの事でしたが、二人で浮く事になりました。

img_3585

早朝4時に現地集合するものの、遊漁券の関係などで出艇準備が整ったのは5時頃。

img_3583

べた凪の湖面を滑るようにカヤックは進んでゆきます。
やがて水深30m付近で魚探に反応が出ます。が、単発の個体なのか、食ってくる気配はありません。
ちょっと遠くのポイントに移動し、水深40mのボトム付近の反応で30cmオーバーの良型が出るものの、後が続かず。
出艇場所前のポイントからずっと動かないK氏の所に戻ってみると、結構な数の姫鱒を仕留めていました。
やはりベテランは違います。

すぐに自分の魚探にも反応が出始めたので、周囲を移動しながら回遊の群れを見つけては数を延ばしてゆきます。

魚にはそれぞれに釣るためのノウハウがありますが、姫鱒も例外ではありません。いろいろ考えながら釣ることが大切です。姫鱒に関してはあまり知識の無い自分にとって、今回の釣りはとても勉強になりました。
そんな中で感じたのは、姫鱒もまたカヤックでなければ不可能な釣り方が存在しているということ。
通常、今時期の水温だと、姫鱒のレンジは20m付近なのだそうですが、カヤックから静かに攻めていると、5~10mでのヒットも少なくないのです。
時速0.5~1kmの超デッドスロートローリングも、カヤックでなければ不可能な釣り方かもしれません。

そんな試行錯誤しながらの釣りでしたから、バラシもたくさんありましたが、気がつけばリミットの20匹。もう少しのんびり浮いて、景色と空気を楽しみたかったのですが、昼頃には帰宅したかったので10時にて終了しました。

img_3577

旬の姫鱒は脂が乗って最高に美味です。8割方25cm~28cmで、30cmオーバーが3匹。刺身、カルパッチョ、ルイベ、唐揚げ、フライ、ムニエル、塩焼き、アヒージョ風・・と今日で3日連続姫鱒尽くしが続いてますが、どれもこれも絶品です。
禁漁前にもう一度浮かないと。

テクニカルだなぁ~

2016 年 5 月 15 日 Comments off

マコガレイが旬を迎えてます。
そう思ったら、無性にカレイの煮付けが食べたくなり、20数年ぶりにマコガレイ狙いで浮いてきました。

大昔の記憶を辿り、パドリングしながらポイントを探します。
おそらく自分の記憶に間違いはないのですが、あの頃とは海底の様子が違う感じ。
砂泥だったはずの海底は何故か石がゴロゴロしていて、その石に海藻が生えていてマコガレイのポイントとは思えない環境なのです。

周囲をうろつく事2時間。やっとポイントを発見。

釣れれば最低で35cmサイズ、最大は40cmオーバーで肉厚のある旨そうなカレイ。
しかし、当たり前ですが20数年たってもマコガレイの気むずかしさは変わらず、ちょっとエサを食わえてすぐに放してしまうジレンマとの戦い・・。
マダイやシーバスよりも遙かにテクニカルで難しい釣りが強いられます。

img_3442img_3444

時合が終わるまでにお土産分はしっかりと確保できましたが、もう少し早くポイントを見つけていたらなぁ~。

古い釣り場ですが、カヤックでカレイを狙うのは初めて。
そういう意味ではポイント開拓の要素もあり、楽しい一日でした。

img_3443

お目当ての煮付けは、文句なく美味。何たって肉厚が4.5cmもあるのですから、食べ応え抜群です。
ポイントも分かったし、パドリング数分の近場なので、近々リトライ予定です。
マコガレイの旬は短いし。

魚はいっぱい居る・・

2016 年 4 月 27 日 Comments off

朝6時に出発し、目的地到着は1時間後。
それほど遠くないのですが、出艇場所前の3㎞を移動するのに20分も掛かってしまいました。
道路脇から伸びた木の枝で、我が愛車サーフのサイドがキーキー悲鳴を上げてます(泣)。

今日はA270でレイクトラウト。
昨年調査目的で一度浮いたけど、カヤックで釣るのは今回が初めて。
インレットがたくさんあり、とても期待できる釣り場です。

img_3359

購入したまま一度も使ってなかった格安ドーリーにA270を乗せ、必要最小限の物を乗せて出艇場所へ。駐車場から出艇場所までは250mあります。
もうすぐ到着・・というところで気づきました。
パドルを積んでません・・・。
ということで、再び車に戻ります(泣)。

img_3362

先日チェックできなかった魚探も正常に機能。
深いと思っていた場所は意外に浅く、今日の移動範囲では水深19mが最深でした。
狙いは水深3~6m付近。
いろいろ試しますが、何故かスプーン、しかもキンアカにしか反応しません。

コツッ・・というバイトのあと、残り2mほどでヒット。
30cmほどの綺麗なニジマスです。
が、ものの数秒でフックアウトしてしまいました。

魚探で湖底の地形を確認しつつ、スリット状に深くなった溝を攻めると、後方から50cmほどのニジマスがチェイス・・惜しくもUターン。
その後もニジマスとイワナが何度もチェイスしましたが、ついに1匹も釣れないままタイムアウト。
魚はいっぱい居るんだけどなぁ・・・。

実釣2時間。
早めに終わった理由は、駐車場までの3㎞区間にある道路脇の木を刈るため。ナタもちゃんと準備してます。
正午までの3時間掛けて、せっせと作業し、普通車でも車体にキズ付けずに通れるようにしました。
これから仲間達が通うであろう林道。誰しも愛車をキズだらけにしたくはないですからね。
安心してください。もう大丈夫ですよ。

それにしても、山奥の静かなダム湖に浮くのは最高の気分です。今日はハクビシンに出会いました。
出艇場所が山奥だったり、駐車場から遠い場所だったりするので小型艇は便利ですね。
風が強めで時折突風も吹いてましたが、A270で全く問題なく遊べました。

レイクトラウト

2016 年 4 月 26 日 Comments off

雪解け水が落ち着いて、水が温み始めるとトラウトの季節です。
ここ最近はソルトでばかり遊んでましたが、元来トラウティストの自分はこの季節になると「大イワナ」や「スーパーレインボー」というキーワードに異常に反応してしまいます(笑)。

そんなわけで今期はレイクトラウトにKFでチャレンジすべく、早い時期からあれこれ模索していました。

幸い、弘前市の近くには巨大なトラウトを育むダム湖が点在し30分も走れば釣り場は選り取り見取り。まずは出艇場所の確認や、釣りが可能かどうか?の調査から始めやっと実現できる状態になりました。水源になっているダム湖の場合、船外機やエレキなど油が出る動力船は不可ですが、手漕ぎは大丈夫なケースが殆どです。

ダム湖の出艇場所は整備された状態など望めないし、傾斜がきつい場合も少なくありません。よって、大型艇では大変なので、10フィート程度の小型艇が最適です。小型艇なら重さも20㎏以下なので、車から出艇場所まで離れていても楽に運搬できます。
そんなわけでカヤックは9フィートのAngler270。重量はわずかに17kgなので、非力な私でも楽々です。

魚探は魚を探すというよりも、湖岸付近の地形変化を読むだけなので、高性能のものは必要ありません。ちなみにGPSも要りません。
随分昔の魚探(KFを始めた頃はこの魚探でマダイを釣ってました)を引っ張り出してきて、レイクトラウト用で再利用することにしました。

この魚探、電池駆動ができるのですが、ケースの底面に電池のフタがあり、プラットフォームを取り付けられません。なので、電池ボックスとしての機能は捨てて、バッテリーで駆動するように改良してあります。
しかし、小型艇のA270に魚探用のバッテリーを積むのはどうかな?と思うし、できるだけ手軽に楽しみたいので、電池ボックスを自作して魚探ケースの後方に取り付けることにしました。

材料は電源用ケーブル30cmと2Pコネクタ、単三8本直列の電池アダプター、ヒューズボックスと5Aのヒューズ。ちょうど良いサイズのタッパーが無くて困ってましたが、100均で良いものを発見。女性用の弁当箱でした(笑)。
これら全ての材料費は1000円以下。作業はハンダ付けさえ出来れば誰にでも簡単に作れます。

img_3326img_3323img_3325

img_3328

ついでにPP板を使って、遮光フードも作ってみました。

この魚探、バックライトが無く、出力も20Wなので、電池駆動でもかなり使えます。KFを始めた頃、この魚探で浅場のマダイが面白いように釣れたのは、出力が低いからだったのでしょうか?ちなみにPS501CNは出力100Wで、HE601GP2は300W。浅場で使うなら、GAINはできるだけ小さく設定したほうが有利だろうと思います。

そんな感じでいよいよ出撃。ダム湖のKF初チャレです。ロッド1本にラバーネット、ルアーケース1個という手軽さが最高。カヤックシートも無ければ無くても良いと思います(笑)。

img_3331img_3332img_3336

結果は40cmほどのイワナが艇際までチェイスしてきたのみで、あとはトローリングにショートバイトがあった程度でしたが、新緑の芽生え始めたダム湖の清々しさを思いっきり堪能できました。
フレッシュWなので、後片付けも簡単なのがいいですね。
頑張って改造した魚探ですが、何故か艇側の振動子が浮いていたために結局使えず(泣)。出艇前のチェックはしっかりやりましょう・・・。

レイクトラウトのハイシーズンは5月と6月。スーパーレインボーと遊べる日もそれほど遠い未来ではないはず。

3分・・・

2016 年 3 月 15 日 Comments off

出艇場所の確認を兼ねて、カサゴ、サクラ狙いで初浮きしてきました。
準備中は凪ぎてたのに、出艇してまもなく天候急変。
風と波がヤバイ状態に・・。

img_3216

結局、糸を垂らせたのはわずかに3分。正味15分だけの初浮き。
それでも、地元の爺様と婆様から貴重な情報をたくさん頂いたので有意義な一日でした
雪はほとんど無くなり、すっかり春ですが、朝方の路面は凍結でツルツル。皆さん、深夜、朝方の移動は安全運転で。

img_3220

 
仲間はもう、こんなのを釣ってきてるので、マダイ狙いにも出かけたいところですが、
連休は風が強そう。
土曜日が狙い目かな?

img_3221

カヤックの季節になり、今期のメバルもそろそろ終了かな?と思っていたところに、仲間が土曜日に釣ったという尺オーバーの写真を見せられ・・何を狙うべきか目標が定まらないこの頃です(笑)。
釣る人はしっかり釣ってるなぁ~。

恒例噴火湾サケ弾丸ツアー

2015 年 11 月 8 日 Comments off

もう10年も続いているこの時期恒例の噴火湾サケ釣り遠征。
日帰りで、しかも格安に噴火湾のサケと遊ぶという弾丸ツアーです。
最初の頃は5~6人でしたが次第にリピーターが増えて、今では遊漁船を2艘チャーターしても足りないくらいの大人数になってしまいました(笑)。

そんなこんなで今年も青森からは16名の大移動。この人数になると幹事も大変なのですが、恒例のお祭りは今後もずっと続きそうです。

例年よりも早くサケが釣れ始めた今年は、10月末から連日のように好調が続いていました。
連日叩かれるのですから、さすがのサケも警戒心が強くなりスレてきます。
船頭さん曰く「そろそろヤバイんだよなぁ・・・」
そんな一言に少々不安を抱きながらの出港となりました。

予報に反して風も弱め、波も気になるほどではありません。サケ釣りは「跳ね」を探さなければ勝負にならないので、波が高いと釣りにならない事もあります。
今回のポイントは出港場所から比較的近く、航行時間はいつもより短かったのですが、いかんせんなかなか跳ねがみつかりません。跳ねがあっても、なかなかヒットしてくれず、苦戦を強いられました。

それでも仲間達はポツポツとヒットさせ、前半戦で12名中8名が本命をゲットしていました。

img_2745img_2746

私はと言えば、アタリさえ無いまま4時間が経過。ボウズの予感プンプンです(泣)。

何かがいつもと違うのですが、それが何なのか答えがみつかりません。
そしてパターンがやっと掴めたのは開始から5時間後。そこから追い込みを掛けます。

最終5ヒット4ゲット。他の人とラインが絡んでバレた大きなメスは残念でしたが、納得できる釣果で終了することができました。

img_2747img_2743img_2744

帰宅後はすぐに下処理。
1.5㎏近いイクラは、醤油漬けと塩漬けに。
塩漬けは正月用に冷凍保存しておきます。

img_2741

参加の皆様、お疲れ様でした。
来年も一緒に楽しみましょう。

今月は青森もサケの最盛期。
河口規制の無い河川の河口域で、カヤックを使ったサーモンフィッシングにチャレンジ予定です。