アーカイブ

‘おかっぱり’ カテゴリーのアーカイブ

マンツーマンレクチャー

2018 年 2 月 14 日 Comments off

青森の冬季メバリングは特殊な釣りです。
ビデオを観て、雑誌を読みあさって、ネットで情報収集しても、青森の厳寒メバルを攻略するのは難しいと思われます。

「12月までは普通に釣れてたんですけど」

多くの釣り人がこう言います。
確かに、一般的なタックルで、一般的な釣り方でも、12月中旬頃までならそこそこ楽しめるはずです。

問題はその先。
メバルの様子は明らかに変わってきます。
そして、釣り方によっては50:1なんて大差が当たり前になります。

カヤック仲間の依頼で、マンツーマンレクチャーに出かけたのは、先週の大雪前。
余程釣れていないのか、有名な釣り場なのに貸し切り状態。
気温は氷点下5度。

今までの釣り方は封印。
全く異なる釣り方に戸惑いながらも、2投目でバイトを捉え、3時間後には基礎をほぼマスターしてくれました。
何匹かバラシたあとのファーストフィッシュ。
嬉しそうです。

img_0118

あとはタックルの見直しかな?
自分なりに応用すれば、どんどん引き出しを増やせることでしょう。

「こんな釣りもあるんですね」

あるんです。

激シブほど楽しい

2018 年 2 月 14 日 Comments off

連休からずっと雪が降り続けているので、今週は一度も釣りに行けてません。
釣りたい魚はいろいろあるのですが、メバルもやっと産卵終了の気配で、早めに産卵を終えた個体は、体力も回復してコンディション良好です。

3桁釣果なんて釣り場もあるようですが、誰も居ない激シブ釣り場が最高に楽しいです。
あの手この手を駆使して、始終集中する釣りでなくては、何一つそこから得られるものはありません。
何も考えなくても入れ食いの釣りなど、飽きるだけ。
そんな、自虐的な、追い込まれる釣りがしたいので、敢えて激シブ釣り場へ向かいます。
サイズも数も関係ありません。20~30匹も釣れてくれれば十分楽しいのです。

大人気のドリップでソークされたワーム。
確かに良く釣れるし、自分も何種類か持ってますが、誰もが使えば、さすがにメバルもスレます。
あの匂いがしただけで、メバルは「危険」を感じて警戒しているかもしれません。
メバルの学習能力の高さは、今更言わずもがなです。

そんな中で最近好調なのが、パドルテール。
メバル用のパドルテールはそれほど種類が多くないので、あまり使う人が居ないのでしょう。

img_0145

あと最近のヒットワームは、昔使っていたエコギアのシラス。
ピンテールの動きがメバルにとっては新しいのかな?

容易に反応しないメバルの口を使わせる釣りと、誰も使ってないワーム。
今はこの組み合わせが最高かも。

ぼちぼち

2018 年 2 月 6 日 Comments off

メバルもぼちぼち飽きてくる頃です。

他に冬の釣りものと言えば、カレイ。
この時期の陸奥湾は、どこでも良型のマコガレイとクロガシラガレイが狙えます。
超寒いけど。

今期もぼちぼち好調。
サイズは今のところ34~35cmが最大ですが、釣れれば30cm級で、身の厚いプリップリ。
抜きあげに躊躇する重さです。
食味も、春~初夏ほどではありませんが、煮付けや焼き物が最高です。
海辺に住んでいるなら、寒の浜干しなんか最高でしょうね。

image1

たかが投げ釣りと侮ることなかれ。
時間帯や仕掛け、エサ、誘いなど、釣るためにはいろいろとクリアーしなければならないことがあります。
実際、同じ釣り場でも去年と今年では傾向が違うため、仕掛けにはちょっと工夫が必要。
今期はカニさんとエビさんが少なめなので楽ですが、ハゼは相変わらず多いです。

昔は普通だったカレイ釣りも、最近はほとんど釣り人を見かけないので、大釣りの確率は高いです。

関西方面から、キジハタジギング用で受注が一気に増えたSBフック
いつもより少し早いですが、今期分の販売を開始いたしました。
マダイにも効果的ですが、キジハタ狙いには、もはや欠かせない存在です。

ラファエル新色

2016 年 12 月 20 日 Comments off

メバルプラッギングの超鉄板シンペン、ZipBaits ラファエルのメバルカラーが12月発売開始です。

img_4444

尺メバルハンターとして、無くてはならないラファエルですが、昨年はまさかの製造無し・・
手持ちルアーが無くなって、困っていた方も少なくないでしょう。

今回発売になるのはメバルに特化したクリアカラー。内部にグローボールが入ってるので、アピール度も満点です。
生産は少なめですので、必要な方はお早めに。

また、同時発売のメバル用Fミノー、「ゾエア リプル」は水面トレース型のメバル用プラグ。45mmと小型ながら、十分な浮力で表層の根魚にアピールしてくれます。
フックは触っただけでも刺さる、オリジナルフッ素加工が施され、フッキング率の高さはもちろん、パラシも大幅軽減。
こちらもメバルプラッガーなら是非使いこなしたい逸品。

尚、陸っぱりの釣りは、こちらのメーンブログもご覧下さい。

冬ですね

2016 年 11 月 7 日 Comments off

ついこの前まで暑さにヒーヒー言ってたと思ったら、もう冬の足音。明後日あたりから本格的に降り始めそうですね・・(泣)。もうタイヤ交換は済みましたか?ついでにワイパーやバッテリーの点検もお忘れなく。

倉庫の明け渡しに向けて、夏前からコツコツと作業をしていましたが、物が有りすぎてはかどらず・・。雪が降る前に何とかしたかったのですが、もう無理みたいです。
台風が滅法多かった今期は、なかなかカヤックで浮けず、たまに好天に恵まれれば用事があって浮けず・・という最悪の状態。他にもいろいろやらなければならない事があって、ブログもずっとお休みしておりました。まぁ、釣りに関して言えば、取り立てて目新しい情報を提供できるわけでは無いので、自分で書いてて「また同じ事書いてるなぁ」とNGにした投稿も何本かあったのですが・・・。

たくさんの方々から、「ブログ書け~」とのお叱りを頂き、「ネタが無くて・・」と逃げてましたが、カヤックで浮けなくても、おかっぱりはそれなりに楽しんでいました。
普通に釣れるターゲットは他の皆さんにお任せして・・食べて美味しいターゲットに絞り込み、おかっぱりから「狙って釣る」キジハタとカサゴ、そしてベッコウゾイ。いずれも青森県では馴染みの薄い魚ですが、これらの根魚が、実はとても身近に存在しています。
img_4106img_4110img_4114

キジハタは30cm前後が多いですが、釣りの上手い仲間が釣り上げた最大は38cmでした。

img_4242

夏泊方面に多いベッコウゾイですが、新たなポイントを探してやっと出会えた40cmオーバー。タモが無かったので大変でした。

img_4124

カサゴはカヤックなら普通に尺オーバーが出るものの、陸っぱりでは最大で30cm。夏から秋にかけては15~20cmがほとんどでしたが、これから冬に向けて大型に期待です。カサゴの定位場所は特殊で、普通に釣っていてもなかなかお目に掛かれません。でも、ちょっコツを掴めば二桁も可能です。

img_4131img_4257

とは言え、どの魚も絶対数はやはり少ないので、まずは情報集めとポイントの割り出しから始め、実際に結果を出しながら状況を分析しなければなりません。青物入れ食いの脇で、ネチネチと地味に根魚を狙うのはとても辛い作業ですが、来期以降その苦労は報われるはず・・と信じて(笑)。

根魚狙いの副産物・・と言っては何ですが、思わぬ場所で数釣りもできてしまうのがマダイです。私の最大は40cmちょいでしたが、仲間はメバルタックルで60cmですから凄いです。釣れる時は1投目から入れ食いになる事もあるそうです。マダイ自体は目新しい魚ではありませんが、ライトタックルで陸っぱりで遊べるのですから、ついついはまってしまいました(笑)。しかも遊べる期間が超長い。今期はそろそろ終わりですが、来期が今から待ち遠しいです。

img_4247img_4248

たまに書いたと思ったら・・たまに書いたから?長くなってしまいました。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ちょいハマリ

2016 年 7 月 22 日 Comments off

やり始めると、ついつい熱中してしまう悪いクセは、今も昔も変わらないようです(笑)。
30年振りのライギョは、昔とタックルもルアーも大きく変わり、自分にとってはとても新鮮な釣りでした。
しかも1時間も時間があれば楽しめるし、カヤックで浮けない天候でも遊べるので、最近は車にタックルを常備。
時間を作ってはちょいちょい出かけて遊んでます。

とは言う物の、タックルは相変わらず専用ではなく代用品。リールもシーバス用です。一緒に始めた仲間も、多くが代用タックルで、ブランクにタコのマークが付いていたりします(笑)。
雷魚アングラーの方には叱られるかもしれませんが、ビギナーなので何とぞお許し下さい。

釣果のほどは?というと、雷魚のご機嫌次第ですが、調子が良ければ2時間で4~5匹ほど。下手っぴなので、バコッ・・と出る数の半分程度かそれ以下しか捕れてませんが・・。

img_3813img_3833img_3779

初心者なりに十分楽しめてます。
今のところ最大は75cmで、ほとんどが60cm台。それでも自分がキャストしたカエルに反応してくれれば楽しいのです。

img_3817img_3826

何にでも反応してくれそうな雷魚だから、百均からこんな物を見つけてきてルアーを作ってみたり(笑)。
夏限定ですが、なんか楽しいです。

img_3801

夜の部のナマズ君も、ちゃんと遊んでもらってます。

img_3768

30年ぶり

2016 年 7 月 1 日 Comments off

実に30年ぶりにライギョと遊んできました。

暑くてクラクラしましたが、トップの釣りはやはり楽しいですね。

青森のライギョは、40年ほど前に秋田の千秋公園から明神沼に移植されたのが起源。そこからあちこちに移植され、今ではちょっとした小さな野池にも生息しています。しかも、全国的に見て、青森のライギョは大型みたいです。
バスは32年前、青森市の謀大学の学生さんが、熱帯魚屋で仕入れた個体を野木和に放流したのが最初。こちらもアッというまに広範囲に広まりました。
もともと戦後の食糧難対策で移入された魚。それが今では害魚という不当な扱いです・・・。

下手っぴなので、うまくフッキングさせられたのは1匹だけ。

img_3698img_3702

70cmほどですが、30年振りのライギョは楽しかったです。
昔は専用タックルが無かったので、ダイワの船竿「剣崎250号」と「かへるくん」の組み合わせで大堤に通ってました(笑)。

新年早々楽しんでます

2016 年 1 月 12 日 Comments off

遅くなりましたが、あけましてあめでとうございます。
一月も中旬を迎えましたが、弘前は暖冬の影響で雪も少なく、体力的に楽な冬となっております。

セール中のカヤックの説明であちこちに走り回り、冬季恒例のリールメンテナンスでボチボチ忙しい正月を過ごしながらも、元旦から初釣りに出かけて昨夜までで既に5回の釣行。新年早々からフルで楽しんでいます(笑)。

img_29381img_2930

3日は恒例の新春メバリング大会。かなり渋い状況でしたが、釣果は二の次。今年も仲間でワイワイと楽しい一時を過ごすことができました。

img_2949p1035190img_2952

ポイントによってはクロソイの猛襲に悩まされますが、最近はメバルのアベレージサイズも大きくなり、こんなサイズも。

001

ママメバルだらけだったり、ママメバルが全く釣れなかったり・・と、よく分からない状況が続いていますが、メバリングは概ね好調です。

img_2964

それにしても昨夜は寒かった・・。道路脇の温度計は氷点下4~8℃。完全防備でも3時間が限界でした。
サイズも数もまずまず。
ヤリイカも少なくなってきたので、これからがメバリング最盛期ですね。

J-Force kayaksのセールは10日をもって終了となりました。ご予約、ご注文いただいた皆様、ありがとうございます。
A410の入荷は製造工場の都合で少々遅れそうですが、それでも3月には間に合う予定です。
尚、引き続きご予約、ご注文は承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ハイコストパフォーマンス

2015 年 11 月 18 日 Comments off

20年ぶりに購入したシマノ製リール ストラディック3000C。
購入してからメバリングとアジングを中心に20回ほど使用しました。
箱を開けた時のままの使用感・・・を謳うリールなので、敢えてノーマルのまま使用し続けてみましたが、大きなトラブルも無く快調です。
実売2万円以下のリールとしては、ハイコストパフォーマンスと言えるのではないでしょうか。
初心者と言えども、このクラスのリールを是非使って欲しいですね。

問題がひとつあるとすれば、常に潮を被っているラインローラー。
気になるほどではないのですが、大きな負荷が掛かると音がします。
ですから、この部分だけでも定期的なメンテ、注油は必要かもししれませんね。

実はこのリール、ラインローラーとボールベアリングが一体になっていて、ベアリングだけ交換・・という事ができません。

img_2792

よって、ペアリングが錆びてしまえばローラごと交換になります。そのコストは約2000円。けっして安いパーツではないので、やはりラインローラー部分のメンテは早めのほうがいいでしょう。

今のところメバリング専用ですが、私のお気に入りリールのひとつです。2500Sの替えスプールまで購入し、フロロとナノダックスを巻いて状況によって使い分けています。

(12/04追記)
*メーカーサイドによると、ラインローラー部分はコアプロテクトで防水処理されているので外さないでくださいとのことでした。もし錆びたら無償交換してくれるのかな?

転じて・・

2015 年 10 月 12 日 Comments off

釣り仲間との話題はこのところの荒天のことばかり。こんなに天気が落ち着かない10月も珍しいですね。
長期予報では今週金、土あたりなんとかなりそうですが、あくまで予報は予報でしかありません。
年内にカヤックで浮けるのもあと数回。
浮ける時に浮かなくちゃ。

めっきりと陸っぱり通いが続くこの頃、一昨日も仲間とともに陸奥湾内で楽しんできました。
メバリングのつもりが、良型アジが釣れたのを機にアジングに転じ、熱くなってしまいました(笑)。
たかがアジ、されどアジ。
数を釣るためには刻々と変化するパターンにいかに追従してゆくかが全てです。
サイズはアベレージで20cm前後なので申し分ないのですが、口が柔らかいのでバラシも多く・・なかなか難しいのです。
二ケタ釣るのは結構大変です。

img_2640

ワームはやはり細めのクリア系が有利でした。

アジングが楽しすぎたので、クセにして昨夜も出かけてしまいましたが、強風のために苦戦。それでも何とか本命とその他諸々に遊んでもらい仲間と楽しい時間が過ごせました。

それにしても寒くなりましたね。
夜はもう防寒が必要です。

風が落ちたらリトライです。