アーカイブ

‘シーバス’ カテゴリーのアーカイブ

ここ一週間の総まとめ

2015 年 11 月 15 日 Comments off

この季節になると、カヤックの経験が無い方から「いつ頃まで浮くんですか?」という質問をよくいただきます。
具体的にいつまで・・という返答はできないのですが、今年は気温が高めの日が続いているので、まだまだ浮けそうな気配です。自分は出艇場所と駐車場さえ確保できれば真冬でも関係なく浮いてますが(笑)。

ここ最近は風が強い日が多く、なかなか浮けてませんが、それでも仲間達は凪ぎ間を狙ってカヤックフィッシングを楽しんでます。主に陸奥湾内ですが、サワラやワラサ、サバなどの青物の他、まだまだマダイも狙えるし、上向いてきた根魚類を狙うのも楽しいと思います。

青森港や夏泊方面で釣れ盛っているのがサバとサワラ。

img_2777img_2788img_2786

サゴシサイズも釣れますが、80~100cmの立派なサワラサイズがドキドキのファイトを楽しませてくれます。
ワラサは50~60cmの、いわゆる「イナワラ」サイズですが、体高が張り肥えた魚体の走りは強烈。60cmクラスでもカヤックのライトタックルゲームなら存分に楽しめるターゲットです。

img_2789img_2778

マダイも青森港沖は復活の兆し。水深20m程度の浅場でまだ釣れています。それほど大きくはありませんが、時期的に脂の乗った食べ頃サイズです。

img_2790img_2785img_2781

更に、今日はこんな立派なシーバスも釣れていました。何故かジギングでヤリイカも(笑)。

img_2787img_2780

青物主体ですが、最近の仲間達の釣果は凄まじいものがあります。鳥山を散らさず、沈めず釣りが楽しめるカヤックフィッシングならではの釣果ですね。

img_2774img_2775img_2776

このところ一週間ほど天気の様子を見て、浮けない日はアサリングなど楽しんでいた自分ですが、今日は久しぶりに遠来のお客様を乗せてタンデムで出艇。アシストがメーンでしたが近場の青森港でも存分に魚のファイトを楽しむ事ができました。

活躍してくれるのはこれ。ワイヤー仕様のSBフックハイパー。大型のサワラがヒットしてもルアーのロストを最小限にくい止めてくれる強い味方です。

img_2773img_2784

お茶濁しのアサリングは・・こちらも好調で2時間3㎏ペース。磯のアサリはこの時期でも痩せていないので、独特のぷりぷり感を楽しむことができます。

img_2771

朝方は寒いけど、日中は暑いくらいの日が続いています。まだドライスーツの出番が少ない今期は、まだまだKFシーズンが続きそうです。

釣果いろいろ

2015 年 9 月 25 日 Comments off

遅ればせながらSW最終日の仲間たちの釣果を報告いたします。

潮が新しくなった直後、急に魚の動きが活発になりました。
まずは西海岸。まだ本格的とは言えませんが、これから11月に掛けてのメーンターゲット、キジハタが上向き傾向です。

img_2560

南下するほど型は良いので、狙い目は深浦~岩崎かもしれません。

十三湖のシーバスはまだ湖内にたくさん残っているようです。台風が来て水が出れば一気に下ると思いますが、当分その気配も無いので暫くは湖内が狙い目になるでしょう。

img_2558

50cmクラスの小型も居ますが、概ね70~80cmがアベレージサイズです。
回遊コースもベイトも変わってきましたので、今後はポイントの選択と釣り方が釣果を左右すると思われます。

23日のハイライトはこれ。海峡で釣れたメーターオーバーのヒラメです。

img_2554

このクラスになるとカヤックでの取り込みはいろいろ大変だったようです。大きめのランディングネットの他、フィッシュグリップはやはり必需品ですね。

陸奥湾のマダイはサイズも数も日毎に上向き傾向。来月から11月中旬まで楽しめると思います。

23日は陸っぱりも良かったみたいです。
七里長浜に向かった仲間は70cmオーバーのシーバス、50cmオーバーのヒラメの他、青物までいろいろ釣ってました。特にヒラメは数も多くなり、秋の本番を迎えた感じです。

アオリイカは予想通り今期も希望薄。これで3年連続の不漁確定です。
残念!!

久しぶりのマダイ

2015 年 9 月 22 日 Comments off

釣り物が少なく、なんとなく寂しいシルバーウイークです。
それでもカヤックならば、ターゲットとポイントを絞り込んで手軽に出かけられるのが利点ですね。

そんな感じで昨日は仲間7艇で久しぶりに陸奥湾のマダイと遊んできました。

1ヶ月ぶりのポイントなので、前半はマダイの付き場が分からずに漕ぎまくりましたが、中盤以降はポイントも絞り込まれ久しぶりにマダイのファイトを堪能できました。

風が強めで艇が流されるスピードが速く、ショートバイトはあってもなかなかヒットしない状況に悩まされたものの、私は何とか3枚の本命をゲット。最大は60cmオーバーでした。水深20mでのヒットだったので、滅茶苦茶楽しかったですよ。

img_2538

流れが速くて苦戦しましたが、今回もシーライドがいい仕事をしてくれました。

一番アタリを捉えたのはエサ釣りの人達でしたが、食いがいまいち渋く苦戦。どうしても先に小型が食ってしまうので、大型はバラシのみで終わったようです。

img_2537img3img6

大型のバラシも数回あり、秋の本番に向けて状況は日に日に上向いていると感じました。また、50cmのクロダイや3㎏クラスのワラサ、中サバも釣れ今後が楽しみな陸奥湾です。

 

img_2542

男鹿や十三湖でシーバスを狙った仲間もまずまずの釣果です。

img_2539img_2540img_2541

男鹿はナレージが調子良かったみたいです。我々にとってナレージは今期一番のヒットルアーでした。

たくさん釣れなくてもいいので、本命1匹を目標に秋のKFを楽しみましょう。

カヤックフィッシング、本当に楽しいなぁ~。

2バラシ・・・

2015 年 9 月 17 日 Comments off

風が落ち着いた昨日はKF日和でしたね。
マダイ、シーバス、キジハタ、シロギス・・・とターゲットはいろいろありますが、久しぶりに十三湖でシーバスを狙ってみました。水曜日で漁がお休みなので朝から浮けますから。

前夜は青森市でメバリングをして帰宅したのが深夜。2時間ほど仮眠してから出発しましたので比較的のんびりした出艇です。

まずはシーバスの着き場を探します。

なかなか見つかりません・・・(泣)。

やっと見つけた時には時合も終盤。ショートバイトを何度も喰らいながら、引き出しを片っ端から開けてヒットさせる方法を模索。

何とか2ヒット・・・しかし、いずれもフックアウト・・・。
何かが合ってないみたいです。
一緒に浮いた仲間は80cmサイズを仕留めていたし、午後から浮いた仲間も本命をしっかりとゲットしていました。

img_2530

まだまだ未熟者です(泣)。

マダイ狙いで陸奥湾に浮いた仲間も80cmクラスの本命をゲットしていました。

img_2531

中途半端ですが釣り物はたくさんあります。
さて、シルバーウイークは何を釣る?

ぷち遠征

2015 年 9 月 7 日 Comments off

来週予定している宮城遠征の前哨戦・・という分けではありませんが、盛岡の仲間が男鹿に浮くということで同行することにしました。
自宅から船川市までは約130㎞。一般道と無料開放の高速道路を利用すれば、それほど遠い距離ではありません。

船川と言えば、去年9月3日、シーバス55本というカヤックフィッシングでは自己記録更新のポイント。秋田全域のシーバスもぼちぼち上向き傾向ということで、楽しみなぷち遠征です。

前日午後の出発でのんびりと男鹿を目指します。
青森はここ暫くヤマセ(東の風・厳密に言えば北東風)で浮ける場所が制限されていますが、風裏の男鹿南側はベタ凪。脇本のトンネルを抜けるとカヤックが1艇視界に飛び込んできました。

「やってるなぁ~。状況はどうなんだろ?」

いずれにしてもカヤックで釣りをしている人が居るという事は、それなりに期待はできそうです。

16時前に現地到着。スロープに繋留された船で作業する人や、明日ゴムボートで出撃するという方たちとお話ししながら情報を仕入れます。

img_2481

日暮れ近くなって戻ってきたKFアングラーと情報交換。地元のSさんという方で、とても親切に最近の状況を教えていただきました。Sさんとは連絡先も交換。今回のぷち遠征の一番の収穫はSさんと知り合えたことかもしれません。

ここ2週間ほどシーバスはパッとしないという事で、釣れても1、2本かな?という感じですが、久しぶりの男鹿を楽しんで帰れたらそれで十分。
翌朝のためにカヤックの準備をして、ルアーをチョイスし、晩飯を済ませてしばしテレビ観賞。
眠くなってきたので10時頃には就寝しました。

img_2479

翌朝は4時に起床。盛岡、弘前、十和田から集まった仲間3名とともに計4艇、準備が出来た者から出艇です。

私は一人離れて生鼻崎方面へ。
水深3~5m付近を中心に探りますが、去年とは違い、全く魚の気配がありません。

そこで昨年のマーキングを頼りに大きく移動。水深6~8mを探ります。仲間達に聞くとバラシが多いもののシーバスの反応があるという事なので、少しは期待できそうです。

フグが3匹釣れたあと、ボトムに沈めてシャクリ上げた直後のナレージが引ったくられ、そのまま暫くドラグを滑らせながらラインが横に走ってゆきます。
直感でシーバスではないと判断しましたが、かと言って青物らしくもなく、正体が分かりません。とにかく乱暴なくらいの好ファイトで、カヤックがズルズル引きずられます。
なんかマダイっぽいなぁ・・という予想は的中。
浮いてきたのは65cmのメスのマダイでした。

img_2482

今回はあくまで外道ですが、シーバス以上に楽しませてくれました。やはりマダイはフルパワーで勝負できる浅場が面白いですね。ちなみにこの海域、シーバスもさることながら、マダイの魚影も濃く、おかっぱりでも80cmオーバーのマダイが高確率で釣れます。

潮が良い感じになり、その後やっと本命のシーバスをヒットさせるものの、無念のバラシ。
最終釣果は仲間4艇でシーバス2本のみの貧果で終了となりました。

昨年との違いはベイトが少なく、鳥も居ないこと。つまり、シーバスの絶対数が少ない状況でした。
それでも男鹿は楽しいです。新たな出会いがあったし、新しいポイントの開拓もできたし、とても満足。
着岸後は仲間達と恒例のダベリング。
昼前には男鹿を後にしました。

さあ、来週は宮城遠征。
釣果は時の運。
宮城支部の方々と楽しんでこようと思います。

キジハタとシーバスと

2015 年 9 月 3 日 Comments off

女子○イベントも無事に終わり、ホッと一息。
大きなイベントが控えていると釣りをしていても本気で楽しめない極度な心配性の性格は、たぶん母親譲りでしょう。

久しぶりにのんびりとした気分で仲間と出かけたのは深浦方面。
夏から秋にかけて最盛期のキジハタでも釣れたらいいなぁ・・というノリですが、個人的にはのんびりと浮けたらそれで十分です。
浮けたら確実にキジハタが釣れるポイントはあるのですが、今回は仲間を道連れに新規開拓。マダイや根魚の実績はありますが、この時期には浮いたことが無いので「たぶんキジハタも釣れるだろう」という仮定の元の釣行です。

現地入りしてみると思った以上の風と波。
でも今回のメンバーは全員大型艇なので、躊躇することなく出撃です。
広範囲に入れられたサザエカゴの沖に出て、水深20mまでの根回りを探ってゆきます。
風速は推定で5~6m、波1mウネリ2m・・小型艇ならすぐに撤収のシチュエーションです。

春に比べて魚探に出る反応は少なく、たまに出る反応を拾ってゆきますが、釣れるのは小物ばかり。
マダイ、ヒラメ、カンパチ、ヒラマサ、メバルと魚種は豊富ですが、全てが30cm以下という型揃いです(笑)。
そんな中、水深10m以下をワームで攻めていた仲間は小型ながらキジハタを数匹釣り上げていました。
キジハタの存在が確認できれば今回の目的は達成です。

来るアオリイカのシーズンに向けて、かなり広範囲にパドリングし、ポイントも確認。事故なくのんびりと、たっぷりと楽しんだ一日でした。

翌日は午後から十三湖へ。もちろんシーバス狙いです。
仲間5艇とともに午後からスタート。
「トップ縛り」で主要ポイントを叩いてゆきます。

十三湖にはウエーディングでも攻められず、船外機付きのボートでも侵入できないポイントが何ヶ所かあります。
更には湖底に岩盤があり、極端に浅くなっている場所もあります。そこは普段は攻められていない「竿抜け」ポイント。カヤックオンリーのポイントと言っても良いでしょう。
そこにアンカリングしてトップをキャストしまくり。
思いの外トップへの反応は良いのですが、なかなか乗ってくれません。
トップでの釣果は最終的に2本。サイズは目測で65と70ちょいでした。浅場の釣りなので、とても楽しいです。

その後もトップへの反応は好調でしたが、水面下で軽く吸い込む程度の小さなバイトばかりでヒットには至らず。
トップ縛りを諦めて小型ミノーに切り替え。
すぐに1本ヒットし3本目をゲットするも、その後はショートバイトのみで終了となりました。

しかし遊んだなぁ。
13時頃出艇して、帰着したのは18時(笑)。
日暮れ目前でした。

The 3rd KF Camp in 十三湖 無事終了

2015 年 8 月 16 日 Comments off

3回目となったKF Campは、本日無事に終了いたしましたので報告させていただきます。

前日午後現場入りした時点では10m近い強風。夕方には少し落ち着いたものの、午後10時頃には再び強風に加えて雨・・。ここ2回強風と雨のため、予定通りのスケジュールをこなせた事がなかったので、「今回もか・・」とかなり不安な夜を過ごしました。

午前3時、受付のために起床。
車外に出てみると、幾分風はおさまり、風向きも変わっていました。夜が明けないと何とも言えませんが、なんとなくイケそうな気配です。
午前3時を過ぎて続々と集まり始める参加者の皆さんは、早速準備をはじめ出艇の時間を待ちます。
夜が明けると、少々風は強めながら出艇には全く問題ない状態。
予定通り4時半のスタートで、各自が思い思いのポイントを目指しました。
主催者側としては、釣果も気になるところですが、せめて2時間でもいいので風が出ないままでいてほしい・・・という思いです。

そんな思いが天に届いたのか、天候は悪化するどころか次第に回復し、暑いくらいの好天に。風も少しずつ弱まり、終了時間ぎりぎりまでたっぷりと釣りを楽しんだ参加者の皆さんが、次々と検量に戻ってきます。

勝敗はシーバス2本の全長で競われ、72cmと77cmの2本を揃えた秋田県角館市の佐々木優さんが優秀。わずか1cmの僅差で板柳町の狩野伸之さんが2位に輝きました。
結果は以下の通りです。

1、佐々木優   秋田県 149cm
2、狩野伸之   青森県 148cm
3、福士憲    青森県 131cm
4、高橋保    青森県 127cm
5、石澤一紀   岩手県 126cm
6、小山智    青森県  80cm
7、神 美代子  青森県  79cm
8、小川勇一郎  青森県 70cm
9、伊藤朝太郎  青森県 58cm 

imgp3781imgp3774imgp3777

imgp3791imgp3788imgp3784

imgp3771

スピード競技は12フィート以下、12フィート以上、タンデムの部で競われ、12フィート以下の部では伊藤朝太郎さん、12フィート以上の部では野村純也さん、タンデムの部では高橋保さん・雪田慎也さんがそれぞれ優勝。

img_2386

恒例の安全講習会も滞りなく終了することができました。

0021

 

imgp37920011

東北におけるKFの普及を目的に開催してきたKF Campですが、主催者サイドとしては本来の目的を達成できたと実感しております。よって、今までの形式で行うKF Campは今回が最後。次回からはKF Campの名前を継承しつつ、異なった形式に移行してゆく予定です。

今回の Campに御協賛いただいたメーカー各社及び個人の皆様、そして開催にあたり様々な場面でご協力いただいたK-LINEの皆様にはこの場を借りて厚く御礼申し上げるとともに、本イベントが無事終了できました旨御報告させていただきます。
ありがとうございました。

協賛

(株)J-コンセプト・(株)オーナーばり・バスデイ(株)ジップベイツ事業部・BIOVEX・RBB(株)双進・(株)サンヨーナイロン・アングラーカヤックス・K-LINE宮城支部森羅万象・Calm at sea・蝦名勝・小山智 他(敬称略順不同)
  

十三湖朝練

2015 年 8 月 7 日 Comments off

今朝は5時出艇で十三湖にてシーバスの朝練。
仲間4名、3艇での出艇です。

朝方の雨と風もなんとか治まり、2時間半ほど遊んできました。

img_2321

最大80cm弱で、全艇本命ゲット。

img_2326

全体的に不調の十三湖ですが、ポイントを的確に攻めれば結果は出せます。

今朝はこんな珍客も。

img_2319

ダツです。
海が近い漁港付近では釣ったことがありますが、今日の釣り場では初めて。クロダイやヒラメ、アジなども釣れるポイントなのですが、まさかダツとは。
こいつは殺人魚としても有名です。おかっぱりの夜釣りでウェーディングしている方は注意して下さいね。

さて、十三湖のシーバスキャンプも近づいてきました。
当日まで(15日、当日受付分は参加賞無しとなります)受付いたしますので、参加希望の方はお早めにどうぞ。
今回も豪華賞品を用意してお待ちしてます。
カヤックが貰えるかも?

詳細はこちら

のんびりと・・

2015 年 7 月 29 日 Comments off

小雨混じりながら釣り日和に恵まれた本日は、仲間2艇とともに十三湖でシーバス調査。
例年に比べて魚影が薄い湖内ですが、雨後の状況は悪くはないようです。

十三湖のオフショアポイントは、釣れる場所がほぼ限られています。
というよりも、毎年のように同じポイントに確実にシーバスが定位します。
特別、これと言ったストラクチャーが存在していないのに不思議ですね。
だから、過去の実績とデータが最終的な釣果を決めてしまいます。

仲間の2艇より先に出艇した自分は、2㎞ほど離れた遠くのポイントを目指しました。近いポイントは彼らが調査してくれるはずです。
視認できない流心を探し、過去のマーキングを頼りに探りを入れてゆきます。

バイブレーションではバイトがあっても乗らず。このタイプの波動にはかなりスレている様子。
その理由はここでは割愛。

ミノーに切り替えてレンジを刻んでゆくと、ほどなくヒット。
そこから30分ほどの間に63~65cmが3本。

img_2207

この調子で数を延ばしたいところですが、「騒音」という邪魔が入ります。
そこに群れていたシーバスは、アッという間に散ってしまいました。
のんびりジックリ楽しみたいのに・・・。
お願いだから近くに寄って来ないで~。

img_2212img_2211

仲間たちも84cmを頭に本命ゲット。他のポイントも例年並みにシーバスが着き始めたようです。

浅瀬に移動して1本追加。計4本の釣果でした。

img_2208img_2209

午後から浮いた仲間も好釣果。

img_2214

十三湖本来のポテンシャルにはまだまだほど遠いですが、これからトップの季節に期待しましょう。
十三湖の魅力は何と言ってもトップでバホバホですから。

陸奥湾にマダイ狙いで浮いた仲間も、相変わらずの釣果。

img_2213

魚種も豊富でカヤックフィッシングが一番楽しい季節ですね。

忙しい一週間です

2015 年 7 月 16 日 Comments off

イベントの打ち合わせや準備、カヤックの修理や艤装、リールのメンテナンス、原稿書きなどで今週はドタバタしております。ずっと暇だったけど、久しぶりに忙しい一週間です(笑)。
今日もイベントのための搬出や十和田出張で帰宅は夜中になりそう。

そんな中、LINEに投稿される写真は、何とも羨ましい釣果。

img_2157

夕方、ちょこっとカヤックを浮かべて80オーバーをサクッと釣り、暗くなる前に撤収。

img_2156

カヤックならではの遊び方ですね。

陸奥湾マダイも絶好調だし、いろいろ釣りたい魚はあるけれど、台風の影響も出そうなので次に浮けるのは週明けかな?

———————

先日ちょこっと書き込みしたNARAGE65の房総サンセット。
自分も1個しか手持ちが無くなったのでショップさんで在庫を確認。
4個あったので、まだ大丈夫かな?とその日は買わずに帰宅しました。
翌日買いに行ってみると・・・

img_2149

そこだけ品切れになってました・・・(泣)。
ルアーは見つけた時に買う・・が基本ですね。

昨年秋は西津軽サーフのシーバスも爆釣だったというナレージ。品切れになる前に押さえておきたいルアーです。

————————–

昨日は2台のリールを依頼メンテしました。
1台はベイトリール。ほぼ新品未分解なのに原因不明の不具合。
分解してみると、あるはずのパーツがありません・・・。
こんな事もあるんですね。

もう一台のスピニングリールは、予想通りシャフト曲がり。このメーカーさんのリールは、メインシャフトとピニオンギアとの間に遊びが無いため(それが曲がりやすい原因のひとつかも?)、シャフトが少しでも曲がるとこの通り。
ピニオンギアが引っかかってしまいます。

img_2151

単体でハンドルを回しただけでは異常を感じないのですが、負荷が掛かるとオシレートがギクシャクしてしまいます。PEラインを使用するならば、よほどドラグを緩めの設定にしておかないと、大型マダイやシーバス数匹で曲がっちゃうかもしれません。根掛かり時にドラグロックでロッドを煽るのもNGです。
ドラグユルユル設定の釣り・・・自分には無理かも。