アーカイブ

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

妥協できない部分

2016 年 5 月 12 日 Comments off

地元で手に入るものは地元で買う。
地元で手に入らなかったり、どうしても急がなければならない物はネットで買う。
いずれにしてもそれほど時間を掛けずに欲しい物が買える時代。
便利になったものです。

先日良い思いをさせていただいたムラジグの12PHタチウオカラーは地元では売り切れ。でも、何とか今週末までに欲しかったので、いつもお世話になっている「釣具本舗」に発注。
わずか2日で手元に届きました。
個人的に60gはあくまで予備なのだけれど、60gのこのカラーは希少という事で1個だけ仕入れてみました。

img_3426

さて、ムラジグのフックセットの方法ですが、ラインアイ部分に1本、フックアイ部分に1本の方法と、フックアイにシングルを段差で2本の二通りが一般的です。
どちらもフッキングの善し悪しに違いは感じられませんが、バラシの少なさという点では後者に分があります。
今期のようにマダイの数そのものが少なめで、しかも低活性の状況では、ヒットしたら確実に獲りたいので、個人的にフックシステムは段差がベストと思っています。
ところが、市販の段差フックは長さに問題があり、使用されているハリスも太めのものが殆どなので今ひとつ使う気になれません。ムラジグにはムラジグに最適な長さがあり、吸い込みの良い柔らかいハリスがベストなのです。
そのあたりに妥協したくなければ、結局は自作ということになります。

img_3425

魚との唯一の接点だから、ラインと同様、最も気を遣わなければならない部分です。
40g用と60g用では長さが微妙に異なりますが、大切なのはフォール時にフックがラインを拾わない長さに収まり、且つアシストの役割もしっかりこなす長さということでしょう。
これで次回も不安無く魚達と勝負できます。

話はかわりますが、貧乏な自分はあまり高価なタックルは買えません。だからリールも最高スペックのものは殆ど持っていません。道具としてガンガン使い倒したいし、普通に機能してくれれば十分です。高価なリールを使っても、釣果に大きな差など無いし、回転の滑らかさを楽しむとか、飾って眺めて楽しむという趣味は自分には無いのです。敢えてリールに望むとすれば、「トラブルの少なさ」かもしれません。

カヤックフィッシングを始めてから、カウンター付きベイトリールがお気に入りです。カウンター付きリールで魚の泳層をダイレクトに効率良く攻めることで、短い時合を確実に物にできるし、棚取りが分からないことで発生する根掛かりも大幅に減少するからです。好時合の根掛かりほど痛いタイムロスはありません。

紅牙の後に、予備ロッド用にと購入したのがダイワ製のライトゲーム。実売価格10000円以下で買えるリールですが、機能的には全く問題なくドラグも普通に使えます。80cmオーバーのマダイも何の問題もなく取り込めるし、4~5㎏のワラサに負ける事もありません。ギア比やドラグシステムの違う紅牙と、どう違うんだろう?という感じで、最近は紅牙より出番が多いくらいです。

ただ、安いなりの問題はあります。それはメカニカルブレーキノブ。コスト削減のためかどうかは分かりませんが、ライトゲームのメカニカルブレーキノブは、指で押せば簡単に変形してしまうほどの薄い樹脂製で、とても弛みやすいのです。自分は40gのメタルジグを使う事が多いため、ブレーキは常に緩めの設定なのですが、いつのまにかノブが外れて無くなってしまうのです。よく見ると、Oリングも細めの物が使われているように思います。
1シーズンで2回もノブを無くしてしまい、そのたびに関連パーツを3つも購入。
そこで対策として、ちょっと高価なライトゲームXのメカニカルブレーキノブに交換しました。こちらは普通?のノブで、Oリングも一緒に交換することでノントラブルで使用できています。

img_3432

なんでこんな大事な所のコストを削るかなぁ~とも思いますが、価格が価格ですから仕方ないですね。
ライトゲームをお使いの方、参考まで。

主役ルアー

2014 年 8 月 7 日 Comments off

今のところ今期の十三湖は、昨年よりずっと好調ですが、一昨年に比べると1/3程度の釣果です。数が少ない分、アベレージサイズは大きめで、個人的には最小で60cmクラス。ヒットすればほとんどが70cmオーバーで、高確率で80~90cmの良型が釣れてくれるため、かつて無いほどゲーム性の高い釣りを楽しめています。
やがて訪れるトップウォーターの季節こそ、十三湖シーバスの絶頂期ですが、今期も残すシーズンは約2ヶ月となってしまいました。

ところで、十三湖のヒットルアーは毎年のように変化します。去年のヒットルアーが今年も有効というわけではありません。それはおそらくベイトの種類やサイズ、その他の様々な環境の違いによるものだと思いますが、シーズン序盤にはその年に有効なルアーを見つけるのにとても苦労します。

今年も例外ではなく、反応の良いルアーが昨年と大きく異なります。ルアーが変われば当然のように釣り方も変わる分けですが、釣り方については皆さんに知恵を絞っていただくとして、17日のKF Campを目前に、今回は今期の主役ルアーについてお話しさせていただきます。

 

一昨年NO1だったにも関わらず、昨年は今ひとつだったZipBaits のオルビット80 SP-SRが今期は返り咲きです。

p8075176

これらが今期は断トツのヒットルアー。いつもと違うのは、ゴールド系の反応が悪いこと。パール系とシルバー系が強く、中でも「パールアユ」はこれ1本で今期三桁の釣果です。残念ながら、このカラーは現在生産中止。私も手持ち1個しか無くなってしまいました。個人的な希望ですが、限定でも良いので是非もう一度パールアユを作って欲しいものです。
同じホワイト系でも写真下のストロングチャートはパールアユほどヒットは誘えず、どちらかと言えばリアクション狙いです。無難なのは写真中央のハス?オイカワ?カラーですが、あまりキラキラしていないほうがヒット率は高いようです。
オルビットはバス用ルアーなので、店頭ではなかなか見かけず、生産量も少なめのためかネットでもなかなか欲しいカラーが見つからないのが欠点です。オルビットにかかわらず、カヤックシーバスではバス用ルアーが大活躍してくれます。

今まで十三湖ではあまり使うことがなかったシンキングペンシルも今期は大活躍です。「居るのに食わない」という状況で、たまたまルアーケースに1個だけ入っていた落ち鮎カラーのハニートラップ70(ima)を使ったら、そこから爆釣。それ以後は常にシンペンを持ち歩くようになりました。
しかし、ハニートラップで爆釣できたのはその1回だけ。いろいろと試した結果、パイロットルアーとして定番化したのがZipBaits SSM85 MDS ホロイワシ でした。同じMDSでも、他のカラーは反応が悪く、MDSではない普通のSSMでも反応は渋くなります。結局、今期の十三湖で有効なシンペンは、今のところMDSホロイワシのみということです。

p8075181

 オルビットはサスペンドタイプのため、沈下スピード(潜行と混同しないよう注意)がとてもユックリです。もう少し早くレンジを下げたい時や色に対するスレが著しい時の救世主となるのがZipBaits リッジスリム80SSです(上段写真下)。ファット系ミノーにスレ切ったシチュエーションにも強く、何をキャストしても反応しない時の1匹にはすこぶる強いルアーです。一昨年はこのルアー1本で150本のシーバスをゲット(150本釣ったところで内部のマグネットが割れ殉職)。そこまで好反応ではないものの、今期もまた欠かせないルアーに違いはありません。
ブラックベースのこのカラーは「漆黒ヤマメ」というカラーなのですが、このカラーもまた今年はカタログ落ちしてしまい入手困難となりました。「売れるカラーと釣れるカラーは違う」とは良く言いますが、きっと不人気だったんでしょうね。釣れるカラーなのに残念です。

今年の十三湖が昨年と大きく異なるのは「水深」です。具体的には去年までよりも深く掘れた部分があちこちに存在しています。ちょっと増水すれば、2mを簡単に越える場所も少なくないのです。
ベイトも少なめのためか、低活性時はなかなか表層まで出てきません。かと言って、バイブレーションにはスレているので、あの手この手を使ってもショートバイトで終わるか、ヒットとしても浅掛かりでバレてしまいます。低活性のシーバスは、1度反応してしまえば、2度目は無いと思って間違いなく、最初の反応でいかにしっかり食わせるかがキモになります。

p8075180

2mを越える水深の攻略・・・で思い出したのが、かつて名ルアー(今でも名ルアーですが)として一世風靡したラッキークラフトのビーフリーズ。押し入れを引っかき回して見つけた78Sを試してみたところ、これが大当たり。SSM85MDSと同様に、使い方にコツが必要ですが、上層でショートバイトがあった時、次にキャストするルアーとして自分の中では定番となっています。SPではダメでSがいい。ほんの少しのところなのですが不思議ですね。新しいものが必ずしも優れているわけではなく、名ルアーは時代を超えて名ルアーなのだという良い例です。

ティップ位置が同じでも、艇際では潜行深度50cm程度なのに、40m先では1.5m以上も潜ってしまう。リップを持つミノーは一般的にそんな感じで、レンジをキープしようと思えば、ロッドティップの上げ下げによる調整が必要になります。そんな中でレンジキープが比較的容易なのがZipBaits リッジMD86SS(写真上段下)。ミディアムディープという位置づけでありながら、潜行深度は1m前後と浅く、フルキャスト後の巻き始めではオルビットの上のレンジをトレースできます。よって、オルビットを使ってピックアップパターンで反応しているような場面で数を稼げるルアーです。ロングビルにありがちなスイミングの破綻も少なく、高速リトリーブでガンガン引けます。

p8075177

バイブレーションと混同されやすいのですが、その反応はバイブレーションと全く異なり、レンジを問わずに様々な使い方ができるルアーがタックルハウスのローリングベイトです。バイブレーションはすぐにスレて釣れなくなってしまいますが、そんな状況下でキャストして連続ヒットさせられるルアーは、ロリベを置いて他には存在しないかもしれません。実際、十三湖でカヤックシーバスを楽しむ仲間にも、ローリングベイトに助けられた人はたくさん居るはずです。私自身はバイブレーションの釣りがあまり好きではないのですが、ロリベはミノーライクに様々な応用で攻められる点で一軍です。主に15gの77で、カラーは何でも良い気がしますが、個人的にはアジやコノシロなどのシルバー系が好みです。ただ引きでもヒットしますが、リフト&フォールやトゥイッチングなどちょっと工夫を凝らすだけで、そのヒット率は大幅にアップします。シーバスの存在を確認するだけの目的で、フック無しでキャストする使い方もありです。

p8075184

昨年、一昨年と爆発的に釣れたimaのスカリですが、今期の私の釣果は数匹に留まってます。スカリを使った今期のパターンが見つけられないだけなのかもしれませんが、今のところ目立った活躍は無しです。ただ、このルアーでなければ釣れない状況も確かにあるし、仲間の中にはこれだけで爆釣している人も居ますので、ルアーケースにはシルバー系を中心に数個しのばせています。更にサイズの小さいイッセンも私は好きです。

トップに関してはまた別の機会に説明するとして、以上が今期の主役ルアー。ルアーはどう使うか?でシーバスの反応が変わってくるので、あくまで私個人のセレクトです。参考までに、ここで紹介したルアーの沈下スピードは以下の通り。沈下であり、潜行ではないので注意してください。

水温20℃ 淡水(実測値)

ZipBaits オルビット80 SP-SR 18.46秒/m
ima ハニートラップ70 3.0秒/m
ZipBaits SSM85 MDS 2.42秒/m
ZipBaits リッジスリム80SS 4.26秒/m
ラッキークラフト ビーフリーズ78S 5.0秒/m
ZipBaits リッジMD86SS 14.32秒/m
タックルハウス ローリングベイト77 1.1秒/m
ima スカリ50ss 2.9秒/m
 

お役に立てたでしょうか?
これらはあくまで私個人の主役ルアーであり、皆さんにとっては「こんなルアーで釣れてるよ」程度の知識にしかならないかもしれません。同じような情報はネット上に氾濫していますし、釣り雑誌やビデオで勉強している方も多いと思いますが知識だけではなかなか思うように釣れてくれないのがシーバスです。
大切なのは釣り場に通い詰めて失敗をくり返しながら身につける「知恵」に他ならないと私は思います。釣りは、魚と釣り人の知恵比べです。

天気予報で判断すれば

2014 年 3 月 25 日 Comments off

明後日かな。

タイムマシーン

2012 年 12 月 2 日 Comments off

カヤックフィッシングという未知の世界にチャレンジした2012年。

それは自分の中で、とうの昔に忘れていた釣りの魅力と楽しさを取り戻すことができたとても有意義な年だった。

釣りという遊びに新たな感動を覚え、膝が震えるほど興奮したのは何年ぶりだろうか?

思い起こせばそれは30年も昔に遡る。

釣り人が少なく魚もたくさん釣れた時代だった。

 

「あの頃は良かったよね」

「昔は釣れたよね」

歳を重ねる毎に、周囲でそんなセリフを耳にする機会が増えた。

陸っぱりも沖釣りも、昔に比べれば確実に釣れなくなった。

だがそれは魚が減ったからではなく、魚の居場所が変わっただけなのだとカヤックは教えてくれた。

 

モーターボートがひしめく沖合でもなく、ひっきりなしに釣り人が訪れる堤防やサーフでもない。

few offing

「ほんの少しの沖合」 に魚達は身を潜めていたのだ。

 

それは30年前を彷彿とさせる環境。

そこに現代のタックルと技術を持ち込むのだから、その釣果がどれほどのものか誰もが容易に想像できるだろう。

その不可能を可能にするもの、それがカヤックなのだ。

 

自分が手に入れたのはカヤックの形をした、「あの頃」に戻れるタイムマシーンなのだと気づいた。

タイムスリップは漕ぎ出したその時から始まる。

冬もキャリアは外せない

2012 年 11 月 7 日 Comments off

始めてまだ数ヶ月のブログなのに、たくさんの方に訪れていただき感謝いたします。またカヤックについてのお問い合わせも少しずつ増えつつあり、同時にどんどん仲間が増えてゆくことをとても嬉しく思います。

青森県はもうすぐ冬。あと2、3週間もすれば、街はモノトーンの世界になるでしょう。釣りもオフシーズンで、春をジッと待つ日々が続きます。

 もう冬だし、次にお客様から注文を頂くのは来春かな?・・・と思っていたのですが、冬期間の注文と予約が予想以上に多いことに少々戸惑っているこの頃です。きっと、早めに艇を手に入れて、ミッチリと艤装を施し、春には万全の体勢で臨みたいのでしょう。その気持ち、よく分かります。

冬は車の雪下ろしが大変なのでカーキャリアを外す予定でしたが、そんな分けで運搬作業が続きそうです。このままキャリアを外さずに冬を越すことになりそうです。

 

さて、カヤックを楽しむ人が増えてくると、危惧されるのが事故です。マリーンスポーツに危険は付きものであり、人が増えれば事故の確率も高くなるのは必然。特に自分も含めて「釣り」というカテゴリから「カヤック」の世界に入った場合は、落水に慣れていないためにパニック状態になりやすく、判断力の低下や無駄な体力の消耗を招いてしまいます。それが原因で、大きな事故に繋がるケースもあるでしょう。片やサーフィンやウインドサーフィンの経験がある方の場合は、濡れること、水中に転落することが当たり前になってますから、カヤックからの落水でも落ち着いて対処できるようです。

では、カヤックと一般的なボートの違いは何か?

カヤックはどちらかと言えばサーフィンに近い性質の遊びで、特に海では全身に水を被るのが大前提。そして、落水もまた高確率で発生するものと思っていただいたほうが良いでしょう。つまり、同じ「釣り」が目的でありながら、ボートとは全く違った性質の乗り物という意識が必要です。だからこそ、落水を想定した装備、服装が必要になるのです。

そして大切なのは、何度も落水の経験をすること。故意に艇のバランスを崩して落水し、慣れることで、もしもの時には落ち着いた行動がとれるようになります。もちろん、再乗艇の練習も必要です。

今期は1回だけしかできなかった安全講習会ですが、来期はできるだけ回数を増やして、事故防止の対策に力を入れるつもりです。

しかし、ここで問題になるのが、安全指導のための知識が少ないこと。全くの初心者から始めたカヤックフィッシング。まだ50回程度の経験では、完璧な安全指導などできるはずもありません。

指導者不在は致命的。そこで今冬は、静岡まで足を運びインストラクターのための講習会に参加することにしました。一度で納得できなければ、二度、三度と足を運んで、ミッチリとカヤックを覚えたいと思っています。

予約注文承ります

2012 年 10 月 25 日 Comments off

近頃はカヤックフィッシングに対するお問い合わせが多く、反響の大きさに驚いております。

ひょっとしたら、本当にカヤックフィッシングがブームになるんじゃないかな?なんて妄想を抱きながらも、夢が現実になってくれることを同時に祈ったりするこの頃です。

ところで、青森ではカヤックフィッシングを何月から何月まで楽しめるのか?

今期は納品の関係で5月からの開始となり4月が盛期の日本海側のマダイやヒラメ、根ボッケ、親アオリ、海峡と太平洋側の海サクラのトローリングなどの釣期を逸してしまいました。それなりの装備が必要ではありますが、4月は間違いなくカヤックフィッシングで遊べます。

終盤も今の時点でまだまだ出艇できそうなので、おそらくですが11月いっぱいは可能。よって4~11月の8ヶ月が目安になると思います。

バイキングカヤックは発注から納品まで通常は1~2週間の時間を頂いてます。ただし、何らかの原因で遅れる可能性もゼロではありません。特に、注文が集中する時期は余裕を持った発注が必要になります。

また、艇が到着してもいきなり釣りができるわけではありません。釣りを始める前の、艤装も必要ですし、安全のためにパドリング、その他操艇の練習(重要)も必要になります。よって、逆算してゆくと、4月から釣りを始めるのであれば、2月の発注がベストということになります。

現在、来期からカヤックフィッシングにチャレンジしてみたいという方のために、納期を指定可能な予約注文を承っております。「○月×日の納艇」という指定も可能ですので、是非ご利用下さい。代金の支払は納艇の2週間前まででOKです。

試乗は?どんな艇が良いの?どんなものが必要?どれくらいの予算が必要?など、お気軽にお問い合わせ下さい。詳しい説明が必要であれば、ご指定場所まで伺っての説明も承ります。御見積も無料です。

また、これまで通り、進水式はもちろん安全講習及び釣りのレクチャーまでアフターさせていただきます。

まずはこちらからお問い合わせを。

バイキングカヤック試乗会 最終決定

2012 年 10 月 19 日 Comments off

明日予定しておりましたバイキングカヤック試乗会ですが、西寄りの風が強いため、安全を考慮して中止とし、一部内容を変更した形での簡易試乗会とさせていただきます。

当初の予定では、希望者に実際にカヤックに試乗していただき、200~300mほど沖合までパドリングしていただく予定でしたが、外洋のウネリが大きいと予想されますので、安全のため港内、または消波ブロック内の半径100m以内での試乗となります。

尚、内容変更に伴い、既にメールにてお申し込みいただいた皆様につきましても、参加、不参加は自由とさせていただきます。

見学のみの方や、カヤックについての説明を聞きたい方もお待ちしておりますので、お誘い合わせの上、お気軽にご参加下さい。季節的に、これが今期最後の試乗・説明会となります。

■開催場所 深浦・北金ヶ沢漁港

■開催日時・時間 10月20日(土) 午前10:00~

■参加費 無料

kitakane1

主催者側は、午前7時頃には現地入りし、午後2時頃まで現地に居ますので、お気軽に声を掛けてください。

いよいよ納艇

2012 年 10 月 11 日 Comments off

続けざまに発生した台風と尖閣問題の影響で遅れに遅れたオーストラリアからの船便。

カヤック製造に必要なパーツ類を積載した貨物船は、予定よりも10日以上遅れて日本の港に入った。

発注分2艇の納品もその分遅れて、先月末に間に合うはずが大幅な遅れ。

お待たせしたお客様には申し訳ないのだが、国際情勢と台風が相手では、それも致し方ない。

それでも優先的に製造を急いでくれたバイキングカヤックの誠意のおかけで、何とか本日の発送に漕ぎ着けることができたことに感謝。

土曜日には納艇して簡単な艤装。

そして日曜にはどこかの海に2艇の「nemo 2+1静波モデル」が浮いていることだろう。

天候がやや気にはなるが、最初のターゲットはアオリイカ?それとも青物?

長く待った分を取り返すように、存分に楽しんでいただければと思う。

また新しい仲間と一緒に浮けることが何よりも嬉しい。

カヤック試乗会開催のお知らせ

2012 年 10 月 3 日 コメントはありません

10月20日(土)午前10時から、バイキングカヤック製「profish45」、「nemo Fisherman」、「nemo 2+1 Fisherman」の試乗会を開催いたします。

この機会に、意外に身近なカヤックフィッシングの世界に触れてみてはいかがですか?

興味のある方、いっぱい釣りたい方、家族で釣りを楽しみたい方、健康に不安がある方など、どなたでも。

参加は無料ですので、試乗希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

当日はウェーダー(もしくは濡れても良い服装)とライフジャケットを各自ご用意願います。

尚、開催場所は、鰺ヶ沢周辺を予定しておりますが、決まり次第、参加希望者個々に連絡させていただきます。(北金ヶ沢漁港に決定)

Espri Angler

2012 年 9 月 25 日 Comments off

先日のブログでちょっと書かせていただいたのですが、バイキングカヤック本国で販売されているEspriという12フィートモデルについて。

国内では型が無いので製造できませんが、ある程度の数がまとまれば輸入可能ということ。

興味がある方は、お問い合わせ下さい(VKに直接問い合わせも可)。

ちなみに、日本で販売する場合の価格は未定です。