最近ハマってる釣り

SNSばかりやっていると、なかなかブログまでは手が回らず、気が付けば超久しぶりの更新です。
相変わらず、既存の釣りには満足できずに、新しいことにばかりチャレンジしてますが、最近ハマってるのはオクトパッシング・・タコ釣りです。
タコ釣り自体も楽しいのですが、釣期が長く(6~11月)、台風でも来ない限り釣りができるのがこの釣りのいいところ。しかも、昼夜関係なく釣れるので、ちょっと時間があれば楽しめちゃいます。
近年は全国的にタコ釣りブームで、専用タックルもどんどんリリースされてますが、昔の釣りと大きく異なるのは、釣り方も仕掛けもルアーライクなところでしょう。昔ながらのタコテンヤもたまに見かけますが、実際のフィールドではデビル8やタコエギなどを使っている人がほとんどです。釣り方がちょっとオシャレになったことで、若い人たちが増えたのも大きな変化です。

かくいう自分も、最初はデビル8に似せた仕掛けを自作して楽しんでいたのですが、タコの誘い方そのものに疑問を抱くようになり、ここ2年は自作のオリジナル仕掛けで釣果を稼いでいます。
一般的にタコ釣りはボトム重視で、仕掛けをボトムから離してはいけないと言われていますが、疑問を感じたのはまさにこの部分。
実際にタコ釣りをしていると、ボトムから1mくらいまでの中層でタコバイトが頻繁に感じ取れるし、中層でヒットしてしまうこともあるからです。
やる気のあるタコは中層まで追う。あるいは、タコの活性を上げてやれば、ボトムをネチネチ釣る必要はない・・。
そこから生まれたのがオリジナルのタコ釣り仕掛けです。
昨シーズンのはじめからテストを繰り返し、400パイ以上のタコを釣って現在の形に落ち着いたのが、「Re-actor」です。

今季も既に80パイほど。今のところ最大は1.8kgですが、これからのハイシーズンが楽しみです。今季の目標は4桁だけど、とりあえず500パイを目指してみます。

IMG_1714

カテゴリー: 只今取り組み中, 日常, 釣行日誌 — tazawa 2:23 PM