アコギのリペア その2

鈴木ギターのリペアが完了したので、次はモーリス。
ただ、こちらはフレットの交換が必要なので一筋縄ではいきません・・。
フレットワイヤーが届くまでの間、汚れに汚れまくったボディの内側、外側を清掃し、ネックのバインディングを外し、古いフレットを抜いて、指板をペーパー掛けします。
1フレットの2#あたりは、減りが特に酷く、3割程度しか残ってません。5フレットまでは全体的に5割程度の減り。これでは弦がビビって満足に音が出ない状態です。
指板の減りもひどく、1~3フレットはすり減って穴が空いたような状態。Am、Em、C、G・・このあたりのコードばかり弾いてたんでしょうね・・(笑)。

フレットを抜き取るためには専用の工具が必要ですが、結構なお値段なので自作することにします。その加工に半日ほど。よく使う12フレットまでを抜き取りました。

IMG_4735

ペーパーを充てて全体を馴らし、指板全体にウォルナットのオイルステインを塗装し、完全に乾いたらフレットの溝部分の掃除をしてマスキング。

IMG_4737IMG_4740

フレットワイヤーはフレット幅より長めにカットしたものを打ち込んで、後で余分を切り取ります。

IMG_4749

指板の調整やフレットを打ち込んだ後の処理、高さ合わせのための摺り合わせなど、いろいろ手間の掛かる作業です。業者さんに依頼すると、3~4万の作業代金だそうですが、その手間を考えると頷けます。本来はプロに任せるべき作業です。

バインディングも新しくしたかったのですが、フレットワイヤーと一緒に注文するのを忘れたので、今回は古いものをそのまま使用しました。

IMG_4748

実際に弦を張って試奏してみると、いろいろと不具合があります。素人ゆえに、フレットの高さ調整は一発では無理。加工しては試奏のくり返しを何度かくり返し、やっと完成・・と思ったら、しっかりと打ち込んだはずのフレットが微妙に浮き上がり・・
そんなこんなで、満足できる調整が完了するまで1ヶ月以上も掛かってしまいました。
何とか蘇ったw-25。42年前に作られて、37年も放置されたギターとは思えないほどの復活を遂げました。モーリスの2万円のギターとは思えないほど魅力的な音色です。今まで放置した分、この先、ずっと弾き込んでやりたいと思います。

塗装が剥げてしまっていたネック部分もオイルステインで塗装してみましたが、やはりラッカーで仕上げないと弾いているうちに色が薄くなってしまいます。

IMG_4751

まぁ、これはこれで味があって好きです。

カテゴリー: 只今取り組み中, 日常 — tazawa 3:35 PM

アコギのリペア

いろいろあって、解体が決まった青森市の実家(古い方の自分が二十歳まで暮らした家)に置きっぱなしだった荷物を回収してきました。誰も居ない間の盗難?で、山ほどあったはずの釣り道具は殆ど残ってませんでしたが、中学の頃に弾いていたギターや模型飛行機のエンジンなど、想い出の品をポツポツ集めて帰ってきました。
古い家で侵入は容易。しかも住んでいる兄が帰るのは仕事の都合で数ヶ月に一回では、他の誰かが住んでいても分からない状態・・。盗難も不審火も仕方ない事かもしれません。
幸い、大事には至らずボヤで済んだので不幸中の幸いということで受け止めることに。近隣の皆様にはご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

さて、持ち帰った物の中で一番大きな物が2本のアコースティックギター。ハードケースがあるのに、何故か裸の状態で放置されていたためか、コンディションは最悪。一見して捨てたほうがいいほどの代物ですが、自分にとっては想い出の品なので回収してきました。
1本は鈴木バイオリン72年製W-180。木曾スズキではない、今となってはそこそこレアなギターです。
もう1本は74年のモーリス製 W25です。
鈴木のギターは、記憶が定かではないのですが、小学生の高学年の頃に誰かから頂いたものだと思います。見た目、さほど傷んでないようですが、弦が貼りっぱなしだったせいかブリッジが浮いてます・・。
モーリスは中学1年の時にお年玉と小遣いを貯めて買ったもの。確か少し手持ちが足りなくて、お袋に足りない分を出してもらった記憶があります。
w25なので、おそらく2万くらいで購入したものでしょう。高卒初任給が6~7万の時代ですから、そこそこの値段だったのかもしれません。真面目に?練習して、学校の何かの行事で陽水をやったのが人前デビュー。その後、高校に進学して新聞配達のアルバイトで東海のCE-800を買うまで、5年間酷使したギターです。
全体的な汚れはともかく、バインディングはあちこち欠け、水濡れの形跡あり、フレットはすっかり減ってビビリまくり・・。とにかく2本とも酷い状態ですが、幸いネックはしっかりしていたのでリペアすればいい音を奏でてくれそうです。

まずは鈴木のW-180。浮き上がったブリッジを熱を加えながらゆっくり剥がし、本体側とブリッジにヤスリを充てて成形してゆきます。本体側はあまり削られないので、主にブリッジ側。ローズウッドは見た目堅そうですが、意外に成形しやすく、思った以上に短時間で成形が完了しました。

IMG_4730

タイトボンドと、クランプ、ボルトナットを使ってしっかりと接着。

IMG_4731

そのまま2日ほど放置して完成です。3つに割れていたサドルも交換。弘前市内ではなかなか入手できず、弘前公園の近くのビートルーズさんで近いサイズのものを購入し、少しずつ削ってサイズ合わせ。弦高が高めだったのでオリジナルよりもやや低めに加工しました。

IMG_4733

安価なフル合板とは言え、45年が経過した枯れた音色はとても素敵。ちゃんとした環境でのエージングが進むほどに魅力的な音を奏でてくれます。フィンガーピッキングでも十分な音量にまで復活してくれました。

カテゴリー: 只今取り組み中, 日常 — tazawa 3:08 PM